丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手

13年 週刊少年マガジン50号「君のいる町」第251話「好きの理由!!」

あおり「とある休みの日、青大が待つのは‥‥?」
本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先はなんと高知県!東京の彼女・柚希とは遠距離恋愛になってしまった―――」
あおり「君の顔が見れるなら、612キロ(東京−高知間)なんてほんの一瞬!!」

ヒロインが遊びにきました。

柱書「時間と距離が、2人の愛をさらに強くする♡」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン49号「君のいる町」第250話「好きの理由」

あおり「たまにはスーツを脱ぎ捨ててっ」
本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先はなんと高知県!東京の彼女・柚希とは遠距離恋愛に。そんな青大が暮らす社員寮に、元カノの明日香が突然やってきて‥?」

主人公が元カノと酒飲みながら話をしました。

柱書「青大‥‥柚希にも同じこと言われないようにね!?」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン47号「君のいる町」第249話「目標?」

あおり「安達実咲が社会人のマナー教えちゃいます♡」
本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先はなんと高知県!東京の彼女・柚希と遠距離恋愛をしながらの新社会人生活がスタートしました!先輩の安達実咲はあんまり頼りになりそうにないし‥‥前途多難!?」

自分の部屋で、先輩の安達の仕事に対する気持ちを山崎さん(誰?)に聞いた主人公。
山崎さんに襲われているところに、明日香が来たところで終了。

柱書「こんな時に元カノ乱入!!何この修羅場‥‥(ゴクリ)」



?????


| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン46号「君のいる町」第248話「良い商品」

あれっ?うちの話数のナンバリングがずれてることに今になって気がついた。どこでずれたんだろう?
ま。いいか。


本誌あらすじ「青大は就活の末に飲料メーカーに内定し、入社。社会人になってからも彼女の柚希と平和な同棲生活が続くはずが‥‥告げられた赴任先はなんと高知県!」

あおり「新章!!! 新たな土地・高知に降り立った青大!東京の彼女・柚希との遠距離恋愛、そして始まる新社会人生活―――。この先に何が待ち受ける!!」


美人で何やら独特の価値観を持つ女性の先輩と一緒に、主人公は販売店まわりをしています。
夕刻、電話がヒロインから掛かってきたところで終了。


柱書「離れていても、心はずっと繋がっているから。」


先輩の安達さん。言ってることは間違っちゃおりません。
いつぞやの、不快感しかなかった痴漢冤罪でっち上げ女とはえらい違いです。
安達さんの言動が、作者の思いつきだけで、コロッと変わってしまわないことを祈るのみですね。


| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン45号「君のいる町」第247話「3年半の」

あおり「全力で駆け抜けた大学生活(キャンパスライフ)!!」
あおり「記録に残した思い出 それ以上の記憶と共に」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学4年生。ついに大学も卒業式を迎え、新たな生活が始まろうとしています!」

卒業式を終え、主人公は高知へ。ヒロインは東京に残る。
主人公「またしばらく離れ離れになるけど‥‥オレ達なら絶対に大丈夫じゃ ただ不安で辛かった6年前の あの遠距離恋愛とはもう違う 今は時間も距離も飛び越えるくらい オレ達の心は強く繋がっとるから」とか考えてます。

柱書「想いが届く距離は、この手よりももっと遠く―――」


あれ?高校の時もこんなこと言ってなかったっけ?
ま、主人公の言う通りでしたら、マンガで描く意味は全くないわけで。このまま終わらない限りは。
作者、がんばってな。登場人物のキャラを崩壊させないようにね。



| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン44号「君のいる町」第245話「2人の距離」

あおり「キミの心(ハート)の真ん中 ZQN(ズッキュン)狙い撃ち♡」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学4年生。無事内定を獲得したものの、新たな悩みの種が生まれた3月‥!」

ヒロインは東京の母校の女子校の教師に。主人公の配属先が高知に。

柱書「告げられた現実‥‥2人なら大丈夫だよね!?ね!?」





アニメの映像ソフトの売れ方が、非常に奇妙な売れ方をしていますな、この作品。
BDよりもDVDの方が売れているという。
こんな売れ方をするのは、最近では女性向けアニメがほとんどなんですが、この作品はどっちかって言うとその層向けではない。じゃあ、なんでそんな売れ方をしているんだろうか???

