丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 灼眼のシャナ II 第19話 「言えなかったこと」を見て | main | でかっ! >>

CLANNAD -クラナド- 第17回 「不在の空間」

CLANNAD -クラナド- 第17回 「不在の空間」を観ての感想です。



4:3版のあと、しばらく途中までの感想をうpしておりましたが、16:9版を観てから、あらためてうpいたしました。

第17回を観ての第一印象というか、反省会

さて、私、第6回終了時点(2007年11月22日付け)で

京アニCLANNAD、どうなるんだろう… 【原作終了者向け】

という記事をあげておりました。一応、今回第17回放送時点で、ほぼネタバレはなくなってしまいましたようすですので、反省会を開きたいと思います。なお、リンク先は今回終了時以降の部分と思われるところに反転をいれております。



以下、その記事内からの引用になります。

渚について。
さて、文化祭で演劇部の舞台に立つわけなんですが、まぁ、(ネタバレのため中略) 。。。。そう考えると、早い時期に、一回、寝込みそうな気がします。アフターの夏の重苦しさを考えると、夏というのは、寝込んでもらわないと困るような気がします。いや、寝込むに違いない。


杏と椋
さて、あの一枚絵のある椋が照れまくりのお弁当のシーンは、ぜひ、見たいところ。おそらく……というか、風子の次はことみだという話ですので、今後、しばらくは演劇部部室での昼食が続くはずです。すると、ことみも含めたグループ行動になるはずなんですけど、ことみルート終了後ことみは、クラスで友達を作らなきゃとかいうことで、クラスで弁当を食べるようにして……、渚が寝込んでいるうちに、あのお弁当イベントを発生させるというのはどうでしょうか。ということで、渚がまず最初に寝込むのは、夏休み前(ことみルート終了時)から夏休みにかけて。この時点では、まだ、朋也と渚はつきあっていない。その隙をついて、ことみルートで朋也の優しさに間近で触れてしまった、椋が動き、そして杏が動く。

四角関係(笑)。

ここで、朋也は渚が好きだと、認識して、椋も杏も叩き切る。。。。
で、一旦は、それで渚、朋也と疎遠になってしまった椋と杏であったが、演劇部の舞台で思わず、渚に声援をおくってしまう椋と杏でありました。って、どない?
あれ?じゃあ、3on3は、どーすんだ?

でも………これをやってしまったら、椋が絶対に「びっち」呼ばわりされと思うから…もっと、上手くやってくるんだろうなぁ…きっと。



智代、選挙が間近と言っていた割に、いつだろう選挙。
展開としては、春原が智代の威光をかさに着て工業高校の連中に…というイベントの後、学校に不良が乗り込んできたのを誤魔化し損ねて、智代の人気が、だだ下がりするという感じかな?
そこで朋也と春原が、一計を案じ…原作通りってな感じで、生徒会長に当選してお終い。情けない朋也は、なし。(ほんのちょっと省略)



で、夏休み明け、渚、復帰して、原作ゲームの渚ルートへ。

引用、終わり。


ちょっとだけ、すごいやん私、当たってるやん私…と思ったりもしますが……
まぁ、原作をやってる人間が「一本道でやる」という情報を得て妄想すると、こんな感じになるだけなんですけどね。。。。



けど、


こんだけを、たった、一回にぶち込んでくるとは、思いもせんわ。。。


あと、3 on 3を先にやってくるとは予想できませんでしたし、智代が生徒会長になれば演劇部が復活できるという展開は、べた過ぎて…よう書けませんでした。。。
朋也の停学というのは、忘れてました。誤魔化し損ねると…停学になるわなぁ、普通。

しかも、おまじないイベントまで入れてくるとは、予想できませんっ。




ええっと……叫んでいいですか?




椋について

いきなり、こっちから。

めちゃめちゃ印象的だったのが、京アニオリジナルの椋の「ごめんなさい…」でした。


「ねぇ…いいのかな…」

「何が?」

「なんだか、渚ちゃんに悪いような気がして」

「別に朋也と渚は付き合ってるわけじゃないのよ。遠慮することないじゃない。ぼやぼやしてたら、あの智代とかいう子に、とられちゃうわよ…。それでも、いいの?」

「………」

「じゃあね。椋」

「あ……お姉ちゃん……………ごめんなさい…」


このあたりは、全部、京アニ版のオリジナルです。

さて、原作の椋の感想として、世間で言われている中で、もっとも過激なものは、

「この、びっちが!杏に迷惑をかけておいて、選択肢によっては、どこの馬の骨ともわからん男と、ほいほい、くっつきやがるなんてっ!」

というものでした。

流石に私はここまで思いませんでしたが…それでも、「まぁ、こんな女の子って、普通にいるよなぁ……(あまり良い意味ではない)」というのが、私の感想でした。まあ、言えば、原作の椋は、ぎりぎり許容範囲だったと。

