丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 仕事上のぐち | main | ロケットガール mission11 ターンスタート >>

らき☆すた 第5話 名射手

監督……脚本……演出……原作のある作品をアニメ化するときに、最も作品に影響力を発揮するのはいったいどなたなのでしょうか。今回、山本前監督が4話までで、絶対にやらなかったことをあっさりとやってのけたのはどなたなのでしょうか。
武本監督? それとも、脚本の賀東さん? はたまた、演出の石原さん?
今回の第5話で、初めてやられたことがあります。それは、原作のオチの改変です。

これまで、山本前監督は絶対にオチを触りませんでした。4コママンガ中の手書き文字まで、しっかりと台詞に起こして、原作のオチだけは完璧に守っていたように思います。
しかし、今回、初めてオチに手がいれられました。

まず1つ目です。
前回の感想で触れた一連の流れから除外された話の「本能的行動」です。
扇風機に「あ゛〜〜〜」の話です。

原作
こなた「ちわーす。今日も暑いねっ
かがみ「おぅ いらっしゃい」
こなた「あ 扇風機 出したんだ?」
かがみ「うん 暑いからねー そこで涼んでてー
こなた「……」
こなた「あ゛〜〜〜
かがみ「やると思った 絶対 やると思った つかさもやってたし

以上です。斜体文字にしている箇所は、原作中では手書き文字の箇所です。

アニメ版
こなた「ちわーす。今日も暑いねっ。」
かがみ「おぅ いらっしゃい。上がって〜。」
こなた「どーも。あ 扇風機 出したんだ?」
かがみ「うん 暑いからねー そこで涼んでてー。」
こなた「うーん。」
こなた「あ゛〜〜〜
かがみ「やると思った 絶対 やると思った。」
つかさ「おはよ〜。うわぁ、こなちゃん、来てるぅ。」
こなた「おっすぅ。」
かがみ「おはようじゃないわよ。もう、何時だと思ってんの。」
つかさ「えへぇ。それにしても暑いねぇ〜。あ゛〜〜〜
かがみ「あんたもかぁ。」
こなた「や、ふつう、やるって。」
かがみ「やらないわよ。」
ただお「でも、かがみも今朝、やってただろ?」
こなた「ほーら。」
かがみ「みられてたぁ…」


これまでの4話までは、先に述べたように、手書き文字まですべて台詞となっていましたが、今回、原作の手書き文字であった「つかさもやってたし」をはずし、そして、かがみのつっこみで終わる話であった原作を、かがみのちょっと恥ずかしい話として描写しました。うん。確かにかがみをいじめた方が可愛らしくていいのですが。なんでだろう?全体のバランスを考えたのかもしれません。今回、かがみのつっこみで終わる話がやたらと多かった回だったからでしょうか。

あと、2つ目。
改変とはちょっと違うかもしれませんが、「マシンモード」という話です。

原作
こなた「恒例のやつをお願いしたいんだけど」
かがみ「はやっ わからないトコロは教えてあげるから、たまには自分で解きなさいよっ」

こなた「かがみー ここ教えてー」

こなた「ここからここまで分かんないんだけど…」

こなた「かがみー ここがー」
かがみ「お前 まったく考える気 ないだろ」

という流れでした。


アニメ版
こなた「で、恒例のやつをお願いしたいんだけど」
つかさ「あ、宿題」
かがみ「またっ わからないトコロは教えてあげるから、たまには自分で解きなさいよっ」

こなた「うーん」
つかさ「バルサミコ酢ぅ〜」
こなた「かがみー ここ教えてー」
かがみ「うん…あ、これはねぇ…」

こなた「う〜ん」
こなた「ここからここまで分かんないんだけど…」
かがみ「んぁ…」

こなた「かがみー ここがー」
かがみ「お前、まったく考える気ないだろぅ」
こなた「………………………………………………………………。考えてるよぉ。」
かがみ「……そうかなぁ。」
こなた「あと、ここからここのところもみんな分かんないだけど」
かがみ「やっぱり、考えてないだろう」



オチ自体が変わっているわけではないのですが、原作のオチの後にかがみが絶妙の「間」をとっていました。「間」を使う演出というのは、これまでのらき☆すた中でありましたっけ。


さて、この程度のことで「改変?」と思われるかもしれませんが、これまでの4話では、この程度のことすらやってませんでした。
完璧に原作をトレースし続けていました。
私は、やれなかったじゃなく、あえて、変えたい誘惑を打ち払って、やらなかったのかなと思ってます。これまでにやってきたのは、4コマ内の話の拡張と4コマ間のつなぎでオリジナル話を入れるということでした。

あと、3つ目なんですが、コンプ祭の話もオチが変えられてました。……コンプ祭ネタは、毎回、入れるのが義務なんでしょうかね?



