丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 灼眼のシャナ II 第8話 「過去への扉」を見て | main | CLANNAD -クラナド- 第6回 「姉と妹の創立者祭」 その3 >>

CLANNAD -クラナド- 第5回 「彫刻のある風景」 統合版

うーん、書き尽くしたように思ったんですけれど…まだまだ、書きたいことがいっぱい出てくるものなんですねぇ。

16:9版を観ました。その感想などを…。

光の玉について

今回、初登場の光の玉……。
公子さんが、「本当は私、結婚するかどうかは、わからないんです…。妹がそういう状態なのに、自分だけ結婚して、幸せになってしまっていいのか…決心がつかなくて…」と言ったときに、ふらふらと空へ飛び去って行ってしまいました。

そして風子が、今、教室にいる皆の、あたたかさに気が付いた後に、再び、寄って来た感じがします。そして、後に話が出てくる仁科さんと杉坂さんと思われる二人の女子生徒と話をしている幸村先生のそばにも、引き寄せられたかのように、ふわふわと漂っています。

で、この話のラスト。
朋也が「伊吹 風子……少し変ってるけど、どう見ても、普通の女の子だよな」と思うと、光の玉はふわふわと飛び去って行きました。

非常に興味深かったと思います。公子さんのときは、飛び去っていくのは、なんとなくわかります。そのように考えること自体が、自分自身を不幸にしていくし、周囲も不幸にしていくということなのでしょうか。
風子、そして、幸村先生のところも、わかります。
しかし、今回のラスト、朋也のところは、光の玉の動き方は公子さんのときと同じ動きでした。ということは、朋也の考えていることは、自分自身を不幸にしていくとともに、周囲も不幸にしていく考え方なのであるということなんでしょうか。
まぁ、言えば、朋也は風子の言うことをまったく信じていない…ということの象徴となるのでしょうか。


風子を交えての授業風景について 再

以前に書いた通りのことがおきました。16:9って、すげぇ。いや、まじで。
全く、授業風景のところの印象が違ってます。それも、思ってもみなかったところが。

「伊吹……じゃなくて、磯貝風子です。好きなものは、ヒトデです!」のところ。

ここで画面には、、横に誰もおらず、そして、小さな風子が、ただ一人っきりで描かれていました。手を元気良く上げ、好きなものはヒトデと面白いことを言っているかのような画面ですが、ここで、画面に映し出されるものは、「寂しさ」でした。ここがこんなに寂しくなるとは、予想できませんでした。。。

ここで風子のこれまでの寂しさ(いろいろな意味でのです)を表現しておいて、

「ここにいる人達は、みんな、風子ちゃんのクラスメイトでお友達なんですよ。」

の早苗さんの言葉とともに、徐々に広角でのシーンになり、今は、すぐ横に、杏、椋、渚、春原、そして朋也がいるということに風子が気が付き、最後の、本当に満面の笑みにつながる。

いや、本当に素晴しい。4:3のときは、そうは、思わなかったっす。

さて、後ろから俯瞰する構図は、最初の1回だけがパンしましたねぇ。しかし、やっぱり、残りはパンは、なしでした。


その他、今回、初めて気が付いたところ。触れていなかったところ

えええええええええって思ったのが、公子さんのところ。
「渚ちゃんは、知っていますよね」と渚を見ながら公子さんが言ったあと、「妹の風子が眠り続けていることを」を言う前に、一瞬だけ、朋也の方をちらりと見るところ。
すげぇって思いました。うん。確かに、こんな話の流れなら、やっぱり、こんな視線になるんじゃないかと納得しました。
気が付かなかったです。

どこで見たのか忘れちゃいましたが…
公子さんの話に、照れまくる渚は、以前にも書きましたが、むちゃくちゃ可愛らしいんですけれど、
「そうだっ。先生こそ、ご婚約おめでとうございます。」
と、公子さんに反撃に出るときの口がめちゃくちゃ、可愛らしかったですねぇ。
気が付かなかったです。

渚に抱きつかれたあと、風子が、「よろしくお願いします」と、お辞儀をするのに、渚の腕の上にあごを出してから、お辞儀をする動きが…とっても良いと、これは以前から思っておりました。書くタイミングを逃したみたいでした。






これまでの第5回「彫刻のある風景」に関しての記事

CLANNAD -クラナド- 第5回 「彫刻のある風景」 その1
ひたすら現実的な朋也について
りんく→http://joeshishimaru.jugem.jp/?eid=771

CLANNAD -クラナド- 第5回 「彫刻のある風景」 その2
公子さんを前にテレまくる渚のかわええことかわええこと
りんく→http://joeshishimaru.jugem.jp/?eid=772

CLANNAD -クラナド- 第5回 「彫刻のある風景」 番外編
「幽霊だか、生霊だか、幽体離脱だかの少女は、なぜ、着替えることができるのか」 オチなし。
りんく→http://joeshishimaru.jugem.jp/?eid=773

CLANNAD -クラナド- 第5回 「彫刻のある風景」 その3
風子を交えての授業風景について 他
りんく→http://joeshishimaru.jugem.jp/?eid=775
| 丈・獅子丸 | CLANNAD | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/787
この記事に対するトラックバック
   ……。  やっ……ヤベェッ!!  この人たちゃあ…マヂだっ!!  マヂでこっちを泣かす気、満々ぢゃないかっ!!  まあ…それは最初からわかっていた、と言...
CLANNAD 第5回「彫刻のある風景」 | Old Dancer's BLOG | 2007/11/23 9:19 AM