原作では、杏はヒロインの一人。しかし椋は、サブヒロイン。これは京アニ版でも同じ。OPを観れば一目瞭然でしょう。
…つまりどういうことかと言うと、杏ルートはあるけれども、椋ルートというものは存在しないということです。椋と朋也が付き合うというエンディングはあるにはあるのですが、それは、杏のバッドエンディング扱い。本当の意味での椋のエンディングというのは、「どこの馬の骨かわからん男」と椋が付き合うというエンディングです。。。。

原作の杏と朋也は最終的に

「妹の彼氏を取った姉」と「妹を捨てて姉を取った男」

になるという選択をします。


この選択までに至る過程は……

春原が本当に「神」だったとだけ言っておきましょう。



だからこそ、「杏信者」は京アニが一本道でやっていくということを知ったときに、杏を思う存分堪能することができないことを覚悟したのです。



さて、前述のオリジナルの会話。
渚ちゃんに悪いし…という椋の言葉。本当に、「渚」に悪いと思っているのでしょうか。違いますよね。本当に悪いと思っているのは、杏に対してのはず。
智代とかいう子にとられるちゃうわよ…という杏の言葉。智代にとられるくらいなら、まだ、椋と付き合ってくれた方がまし…。そんな風に自分は思っているのに、はっきりしない椋に軽く怒りを覚え、「じゃあね、椋」と言って去っていく杏。
ぜったい、このときの杏は怒ってますよね。
そんな杏に「ごめんなさい」と謝る椋。
この会話中の杏と椋の表情が、非常に良い。

これを踏まえて、思いました。原作の杏ルートでも、きっと、椋は何度も何度も……本当に何度も、杏に謝っていたはずなんですよね…心の中で。でも、原作では、まったく表されてませんでした。これが、椋が「びっち」呼ばわりされる原因のひとつなんだなぁ…と。
うん。京アニ版のような、こんな椋ならば、「どこぞの男」と付き合って幸せになってくれればいいな…と思うことができました。

しかし…原作でもそうなんですけど…はっきりと示さないことには伝わりません。
杏がいなくなってから「ごめんなさい」と言っても、杏には伝わりません。。。。



あのぅ…さけんでいい?



朋也はマジでそう思っているフシがあると思った

さて、春原に渚との仲を尋ねられ、智代が割り込んできたときの朋也の答え

「何度も言ってるだろ、俺は、彼女なんてつくらないって。」

「俺の親父、見ただろ?うちは、家庭環境もめちゃくちゃだし、俺は不良のろくでなしだ…彼女なんて作れる人間じゃないんだよ…」

これも京アニ独自の味付け。
なんとなくなんですが…春原や智代に尋ねられたから、誤魔化す意味でそう答えているんじゃなくて、朋也、本気でそう思っているフシがあるんじゃないかなぁ…と。

朋也の考えていることは、多分、誰かと付き合うことになったとしたら、自分と父親との関係のことを話さなければならない。それを嫌がっているのではないかと思いました。

だからこそ、あれだけ、渚のことばっかり考えているにもかかわらず、渚と付き合うということにためらいを感じているのではないでしょうか。もしかしたら、第15回の原作の告白シーンでも、実は、杏が乗り込んでこなくても、渚に告白することができなかったのではないかとも思いました。
また、第11回で、バス停で杏に「好きで好きでしょうがない女の子がいたら…」と尋ねられたときの朋也の返答が、微妙に原作と異なっていたのではないかと思います。

京アニ版では、渚にですら、今に至るまで、まだ、自分と父親の関係のことを話していませんから…。


で、今回、朋也は渚のことを思い、黒板に「日直 古河渚」と書きましたが……原作では、相当、前に書いてます……。風子と初めて出会うときに。。。。

こんなときにこの黒板ネタをもってくるということは、なんとなくなんですけど…今度、ここの前に二人で立ったときに、ちゃんと付き合うことになるのかなぁ…と思ったりしました。




ぐぉぉぉぉ……無駄にキャプしまくって、いいですか………




「ジゴロ」と「ハーレム」

複数ルートを同時進行中のため、ハーレム化しております。Kanon祐一との差異がでております。Kanon祐一は、どうしても忙しく飛び回っていたという印象があります。裏庭に栞を見かければ飛んで行き、お昼には、屋上前踊り場へ、舞、佐祐理さんとお昼ご飯を食べに行き…と。
しかし、朋也ですが……杏、智代という自分で動いてくるキャラがメインのため、どちらかと言うと「巻き込まれ」型になっています。そのため、忙しく飛び回っているという印象があまりない感じになってます。例えば、そう、長い人生で誰にも一度や二度は訪れる「モテ期」がやってきたかのような感じになっています。
智代は、完全にスイッチが入ってますし、杏も、渚が寝込んだことでスイッチが入ってます。。。。
一応、今の状況を確認しますと、渚の話の途中で、なぜか、完全に智代の話のレールの上に乗っかってしまっている状況。杏は散発的にフィーチャーされている……そんな状況のはずです。