さて、その他は原作通りの展開でした。かがみの脳内つっこみで終わるネタばかりだったのも、原作通りです。お祭中心の回だったので、いきなり、話が明後日の方向にぶっ飛ぶことが少なかったのも原作通りです。原作既読の方は、おわかりになると思いますが、恐ろしいほど原作のまんまの展開で進んでいってます。




さて、私は、「お前、まったく考える気がないだろう」というかがみの台詞の後のこなたの「間」に、ふもっふ最終話の「5時間目のホットスポット」を思い出しました。もちろん武本監督は、いけいけどんどんの畳み掛けてくるテンポのよさもありますが、「間」を使ってくるところもあります。ですから、武本さんの手法なのかなと思いました。

「クーラー点けない?」のつかさの台詞から始まる「エネルギー」中で、つかさが2枚のトーストから1枚をとるところは、なんとなく石原さんっぽいなぁと思いました。この「らき☆すた」の絵柄ですら、日常芝居をさせるその根性。私にAIRやKanonの食べる描写大好きの印象があるから、そう思ってしまうんだろうなと思います。

「バルサミコ酢ぅ」「バルサミコ酢〜」「あははははぁ、バルサミコ酢ぅ〜」のつかさの特異なノリも、石原さんのノリかなぁと思いましたね。「あははははぁ、バルサミコ酢ぅ〜」ではつられて、一緒に笑ってしまい、そして、さらに勉強の最中につかさが「バルサミコ酢ぅ」と無意識に口にしたときは吹き出してしまいました。

ネトゲネタは賀東さんの趣味でしょうか?私は、ネトゲに関してはアニメ「.hack//sign」を見ただけの素人なので、まーーーーーったく、わかりません。それと、フルメタネタが多かったですね。ボン太くんのおめんは当然として、レーバテイン……武本監督命名のフルメタ最新刊に出てくるメカの名前。何の名前なのかは私は書きません。これを知る資格があるのはアニメTSR以降の小説版の、あの長い長い鬱展開を乗り切った者だけです。簡単にネタばらしなんてしてたまりますかいな……。あと、つかさとこなたの電話中の会話の「やっぱ、かわいいよね。ずんぐりしてて、ころころしてて、あのカエルさんみたいな体型がね……そうそう……劣化ウランなんだ…すごいねぇ」って会話でアームスレイブrk-92サベージ(TSR「Scene03迷宮と竜」Aパートでゲイツ達が要人誘拐を企てた際に、高速道路を走っていたカエルみたいな顔をしたアームスレイブ)のことなのかと思ったりもしましたが…劣化ウラン弾って原作をとりあえず当たってみましたが、原作中で一度も出てきてなかったので……、ちと、考えすぎかも……。

さて、来週は海水浴のネタ。これまで、きっちり1話あたり1ヶ月の時間経過を守ってきた「らき☆すた」でしたが、ここに来て方針転換。夏休みパート2です。こんなところにも、影響が……。

順次、OPに出てくる新キャラが登場し続けてくるのでしょうね。来週あたり、みゆきさんのお母さん登場かな?


Aパート
「自分のため人のため」(Vol.1, 072) だめだこりゃに最後の台詞が変更「時間はおなじ」(Vol.1, 072) ネトゲーのぐだぐだ話はオリジナル 「エネルギー」(Vol.3, 131) ゆかたの着付けの話はオリジナル「ものさし」(Vol.1, 073) 「ズレ」(Vol.1, 074) 「名射手」(Vol.1, 074) ゆい姉さんの途中の台詞はオリジナル「本職」(Vol.1, 075) 「狙いうち」(Vol.1, 075) 「よみがえる謎」(Vol.1, 076) 「担当」(Vol.1, 076) 「伏兵」(Vol.1, 077) 「お祭繋がり」(Vol.1, 077) 西館東館はオリジナル「あはは うふふ」(Vol.1, 079) フラグの話はオリジナル「憎さあまって」(Vol.1, 080) 「可愛さ百倍」(Vol.1, 072) げっとだぜぇ、きょぴちゃんの台詞はオリジナル「結局そうなる」(Vol.1, 081) 「突っ走る」(Vol.1, 081) 「職務怠慢」(Vol.1, 082) 晴子せんせいとゆい姉さんの会話はオリジナル
18話消費。

Bパート
バルサミコ酢〜はオリジナル「時間はあれど」(Vol.1, 082) 「過程は違えど」(Vol.1, 083) 電話の会話内容はオリジナル「区別なし」(Vol.1, 087) ネトゲー内の先生がログインするまでの会話はオリジナル「本能的行動」(Vol.1, 066) オリジナル展開と連結してました。「いつも限定」(Vol.1, 078) オリジナルオチに変更。「マシンモード」(Vol.1, 093) オチ拡大。「人として」(Vol.1, 094) 「すぐにいえる解答」(Vol.1, 094)
「疲れた」からラストまでのネトゲー話はオリジナル。
Bパート8話消費。第5話全体で26話消費。