「通常のアニメBDを買う層以外の層が購入している。」あるいは、もう少し突っ込んで解釈するに「DVDはBDに比べて少しだけ安いので、積極的にDVDの方を購入した」というケースもあるかと。

「通常のアニメBDを買う層以外の層が購入している。」のケースの場合、具体的にどのような層かということを想像することが非常に難しい。高校生・大学生あたりが積極的にこの作品のBDを買うかと言えば、おそらくは、ないのではないかと思う。

一方、特典目当ての層にとっては、少しでも安くあがると考えれば、DVDを購入するケースはあるかと思われます。。。。
描きおろしコミックスの特典か。。。。巻によって、登場する女性キャラが違うから、人気投票みたいになってしまうんかな?

‥‥と、BD、DVDが変な売れ方をしていたので、ちょっと、考察してみました。
| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン43号「君のいる町」第244話「ずっとずっと」

あおり「念願の2人旅!!ハメ外しすぎ注意!!」
あおり「大好きな君と一緒ならどんな時代でもどんな場所でも!!」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学4年生。青大も柚希も無事に進路が決まり、ようやくホッと一息!」

内定式を終えた主人公と教員採用試験に合格したヒロインが温泉旅行に行って、ちちくりあう話。

柱書「焦るな青大!未来のコトは計画的に!」



前話から、いきなり一年近くが経ったんですね。そうですか。

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン42号「君のいる町」第243話「前進!」

あおり「あなたの心の真ん中に私はいますか―――?」
柱書「2P前のカラーからお楽しみください♪」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学3年生。就職活動中でしたが、ついに最終面接に2社残りました!!」

面接で思わしくなかった主人公。しかし、長門を助けたときにきった啖呵を偶然居合わせた会社の人事部の方が覚えていて、主人公は採用が決定しましたとさ。

あおり「踏み出した一歩が2人にとって最高の未来でありますように―――。」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン41号「君のいる町」第242話「初登場!」

柱書「角煮はウマイが就活はマズイことに‥。」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学3年生。就職活動は本格化しつつありますが、なかなかうまくいきません。」
あおり「想えども想えども」

夏越の誤解が解ける。高校時代から彼女に思いを寄せ続けていた坂本くんが初登場。

柱書「積年の勘違いは解けたものの‥納得いかねぇええ!!」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン40号「君のいる町」第241話「笑顔!」

柱書「ぼんやり就活生・青大くん。長門との仲直りは難しいのかな?」
あおり「晴天に恵まれた渋谷が今回の現場ですっっ!!」
本誌あらすじ「広島出身の青大は、彼女・柚希と東京で同棲中の大学3年生。就職活動で知り合った長門にいきなり召集をかけられて‥。」

Wikipedia「召集」より引用
召集(しょうしゅう)とは、上位者が下位者を呼び集めること。日本ではとくに天皇の名において、集まるよう命じる場合を指す。明治時代から太平洋戦争(大東亜戦争)終結までは主に政治および軍事に「召集」の文言が使用され、政治は国会議員を帝国議会へ集まるように命じること、軍事は在郷の将兵を軍務につくよう命じる場合などの用語として用いられた。軍事の召集には目的や対象によって様々な例があった。
日本国憲法下の現在では第7条に定められた国会議員に対し国会へ集まるように命じることのみに使われ、国会召集は詔書により行われる。内閣総理大臣による会議・審議会などの「しょうしゅう」、地方議会などの「しょうしゅう」、防衛・治安活動における「非常しょうしゅう」などの場合は、いずれも招集の字を用いる。

…漢字も知らんのか、編集は。

内定の出た長門に告白される主人公。しかし、その告白を聞き逃す主人公。

柱書「バカ!その鈍感力が魅力(!)の青大!?」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)