丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 週刊少年マガジン38号合併号「涼風」を読んで、この先、このマンガ、何マンガになるんだ? | main | CLANNAD 関西地方放送枠決定! >>

らき☆すた 第19話 二次に本質あり

あああ。今週も周回遅れですか……。


さて、荒谷さんの回だった、この第19話。
脚本、コンテ、演出、作画監督、動画と、5役の大活躍。
クオリティを落とすことなく、どこまでやれるかの実験なんですかね?

さて、以前、予想した通り、19話でもってきましたねぇ。つかさの「ち○ち○」ネタの話。………荒谷さん担当回だったか、やっぱり……。で、凄まじいまでの原作消費量のAパート。そしてオリジナル満載のBパートでした。

さて、原作を読んだ時点でガンダムエースに掲載されたガンダムネタ3話は、アニメ化は無理だと思っていたのですが、ピー入りでしたけれども、見事に、してきましたねぇ。まぁ、振り返ってみるとハルヒの時ですら、「ガンダム、発進させなさい!」ってなネタを入れていたんですから、このガンダムネタ3つは、原作にあるんですから、やってきてもおかしくないと気が付くべきことでしたね。己の不見識を恥じ入るばかりです。

で、今回のサブタイトル。「二次に本質あり」
リアルで実害をこうむるとなると結構、イラつくんだよ…の話です。
どちらと言うと、これ、『二次元に本質あり』じゃないんだろうかと思うんです。
「ドジっ娘というのは、実害のないポジションから、愛でるべし。」つまり、「二次元のドジっ娘にこそ、その本質がある」という「教え」ではないでしょうか。
でも、受けるイメージ的には、Bパートのひよりの一連の話こそが、このサブタイトルにふさわしいのではないかと…思ってしまうのです。

「二次(創作)に本質あり」

みたいな感じで。

ひより中心のBパートになったのは、そういう理由もあるのかなぁ…と思ってしまいます。

さて、Bパートの中心になったことは、ゆたかとみなみがひよりを見て、「たくましい…」という感想を抱くことでした。

宝くじに当たって、ボロボロになった話がマンガのネタになるかな〜と、ひよりが言ったのを聞いて、「たくましい…」
絵描きにとって、利き手は命。これだけは死守せねば…というのを聞いて、「たくましい…」
徹夜して原稿を仕上げたひよりが、こうやって、何かに必死になってる自分って輝いてるなーって思う…と言うのを聞いて、「たくましい…」

都合、以上、3回、出て参りました。


ゆたか、そして、みなみにとって、同年齢で、何かに大はまりしている人間を見るのは、ひよりが初めてなんでしょう。ゆたかは、こなたを見て育ってきてますが…やはり、こなたは年上です。年上だからこそ、あんなにしっかり、一生懸命、何かに打ち込めるんだ…とでも思っているのでしょう。だから、創作活動に目いっぱい、自分のすべてのものを注ぎ込んでいるひよりのことが、何も一生懸命やってきていない自分たちとは違って見えているのでしょう。そんな気持ちの現れが、今回、3度も言われた「たくましい」という言葉になるのでしょう。
しかし、ひよりは、全くそんなことを思っている風もなく、自分は純然たるヲタであるとだけしか思っていないらしい。
また、自分のヲタ趣味に引きずり込む訳でもなく、ゆたかに「やおい」って何?と尋ねられても、答えることができず、また、ハガレンコスプレを見たときも「これがわかる者だけの、苦しみってやつかぁ…」と、その姿が何を意味するのかをゆたかとみなみに語ることもなかったわけです。
ひよりとこなたの違いなのでしょうか。それとも、「ひよりとゆたか、みなみの関係」と「こなたとかがみ、つかさ、みゆきの関係」との違いなのでしょうか。

恐らく、後者なんじゃないのかなぁと思ってしまいます。

ボウリングスコアのハルヒ、キョン…という名前を見たときの、ひよりのモノローグ。
「どこにでも、いるんだなぁ…仲間って奴が…」
今のひよりは、ヲタのことだけを「仲間」と思っているんじゃないかということが伺える台詞でした。
じゃあ、一緒に、ボウリングをしているゆたか、そしてみなみは、ひよりにとって何なんでしょうね。

ひよりが、こなたがかがみ、つかさ、みゆきのことを、そう思ったように、ゆたか、そしてみなみのことを、しっかりと「仲間」「友達」と思えるようになるときが来るのでしょうか。1年組が、3年組のような関係になっていくのでしょうか。


………なんだか、きっとなっていくような気がするのです。そんな気がします。



なんだか、ひより中心の感想になってしまいましたが……
私は、かがみに、「こぼしてしまいましたぁ。お客さま、申し訳ありませ〜〜ん」と言われれば、



許します!



