丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 投稿中……投降中…… | main | 週刊少年マガジン45号「スクールランブル」を読んで……とりあえず、書いときますね。 >>

CLANNADについて思うこと

DVDの発売予定が出ましたなぁ。
12月から全8巻で、7月までか……。
昨年のKanonよりもBS-iでの放送が遅いにもかかわらず、DVDの発売日が早いと…。

1巻3話入りということで、全24話なのは、決定ということになりますが…。あの噂は、どこまで本当なんでしょうねぇ。

「2クールやって、間あけて、さらに1クール。」

うーん。。。来年、7月の中旬から、次のシーズンが開始ならば、この微妙なDVDの発売時期の繰上げも納得できるような希ガス。………どーなんだろう?と勝手に妄想してみました。

それから、CLANNAD、動画サイトへの削除依頼が甘いようすですなぁ。
新番組で、跡形も無いほど削除されまくってる作品も多数あるように思うのですが……結構、残ってますね。TBSの黙認するような方針なんでしょうか?
動画サイトって、いまや、海外からも大注目ですから……早い時期に英語版を供給すれば、結構、売れると思うのです。。。。なんだか、この削除依頼の少なさがTBSサイドの心情を如実に現しているように思えてですねぇ……。

さて、CLANNAD Invitationでさんざん、見まくっているOPなんですけどね……。

どう考えても不思議なのは、智代のクマの着ぐるみ。

OPを見た場合、もう、誰ルートかという疑問は一切出て来ないわけなんですよね。例えるならば、「AIR」が観鈴ルートに最終的に行くことが最初から決定されていたように。

創立者祭と呼ばれる文化祭が、たいがいのルートで一つの山になるのですが……智代のクマの着ぐるみは、まさしく、その創立者祭のその日のできごと。

その他にも、第一話で春原の部屋に「ぬこ」がいたということも聞いております。

「ぬこ」が出てくるルート………。

メインのヒロインのルートからは、はずれております………。
でも、メインルートのヒロインがあり、クマの着ぐるみがあり、「ぬこ」があり…と、創立者祭当日が、大変なことになると思うのです。

それ以上に、智代のクマの着ぐるみ…それ自体が、メインのヒロインとの両立が不可能なイベントだと思うのです。

また、OPでの杏。
憂い顔でたたずむ杏が描かれておりましたが…(あの、ニーソにブルマという現実では有りえないような格好でバスケのドリブルをやってる杏のすぐ後に出てくるやつです……)、杏もやるんですかね?杏ルートは切るという選択肢もあったと思うのです。杏と、あと一人は絶対に、メインルートのヒロインとは、どう考えても両立ができないはず。。。と、私は思っています。杏ルートのフラグが第一話で立っているという話は聞いています。。。。


直列で行くのでしょうか?
並列で行くのでしょうか?


ゲームのように並列化しても、良いと思うのですが…。それなりの理由付けも、し易いと思うのですが。


「ひぐらしの鳴く頃に」のようなつくりのものも世間では受け入れられているわけですし……それよりも何よりも、Keyの次の作品の「リトルバスターズ!」は、並列がデフォルトだと思いますし……。「リトバス」を直列で1本化したら、逆に、何もわかっていないと罵られそうな気がします……。

というわけで、「並列化」に一票!

………と、私が、えらそうに予想すると、これが、だいたい、はずれるんだよなぁ…。


直列につなぐと、少なくとも、杏と後、もう一人の話は、原作とは、まったく違ったものにならざるを得ない。うーん、そんなことをしてくるかなぁ………。
しかし、この二つの話は、朋也がヘタレのルートなんでなぁ……。やるのかなぁ……。どうなんだろう?

あと、Kanonのときは、早々に「個別のルートで、並列化はしない」と明言しておられた石原監督でしたけど、このCLANNADで、そんなこと言ってるのを見たことがないですしねぇ……。

ですから……「りとまて」なしおさんのおっしゃるように、サブタイトル画面で、光の玉が増えていくというのもアリなのかなぁ……と思ってしまいます。。。。

| 丈・獅子丸 | CLANNAD | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/730
この記事に対するトラックバック