丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 週刊少年マガジン31号「涼風」を読んで、まぁ、常識的に考えるとそうなるのは当たり前なんだが、それを少年マンガのヒロインが口にするのは、どうかと思うぞ。 | main | School Days 第2話 「二人の距離」を見て… >>

週刊少年マガジン32号「涼風」を読んで、ああ、あつくるしぃ。

さて、今週号の涼風。

…私の積み残しをやっと、書き上げたぞ。
さて、大和が元気がないので、発奮させようと、先輩が呼び出したのが、陸上のライバルの有馬。

飯食いながらの説教が終わって、有馬と二人っきり。
何かあったのかと尋ねる有馬。
いいかげんな返事をする大和に、有馬がキレて、大和を殴る。おお、ヤレ〜ヤレ〜もっと、ヤレ〜。
大学で、俺を負かすんじゃなかったのか。それは、嘘だったのかと言う有馬に、嘘じゃないけど…と大和。

結局、有馬に涼風の妊娠の話を伝えてしまう大和。

そんなことは、関係ない、俺にとって一番大事なのは、陸上だ……と言う有馬に、大和が逆ギレして殴りかかる。



そのあと、殴り合い。…………ああ、あつくるしぃ。



で、腫れた顔で帰宅した後、大和は思うのであった。俺にとって一番大事なのは、涼風だ…と。



……………。わたし…何、書けばいいんでしょうか?

もちろん、人によって一番大事なものは違うというのは、理解しているんですけどね。どっちもどっちというかね……。
どっちも大事じゃ、ダメなんですか?あんたら?


少年マンガのヒロインで、堕胎経験のあるヒロインなんてものは有り得ないわけなんで、産むのは間違いないと思うんですが……こんな、馬鹿な理由、そして、薄い決心で、どうすんだろう…本当に。



はぁ……。
| 丈・獅子丸 | 涼風 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/651
この記事に対するトラックバック