丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 「リトルバスターズ!」がようやく終わった。 | main | 週刊少年マガジン40号「涼風」を読んで、大団円まで、あと残り2回ですと。 >>

らき☆すた 第22話 ここにある彼方 その1

すごいです。
すごいとしか、言いようがないです。
泣く気まんまんで、待ち構えている人間をしっかり、泣かせてきただけでなく、最後に涙流したままの私を、笑わせるってのは。

この歳になって、初めての経験のような気がする。涙を流しながら笑ったのって。

「いやぁ、消さないで〜〜」
「炊き上げないでぇ〜〜」の引きには、笑いました。そーきたか…。

今日も、また、30分遅れのサンテレビ。

さて、私にとって初体験でした。原作を知らない「らき☆すた」というは。

らき☆すた、5巻に収録される「ここにある彼方」という長編を私は読んでません。長編って言っても、4巻121〜124の「雪解けの花」と同じ「らき☆すた おきらくカーニバル」というのに掲載されていたそうなので、同じく4ページくらいの話なんだろうと思う。

さて、この「ここにある彼方」の原作がどういう展開なのかのは、知らないのですが……つなぎ方が、すごい。

「位置付け」(Vol.4, 026) ロリコンの話。
「主張」(Vol.3, 037) どっちにしても、ダメ人間だよね…の話
「誤差」(Vol.2, 121) よかったよね私が女で…の話。
ここで風呂が沸いたと、ゆたかをはずす。
「半分は照れ隠し」(Vol.2, 122) あなたは最低だ…の話。 
「背中は追い続けないで」(Vol.2, 122) 成長は別であって欲しい…の話。
「父の背中とか見て育つ」(Vol.2, 123) 小っこくて、マニアック…の話。
「どんなだ」(Vol.2, 123) 萌死の話。

ときて、「ここにある彼方」へ。脚本の技の冴えですね。


まず、ロリコン関係の話から、かなたの話にもっていき、そしてゆたかを風呂が沸いたと追い払った後、かなたの話を展開し、その後、「ここにある彼方」へ繋ぐ。

月がうつされ、秋桜がうつされ、一瞬、カットインされるセピア色の「シーツの上に落ちたままの花」と「仏壇の前でうなだれるそうじろうとやっと立ったばかりのこなた」。風が吹き、秋桜がゆれる………気分は、もう、きたきたきたきたああああああ。

「俺が、世界中でいちばん、かなたを愛してるってことだ」と言うそうじろう、そして、音楽が盛り上がり………。
一番、持って行かれたのは、「新人賞入選者発表 該当者なし」の記事を見た後、酔い潰れたそうじろうの横にかなたがおり、その後、海をみながら二人が寄り添っているところで……もう、でろでろに。
このときのかなたのモノローグが「わたしのいいところも悪いところも認めてくれる」から始まったのが…もう、だめ。
「違う…そうじろうが、いちばん、つらかったときに、寄り添ってくれてたのがかなたなんだよ」と思うと…もう、止まらなくなってねぇ…。今、これを書きながらも、泣いてますよ……。

で、このまま、最後まで行ってしまい、最初に書いたように
「いやぁ、消さないで〜〜」
「炊き上げないでぇ〜〜」
の引きには、涙、流したまま、笑うしかなかったわけです。





はぁ。すごいとしか言いようがない。本当に。


| 丈・獅子丸 | らき☆すた | permalink | comments(0) | trackbacks(8)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/700
この記事に対するトラックバック
「らき☆すた」、ラスト・スリー。 以下、「らき☆すた」第22話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方はご注意ください。
らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」  | たこーすけの、ちょろっと感想 | 2007/09/05 2:48 AM
 …がっ!  …ぐっ!  まだだ!まだ映像的な衝撃に過ぎん!アブソーバを最大にすれば耐えられるっ!  (美しい音楽〜♪)  だひゃるわ゛っ!!
らき☆すた 第22話「ここにある彼方」 | Old Dancer's BLOG | 2007/09/05 7:32 AM
らき☆すた   現時点での評価:3.5〜   []   チバテレビ : 04/08 24:00〜    サンテレビ : 04/10 24:00〜   テレビ埼玉 : 04/08 25:30〜    東北放送 : 04/10 26:00〜   RKK熊本放送 : 04/08 26:20〜  東京MXテレビ : 04/11 25:30〜   
らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 | アニメって本当に面白いですね。 | 2007/09/05 11:31 AM
らき☆すた 3 限定版 車の中、「今日からガソリン代が2円も上がった」と嘆くゆい。それを見て、「お金におおらかな人でもガレソリン代になると一円単位で拘るのはなんでだろう?」とこなたは首を傾げるのだった・・・。
(アニメ感想) らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/09/05 4:29 PM
もう、この番組、これで最終回でもいいんじゃね? まだ暑いですが、暦の上では秋になりました。 お彼岸も近くなったからか、今回のらき☆すたはとっておきのお話、 亡くなった、こなたのお母さんのお話です。 ・・・
らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 | 中濃甘口 Second Dining | 2007/09/05 10:44 PM
<今週のつかさ> 今週のつかさはまたもやw つかさはモードがオフになることが本当に多いな(笑) こなたとかがみの会話の裏でひたすら「もぐもぐ」を繰り返しているところがうけたww 今週は出番も眠る時のあるある
らき☆すた 第22話 「ここにある彼方」 | ムメイサの隠れ家 | 2007/09/05 11:35 PM
この気持ちを、どう表現したら良いのでしょうか…? 喜びと、切なさ。温かさと愛おしさ。 怒り以外の感情が入り混じった様な、そんな感覚。 『感動した』の一言では、言い表せない。 でも、どれだけ言葉を連ねても
らき☆すた・22話・『ここにある彼方』(第一稿) | yukitaの想い出日誌 | 2007/09/10 12:58 AM
品質評価 50 / 萌え評価 54 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 7 / お色気評価 11 / 総合評価 23レビュー数 194 件 「泉そうじろう」は、娘「泉こなた」に問いかける。「お母さんいなくて寂しくないか」。「泉こなた」は、「今は、ゆうちゃん(小早川ゆた
レビュー・評価:らき☆すた/第22話「ここにある彼方」 | ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン | 2007/09/10 6:41 PM