らっきー☆ちゃんねる 183秒

| 丈・獅子丸 | らき☆すた | permalink | comments(2) | trackbacks(7)

この記事に対するコメント

あ、ブログのデザインが変わってる。
何か、可愛くていい感じ!
こんばんは、yukitaです。

原作を読んで、気付いた事があります。
山本監督は、『頑張り過ぎた』のではないかと。

手書き文字すら全て拾い、尚且つ色々なネタを被せるのは、相当の労力だと思います。
監督の作品に対する溢れんばかりの熱意が仇となり、以前に丈・獅子丸さんが仰った様に『製作の遅延』に繋がったのだと思います。

今回、作品の『味付け』が変わり、戸惑いがありました。
でも原作を読み、これも『らき☆すた』なんだと納得しました。
そして新キャラがこなた達と、どう絡むのか今から楽しみにしています。

僕は、京アニが山本監督に『こんな味付け(演出)もあるよ』と、見本を示しているのだと思います。
そして、監督が修行を積んで帰ってくる日が来るのじゃないかと思います。
別に、武本監督の味付けが嫌いな訳ではありません。今回は戸惑ったけど、6話には凄く期待しています。
ただ、京アニが若い芽を摘む事は無いと思うので、きっと何らかの形で『再登板』すると思います。

もうすぐ、6話ですね。武本監督がどんな演出をするか、今から楽しみです。


yukita | 2007/05/15 9:21 PM
こんばんは。yukitaさん。

なんだか、忙し過ぎて記事の一つも満足に書けないので、気分だけでも晴れやかになってやろうと思いまして、デザイン、変えてみました。

私も、solaの続きを早く書きたいんですけど……。


確かに、4コママンガをアニメにするときって、難しいと思います。特に、らき☆すたのように、なんだかストーリーがないものをやっていくのは、特に。だからこそ、山本監督が頑張りすぎたというのはありえそうな気がします。

その回のテーマを決めて、テーマに沿って話をピックアップしていくのなら、まだ、楽だと思うんですが。まったく、それとは逆の方向に向かってたようでしたから。

なんだか、私は、以前に書いたように、山本監督は本当にアニメでの4コママンガを作ろうとされていたような気がして仕方がないです。

さて、第6話、もうすぐですね。
とにかく、楽しんでいきましょう。

丈・獅子丸 | 2007/05/15 11:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
 私の名はてりぃ。かつては京アニに心酔する平凡な一視聴者であり、毎週の放映を絶賛する筋金入りのボケ信者であった。だがあの夜、公式のトップで目撃したあの衝撃の情報が、私の運命を大きく変えてしまった。公式でらき☆す
らき☆すた 第5話「名射手」 | Old Dancer's BLOG | 2007/05/10 11:19 PM
【つまりは、らっきーすたー】 はじまりは、ゆいねえさんが銃を手にした瞬間から―――
らき☆すた 5話 「名射手」 | りとまて! | 2007/05/11 2:10 AM
 まぁ 監督が交代してから 第一回目の放送になります 一番 変ったと思うのは 山本寛さんだと 「原作まんま」「原作まんま→派生展開」「原作まんまだけど 性質が変らない所に 強烈なパロディやネタを仕込んでいる」 というように 「まず 原作ありき」の作りだったのが
(TVA)(らき☆すた) 第05話 『名射手』 | もらかなです。 | 2007/05/11 2:30 PM
昨夜TVKで見るべきこの番組を何をとち狂ったか、TXで放映を待っていて半分見逃してしまった連休ボケの私でしたが… 今は、とある非常手段を用いて5話全部を観ることが出来ました。 あ、YTでは無いです。もう少し画質の良い奴で…【殴】” え〜、さて、あんまり
『らき☆すた』第5話 観ました | 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 | 2007/05/11 8:58 PM
 どっちかって言うとこっちのが好みなんですけどね、ドラゴンボールは。やっぱ悟空が小さかった頃が一番ですよ。あ、GTは勘弁な。  監督交代の影響と言うのは作中には気にするほどは出ていないですね。するとやっ
クリリンのことかー! らき☆すた5話 | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2007/05/12 2:39 AM
あー、やっぱり本当に武本監督に代わってるのか。なんかまだ半信半疑なんですけども。 今回はずっとネトゲの話でしたね。つか、スタッフがスタッフだけにどんなのがくるかと思ってたら、いつものらき☆すたの雰囲気をキ
らき☆すた第5話「名射手」 | みすぼらしいぶろぐ | 2007/05/12 10:31 AM
ぎりぎり間に合ったーーー! こんばんは、たこーすけです。 「らき☆すた」第5話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。 原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。 以下、「らき☆すた」第5話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注
らき☆すた 第5話 「名射手」  | たこーすけの、ちょろっと感想 | 2007/05/14 12:42 PM