丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 週刊少年マガジン1号「涼風」を読んで………… | main | 灼眼のシャナ II 第9話 「哀しみのマイルストーン」を見て >>

週刊少年マガジン2+3号「スクールランブル」を読んで、そう言えば天満、八雲の両親ってどうしてるんだろう…

さて、今週のスクラン。


歩行祭、一日目終了。

なんだか体育館らしきところで、みんなでザコ寝するようす。


ここで問題になったのが、手錠でつながったままの播磨と八雲。
どうやって、寝るのかが。

まさか一緒に寝るわけには、いかんということで、八雲を守るため、天満が「私が間に入って寝ます」と断言。

播磨、いきなり、眠いと口にする。


八雲と播磨の間にはまりこんで、天満、ぐっすり。
播磨、八雲が見ているにもかかわらず、横で寝ている天満に不埒な行為におよぼうとするが、天満が口にした寝言は、「お父さん…」

それを聞いた播磨は、「今日は、3人で家族だ」」と八雲に言う……。


でも、いつの間にか、さらにその間に、マサルがはまり込んでいて……。


マサルの持ってきた鍵で手錠は、はずれたそうです。



……それにしても、塚本家の両親がいないことはわかっているのですが、話中でその理由についての説明ってありましたっけ?
一応、全部の話をフォローしているつもりなんだけど…あったかなぁ?


| 丈・獅子丸 | スクールランブル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/809
この記事に対するトラックバック