コマ送りで観てる私って、変ですか???……




有紀姉ぇ、最大最強のおまじないの発動

さて、これまた、散発的に現れる有紀寧。
いきなり、有紀寧ルート中でのおまじないイベントが発動いたしました。
おまじないイベントは、段階があるのですが…軽い方は、無視して、いきなり、強力な方を持ってきました。

「体育倉庫に女の子と二人で閉じ込められるおまじない」

原作では「体育倉庫に二人で閉じ込められるおまじない」です。女の子というくくりは、ついていませんでした。
ですから、原作中のこのイベントは、これまでの選択で、渚、杏、智代、春原、そして秋生のいずれかになります。
さて、前回の私の感想で触れているように、やはりここでもそのイベントに選択されたのは、杏でした。


さて原作外伝では、このおまじないは、霊体すらも呼び出すことができるほどの強力なものです。なぜ、有紀寧にそこまでの強力な不可思議な力があるのかは……京アニ版では、語られるときが来るのでしょうか???(これは、原作外伝の話です。)
というか、それ以前に、なぜ資料室が喫茶室に変わっているのかは、示されるのでしょうか?

で、京アニ版のおまじないの呪文は、「りたふにこうそくいいた」。「たいいくそうこにふたり」の逆ですか。原作の「スピードノキアヌリーブスノゴトク」は……時代遅れですか???

で、解呪の呪文の発動条件は、「上半身裸になり」ですか?……原作の「お尻を出して」は、やっぱり、アニメ的に、まずかったのですか????




ああああああ。さけんでいいですか?







さて、いよいよ
杏について


……間があくとですね……「じったりと汗で湿った体操服が…」 とかいう意味不明の語句ばかりが頭に浮かんでは消えていき…何を書いていいのかが、よくわかんなくなってます。


まず、展開は、ほぼ原作通りです。二通りある杏とのおまじないイベントの「椋がアクションを起こしている」方のパターン通りです。


……杏の服装が、制服から体操服に変わってますけど………


この選択は、私としては、

「石原、さいこ〜〜!」

と思わず監督を呼び捨てにして、叫んでしまいたいくらい…の気分なんですが…。

ただし、前述の通り、解呪の呪文の発動条件は「お尻を出して」から、「上半身裸になり」に変更されています。


それに伴って……朋也の




「早く出してやるからな」


(注:「体育倉庫から」という意味)



という台詞が削除されてます。


原作の朋也は、ベルトをはずしながら、杏に「早く出してやるからな」と言って、さらに「おまえはじっとしててくれればいいから。大丈夫、俺が全部する。」と言いました。
そして、「え…で…でも……やるなら…その…あたしだって…何かしてあげたい…」と言う杏を後ろに向かせ………ました。。。


やっぱり、アニメ的には、これ、問題あったのですかねぇ????



いやぁ〜、やっぱ、ええのぉぉぉぉぉ。




しかし、本当に前回の感想の際に触れたように、各ルートの杏がらみのイベントをピックアップしただけで、杏の気持ちをうまく表現していくことができているではありませんか。。。


ところで、このイベントで、杏の胸のうちにやってきたのは、何なんでしょうか。

倉庫中で後を向いてくれと言われた後の、あの表情。期待80%、不安20%というところでしょうか。

扉が開けられた後、期待80%不安20%の表情で立っていたはずの杏が、
いきなり座り込んでの

「ううん。なにも…」

という、ぼーぜんとした、言葉。

そして、体育倉庫から出た後の「ちょっと、どうかしてたみたい…」という言葉の後に一瞬、見せたあの杏の表情。

状況に流されて、ほんの少しでも椋を裏切ってしまってもいいと思ってしまった自分への嫌悪…驚き…でしょうか。うーん、この時点ではちょっと、違うかな…。
純粋に「自分の本心を朋也に見せてしまったことの後悔」じみた気持ちなのかなぁと思いました。
しかし、この後、杏のことですから、きっと、ほんの少しでも椋を裏切ってもいいと考えてしまった自分を嫌悪することになると思うのです。。。。
変なスイッチがさらに入らないことを祈るのみです。



