丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< CSパラボラとのお別れ | main | 08年 週刊少年マガジン30号「君のいる町」第5話「混浴は、冗談だけど。」を読んで… >>

08年 週刊少年マガジン30号「スクールランブル」を読んで…

さて、今週のスクラン。


「留学生マックス、愛理とは幼なじみ」
ほぅ、そうか…そんな設定があったのか…忘れてた。
愛理が、嫁ぐ先は、イギリスからの留学生その2。マックスのボス。

で、マックスの頼みを播磨が受けるはめに。


そのまま、沢近邸へ。

お嬢…いや、沢近さんが転校するって聞いて、一言挨拶をって思いまして…

マサルにそう告げる。

播磨の前に愛理登場。
対峙する二人。緊張の瞬間。


いろんな言葉が播磨の脳裏を駆け巡るが……
口をついて出てきたのは、

「行くなら行けば?テメーの人生だテメーが決めろ」


愛理のぶちっと切れたかのような表情で、今週、終了。


この二人って、いったい、何なんだろうね???いや、本当に。少なくとも、いいツレにはなってるんだけど…なんで、こんなに素直になれないんでしょうね?

| 丈・獅子丸 | スクールランブル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/997
この記事に対するトラックバック