あと、照れて髪の毛をいじりいじりしているかがみがああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。






Aパート
「会話」(Vol.2, 117) 私も金魚に話かけるとき、甘声になっちゃうしね…の話。原作まま。
「連呼危険」(Vol.2, 117) 「ちんちん」の話。原作まま。
「ガンダム考察」(Vol.2, 118) ガンダム好きなら……見ないといけない使命が!の話。原作では、ピーなし
「さば」(Vol.2, 119) こなたが実齢より幼く見えるから、こなたを基準にするのもどうかなと思う…の話。ピーがあったこと以外、原作まま
「贈り物」(Vol.2, 119) つぼ?の話。原作まま。
「やってもーた」(Vol.3, 005) うちの休日はドコいったん?の話。原作の6月○日が7月2日に変更
「今夜も姉の部屋」(Vol.2, 006) つかさの余計、勉強に集中できなくなって…の話。原作まま。
「手の隙間」(Vol.3, 006) 違うんだよ、ゆきちゃん…私の場合は本当に嫌いなんだけど…の話。原作では、この後、『こなちゃんとかお姉ちゃん達とかが見るっていうから…』というつかさの台詞が続いていた
「戦力差」(Vol.3, 007) 頼れる先輩の話。原作まま。
「そわそわ」(Vol.3, 007) きー兄さんと試験勉強したことある?の話。原作まま。
「いろんな勉強」(Vol.3, 008) 学校が違うからかな〜の話。原作まま。
「実はスゴいんです」(Vol.3, 008) 親は戦力外通告かなぁ…の話。原作まま。
「合格」(Vol.3, 010) 殴る相手は選んどるよ、いろんな意味で…の話。原作まま。
「ここにいるよ」(Vol.3, 089) わからんとこは、先生にききにこんかーい…の話。原作まま。
「教えて先生さん」(Vol.3, 089) 今やってるゲームのレアアイテムのことなんですけど…の話。原作まま。
「たいふーいっか」(Vol.1, 107) たいふーいっかの話。原作まま。
「質問たいむ」(Vol.1, 111) こなちゃん、なんか変なこと言った?の話。帰宅後の話に変更
「風のように過ぎ去る 」(Vol.4, 026) 不在連絡票の話。原作まま。
「メジャーはテンポいい」(Vol.3, 010) キビキビやれば…の話。原作まま。
「人間簡単には変わらない」(Vol.3, 011) 3年生は受験勉強中心であまり宿題はないんですね…の話。原作まま。
「水着ではない」(Vol.3, 011) クールビズの話。原作まま。
「待ち遠しい」(Vol.3, 080) メールの返信、こないかなー…の話。原作まま。
「斬る」(Vol.3, 012) かがみーー、なんだかばかっぽいよ…の話。原作ままなんですが、ウェイトレス姿のかがみは原作にはなかったです
「二次に本質あり」(Vol.3, 012) リアルで実害をこうむるとなると結構、むかつくんだよ…の話。原作まま。
「提案」(Vol.3, 018) ツンドラ1ヶ月の旅の話。原作まま。
「平穏な毎日」(Vol.3, 019) 学園のアイドルの話。原作まま。
「一線」(Vol.3, 019) 睡眠時間優先になってきたんは、歳とった証拠かなぁ…の話。原作まま。
Aパート、原作27話消費。

Bパート
「分身」(Vol.3, 092) 絵、かくときって、思わずキャラと同じ表情に…の話。原作まま。
「願わくば聞かないで」(Vol.3, 098) 好きなゲームキャラ同士の恋愛マンガとか…の話。原作まま。
「ただでは起きない」(Vol.3, 100) 宝くじで3千円あたったんだけど…の話。原作まま。
「優先順位」(Vol.3, 108) 絵描きにとって、利き手は命の話。原作はもうちょっと、あっさりした味付けだったけど、でも、原作まま
「わかってくれない」(Vol.3, 109) 描き手の微妙なこだわりとか…の話。原作まま。
以下、すべてオリジナル。
シャーペンの話、ハガレンのコスプレの話、ボーリング場の話、ゆたかとみなみで妄想する話、同人誌の入稿の話、「やおい」って何?の話

Bパート5話消費。

19話全体で原作32話、消費。


らっきー☆ちゃんねる、185秒。

| 丈・獅子丸 | らき☆すた | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/687
この記事に対するトラックバック
「持って行かれた・・・!」 (『鋼の錬金術師』主人公・エドワード・エルリックの台詞より。) 予想外の展開!まさか、後半全部がひより特集なんて・・・!今回は、『ひより日和か?』と思うぐらい、ひよりが輝いていました
らき☆すた・19話・『二次に本質あり』 | yukitaの想い出日誌 | 2007/08/23 9:29 PM