ところで……、なぜに、無理矢理、自分の気持ちを押さえ込んでいた「杏信者」のスイッチを、わざわざ、オンにしてくるようなことをするんでしょう、京アニは。



ちょっとだけ、不思議に思ったので、以下を追記しました。
ところで、椋の料理を食べて意識を失ったボタンが目を覚ましたときの、杏の描写なんですけど、どうして、あんなに無理しているという風に見えるのでしょう。いえ、杏の胸中の話じゃなくってですね、アニメの絵、動きとしてなんです。杏の胸中は、もちろん「椋と朋也を二人っきりにしてあげる」という魂胆であり、かつ、「自分も朋也が好き」という気持ちを隠しているという状況なのは、わかっているのですけど。
絵そして動きから、どうして、杏の無理している感じが伝わってくるのかが、不思議なんです。
中の人の演技でしょうか?いや、それもあるのですけど、それだけじゃないです。杏の表情が普段とは違っていて、そして朋也を見て、椋を見て、走り出すタイミングが台詞に比べて早い…からなのかな?
ここの秘密が、正直、わかんないです。
……というか、京アニ凄いと思いました。





むっはぁーーーーーーーー。





CLANNAD本来のストーリーの伏線が遂に

さて、CLANNAD本来のストーリーの核心に触れる伏線が遂に出てまいりました。ほんの一瞬だけ。それはもう、渚の秘密にせなあまl;うおあいあぁ……………。

<ネタバレ倫理機構により記憶が抹消されました>



最後に……

















































うおおおおおおお




















おおおおおおおっ







本記事は、2月20日に、毎週やってるのとは別のイレギュラーな感想を書かなければならなかったため、一旦、途中まででうpしたものと、以前に書いた反省会の部分を合体したものになります。

http://saineria.at.webry.info/200802/article_4.html
| 丈・獅子丸 | CLANNAD | permalink | comments(2) | trackbacks(7)

この記事に対するコメント

イレギュラーな感想って・・・
やっぱりNOT?

それと椋が夏服になってからニーハイ(オーバー
ニー?、サイハイ?)をやめたことについて
いかに考察します?
toku | 2008/02/20 10:48 PM
あら、tokuさん、おひさ〜。

はぁい。NOTでーす。
もう、書きましたぁ。


>それと椋が夏服になってからニーハイ(オーバーニー?、サイハイ?)をやめたことについて

………難しい問題を出すなぁ…。


ボソッ 椋が暑がりだから。。。。


嘘です。嘘です。。。。
ちょっと、タイミング等から、考えてみます。
しばし、お待ちを。


では、また〜。

丈・獅子丸 | 2008/02/20 11:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/871
この記事に対するトラックバック
今回のアバンはシリアスなのかギャグなのか判断に苦しみますね… 合唱部の仁科さんたちとの話がまとまって 『良かったな!渚』 『はい!』 『これで生徒会から許可をもらえるな』  でもってすぐ場面転換して 『駄目でした…』 って早! でもってド・シリアスに渚さん
『CLANNAD』 第17話 観ました | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 | 2008/02/22 8:42 PM
★★★★★★★★☆☆(8) 一言でいうなら杏エロいよ杏の回。 渚がいない「不在の空間」という事でしたが、 重苦しくなるどころか、むし...
CLANNAD -クラナド- 第17話 「不在の空間」 | サボテンロボット | 2008/02/23 1:20 AM
 ……………………。  ………ん〜〜〜〜〜。  正直たまりません。orz  古傷がうずくっちゅーか。つかね、うっすらと相手の好意...
CLANNAD 第17回「不在の空間」 | Old Dancer's BLOG | 2008/02/23 9:22 PM
※以下には、京都アニメーションの「CLANNAD」17話の内容が含まれています。 アニメのネタバレになりますので、閲覧の際にはご注意下さい。 ※...
CLANNAD 第17回 「不在の空間」 | りとまて | 2008/02/24 1:43 AM
【タイトル】「不在の空間」 作  画  :8(クールなイメージの智代が表情豊かに描かれている) ストーリー :8(朋也を取り巻くヒロイン達の日常) 家  族  :8(杏と椋の姉妹愛、朋也と父との対照的な家族の描写に)   萌    :10(恥らう杏の
CLANNAD 第17話「不在の空間」 | サイネリア〜わたしのひとりごと〜 | 2008/02/24 3:35 PM
もう、混ぜるな危険(笑) 先週のバスケ部との試合が効を奏したのか、合唱部が幸村先生の顧問の掛け持ちを提案してきました。喜ぶ渚達でし...
CLANNAD 第17回 「不在の空間」 増杏版 | 中濃甘口 Second Dining | 2008/02/25 10:12 AM
さて、遅れまくっている17話の感想。今回は、いつもより短めです。 朋也に想いを寄せる少女達の、様々な感情。 真っ直ぐな想いをぶつけ...