丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< らき☆すた 第20話 夏の過ごし方 (未完) | main | らき☆すた 第21話 パンドラの箱 その1 追記 >>

らき☆すた 第21話 パンドラの箱 その1

すみません、涙が出ました。

決して、サンテレビの放送が、1時間35分遅れになったからではありません。

よもや、本当に「らき☆すた」で泣く日が来ようとは……。



確かに…歳とって、涙腺が緩くなってるというのもあるし……今、リトバスでさらに緩んでるというのもあるんだけど……でも……
「すぐには変われない」の立場を入れ替えたかのような話…。

真っ先に…というか、唯一、かがみの異変に気が付いたのが、こなた。
こなたは、かがみに何が起こったのか知るよしもないのであるが、「つっこまない…1?」の言葉とともに、ぼーっとしているかがみを黙って見つめるしかできなかったわけで。

翌朝、鴨川の等間隔カップルを眺めるかがみを気遣いながらも、普段通りの会話を続けるこなた。
そのこなたの言葉に普段通りの返事を返すかがみ。
そして、満を持してのこなたの「ちっちっち。オタクのマロンがわかってないねぇ」の言葉。
「わかりたくもないよ」という普段通りのつっこみを受けたとたんに、こなたの頬にさす赤み。ああ、いつもの、かがみだ……という安心したあの、こなたの表情に、まず、やられました。

その後の、プリクラ………。

というか、わざわざ、さらにかがみに気を遣って「フーン。かがみが、フテ寝してるかと思った。」と電話してくるこなた。

そして、あんな恥ずかしいプリクラ…といいながら、自戒のために貼っていると思われる半吉のおみくじの上にプリクラを貼っているかがみ………
「こんな…恥ずかしいの……」と言いながら、かがみは、何を思ったのでしょうか。

きっと、こなたの優しさ、そして、こなたの気遣いに感謝したのでしょうか……。


あと、一瞬、ここのタメが長ければ、もっと、真剣に泣いてましたよ、ぜったい。

もう、あの、さり気なく、かつ、思いっきり、かがみを気遣っているこなたがかわいくてかわいくて仕方がありません。
そして、自分の机の前に貼ってある写真が…全部は確認できなかったけれど、大写しになっているこなたの写真が貼ってあるかがみって………。


おそらく、かがみって圧倒的に、あんな経験が多かったとかいうことなんでしょうかねぇ…。だからこそ、あんな子になってしまったんじゃないかと…。さんざん考察してきたような「現実主義者」たろうとしている、あんな子に……。不憫じゃあああああ。


もう、どうしても、これだけは、すぐに書いておきたくなったもので………。
















あと
次回予告を見ての話なんですけど………


次回のサブタイトル「ここにある彼方(かなた)」って、原作には発見できないタイトルなんですけど…。もちろん9月発売の原作、第5巻に掲載されている話なのかもしれませんけど。
でも、このサブタイトルって、なんか、やばくないですか?

あと、予告中で、「くるくる寿司」の前で、ゆい姉さんが、こなたとゆたかを前にして、どーんとまかせなさいってな感じで胸を叩いているところがあったんですけど……。
原作中で、ゆい姉さんがこなたとゆたかにご馳走を実際にする話は、無いんですけど。
唯一あったのが、ゆい姉さんが感激して、こなたとゆたかに「よーし、今日は、お姉さん、おごっちゃうぞーー!」と言う話だったように思うのですが……。
一応、ゆい姉さんの誕生日って……10月6日の設定だし………。

来週も、もしかして、泣かせる気なのか????



| 丈・獅子丸 | らき☆すた | permalink | comments(2) | trackbacks(4)

この記事に対するコメント

こんばんは。コメント失礼いたします。


……同意っ!!


といいますか、私も今回のらき☆すたには「泣いた」人間なんですけど、いくつかのサイト様の感想を拝見させていただいたのですけど、ウルッと来たやちょっと涙ぐんだという方はいらっしゃったのですけど、「泣いた」と仰っておられる方は、丈・獅子丸さんだけでして。
や、なんか嬉しくて、コメント書き込んでしまいました(笑)。


ああ、確かに、以前「いきなりは変われない」の時に、丈・獅子丸さんが仰られたことの逆ですね、これ…。
お互いがお互いにとって、本当に大切な存在になっているとでもいいますか……。うん、やはりこれは泣きますね(笑)。


そしてまた来週も、「泣いた」と書くことになりそうな予感がすこぶるするサブタイトルでして、本当に楽しみな限りです。

それでは、失礼いたします。
なしお | 2007/08/31 2:53 AM
なしおさん、こんばんは。
レスが遅くなりました。

本当に結構、もろに「泣いた」とおっしゃってる方は、少なかったですねぇ。

「らき☆すた」で泣かされたことを、みなさん、信じられないんでしょうかねぇ。
私は、あの「すぐには変われない」から、いつか絶対、この日が来ることを覚悟してましたから。

そうそう、今週の記事も楽しみにしております。……多分、私も、即日、うpする…しなきゃならない話だと、覚悟しておりますので。


よろしくお願いいたします。はい。

丈・獅子丸 | 2007/09/04 12:29 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/693
この記事に対するトラックバック
 ゆるゆるアニメをたったの5分足らずで一気に切なさ爆発の世界に誘い込んでしまうあなたたちが好きです!! ←告白  しかもオチぃつけて、もう終わったと思わせておいて、ラストのどんづまりでアレかよ!! そもそも
らき☆すた 第21話「パンドラの箱」 | Old Dancer's BLOG | 2007/08/29 12:42 PM
らき☆すた 2 限定版 今日から制服も冬服に替わった。肝心のこなたは・・・大丈夫、ちゃんと着ているようだ。さあ、今日から気持ちを入れ替えて頑張って行こう!!・・・だが、相変わらずのゆるゆるの日常が繰り広げられていく・・・。
(アニメ感想) らき☆すた 第21話 「パンドラの箱」 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/08/30 8:21 PM
泣いた。 ……えっ? ていうか…… え?……『らき☆すた』で泣くんですか俺? 泣くんです(←結論) ああもうイカンよ危ないよ最高だよ!かがみらー(かがみ好
こんばんは、yukitaです。 修学旅行で京都・奈良に行った、こなた達。 日常を離れ、騒がしくも楽しい旅行。 そこで、かがみが開いた『箱』に残されたモノは…? ※今回も、一週遅れになってしまいました…。 体調が悪
らき☆すた・21話・『パンドラの箱』 | yukitaの想い出日誌 | 2007/09/06 9:28 PM