丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 週刊少年マガジン30号「スクールランブル」を読んで、ララは、どーなったと思った。 | main | らき☆すた 第12話 お祭へいこう >>

週刊少年マガジン30号「涼風」を読んで、これが教育的配慮というものなのかと思った。

さて、今週の涼風………。

もーね。なんというか、親父、ヘタレ杉。
話を聞く気になったどころか、いきなり、大和を許しているではないか。
ばかが。
私が親父なら、とりあえず文句言う。文句言う。文句言う。
ここぞとばかりに…。

と思うのだが…。


さて……親父に許しをもらった大和、涼風とようやく話をすることができる。
話をしているうちに、まだ、涼風の体調が悪いままという話になったので、
じゃあ、病院に行こうという話になり………。


ここらあたりで、もう今週号のおちが読めた。

というか……先々々週号あたりの体調が悪いので合宿を休んだというあたりから見えていたような気がする。

というか……あの例の20号の私の感想でも、ちょっとだけ触れていたんだけど………。
本当に、こう、来るとは。


遅いなぁと病院から涼風が帰ってくるのを待つ大和。
涼風帰ってきて、「風邪じゃなかった」
そして、当然、こう続く。





























































































「妊娠、3か月だって」と。



まぁ、実際、風邪っぽいとよく聞きますけどねぇ。



…………。少年誌で、いたしてしまうと、確実に妊娠するのね。教育的な配慮なわけでしょうかねぇ。………つーか、3か月ってことは、1回、アレが来ていないという事実をもっと深く受け止めろよ、おい。これだから体脂肪率の低い女性は不規則で困るんだ。…………。

あの20号の感想の中で、話が変わるがなぁ〜と書きましたけど……。どーすんねん。
| 丈・獅子丸 | 涼風 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/630
この記事に対するトラックバック