丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< さて、今年もひっそりと弁理士試験を受けてきたわけですが… | main | 今夜は動画編集ができない… >>

やみつきになっている動画 (音と絵・画像のコンビネーションがすごい編)

また、これで誤魔化すことにします。


…………。


あ…、今回、今まで以上に偏ってます。はい。本当に。


あのですね。今回、ここに紹介したのは、以前に「アーカードの憂鬱」という作品を紹介してたと思うのですけど、それと同じく「HELLSING」というアニメのOVAがらみの作品ばかりです。

私は、このあたりのMAD作品を見て、HELLSINGを見なければならないと感じ、OVAを見て、そして、コミックスを既発売分の9巻まで買い揃えてしまいました。。。。



少佐殿が「Ievan Polkka」を歌いました【Hellsing MAD】



以前にご紹介した「かがみ音ミク」に端を発する「ロイツマを歌わせてみたシリーズ」のある意味、最高峰にあるものです。



予告編風なのはさん



これ、本当に好きです。間違いなく、私、毎日、観てます。

一言で言えば、「魔法少女リリカルなのはStrikerS」というアニメの絵に「HELLSING」の台詞を重ねたものです。

この作品の本当にすごいところは、台詞がまったく異なっているにもかかわらず、台詞をしゃべる時の口の動きがほぼ一致しているところなんですよね。
2箇所ほど、なのはさんの顔も描き直ししてあるし…。

で、実際のなのはさんのストーリーと「だいたいあってる」と感じてしまうところが……なのはさんの恐ろしいところ。。。。

注:オリジナル版が削除されましたので、ミラーにリンクを張り直しました。



一等空尉の演説



「HELLSING」の少佐の演説をなのはさんにかぶせてみた作品。
映像の編集がすばらしい部門に入れるべきだったのかもしれませんが…。

若い子たちが洗脳されていく様が。。。。。
そして時折挿入される、場違いな表情がね…もう、怖くて怖くて…www。

で、これもまた、実際のなのはさんのストーリーと「だいたいあってる」と感じてしまうところが……なのはさんの恐ろしいところ。。。。




と、本当にHELLSINGという作品を知らなければ、なーんともない作品3本が、今の私のやみつきのものになっております。



| 丈・獅子丸 | 動画関連 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/955
この記事に対するトラックバック