丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 「らき☆すた」監督交代問題について | main | 「らき☆すた」監督交代問題についての私の結論 >>

らき☆すた 第4話 やる気の問題

ちなみに、これは「らき☆すた」第4話の感想です。

「巨人の星」という熱血スポコンアニメがありました。梶原一騎原作の、スポコン、親子対決の元祖と言ってよいアニメでしょう。最近の若いもんは知らないかもしれませんが…(結構、ハルヒの「射手座の日」の感想でデスラーの存在を知らない人たちがいたことに愕然とした記憶がありますので…)。
さて、この「巨人の星」最終回で、大リーグボール3号の投げ過ぎにより、左手が破滅の音をたて、マウンドでうずくまる飛雄馬を一徹父ちゃんが背負って夕日の中に消えていくというラストの後。EDも終わった後の話。
飛雄馬をはじめ、その他、登場人物が全員整列して、「これまで、ご視聴いただきまして、ありがとうございます。今回をもって、巨人の星は終了させていただきます。」と最終回の挨拶をしました。

視聴者は、どん引きだったそうです。

それ以降、再放送が幾度となく繰り返されましたが、この真のラスト・シーンは決して放送されることがなかったそうです。


私は、コミックスなんかの、いわゆる「楽屋オチ」のネタなんかは大好きです。その元ネタ探しなんかは、ネット環境が整った今となっては、非常に楽ですし。それから、「自爆ネタ」というのも大好きです。また、そんなに見るわけではありませんが、舞台演劇の時事ネタ、天候ネタ、地方ネタ等のアドリブも大好きです。

しかし、メタというのでしょうか…どうも、それに関しては、私は受け付けないようです。
例えば、推理小説で、「犯人は、それは、あなただ」と読者である私が犯人ですと言われても非常に困ってしまいます。

あと、ある種の漫画家の方がよく使われるスター・システムと呼ばれる描き方があります。それも、私はちょっと嫌いです。
同一作家が同じ絵柄のキャラクターをあたかも俳優のように扱い、異なる作品中に様々な役柄で登場させるような表現スタイルのことです。例えば、黒ずくめの顔につぎはぎのある一部、前髪が白い男が、とある作品内では主人公の天才的無免許外科医を演じ、その他の作品では、端役をやっているというようなマンガの描きかたです。
キャラの描きわけができひんで、単に、描き慣れたキャラ、描いてまうだけなんちゃうんとか、思ってしまいますし、それ以上に、私は、他の作品でも黒ずくめの顔につぎはぎのある一部、前髪が白い男は、端役であっても、天才的無免許外科医であって欲しいと思ってしまうのです。その方が、何故ここにその天才的無免許外科医がいたのかとか、ああ、あの作品とこの作品は同一世界に属する話なんだとかいろいろ考えることができて、私は楽しいです。ところで、某銀河鉄道の巨匠も、明言されてませんけど、スターシステムを使っておられるようにしか思えないのですが…。

あくまで、好みの問題です。私は、受け付けないらしい。しかし、その作品の良し悪しとは別の問題ですから。

さて、私にとっての一番の疑問点は、そのキャラを演じているそのキャラは誰なの?ということに集約されると思うのです。
えーっと。らき☆すたキャラで言いましょうか。高良みゆきさんがいます。みWikiさんと呼ばれるくらいの博識で、温厚で、でも、ドジっこキャラで、メガネっ子で…、歯医者が怖くて、水中で目があけられなくて……等々。ええっと、その「高良みゆき」を、あの「ピンク髪のキャラ」が演じている。じゃあ、あの「ピンク髪のキャラ」って何者なの?と私は思ってしまうわけなのです。私たちには演じ手としての「あのピンク髪のキャラ」の情報がまったく与えられていないわけで。誰だお前、何もんだお前、どういう考え方をしているのか……。
制作側と受け手の私の間に、考察不能なものが間に挟まってくる感覚が、なんだか私は苦手なのです。

とりあえず、なんだか私の思うところを書いておきたくなったので。



さて、こなたの「あつ〜。なんもやる気がしない」から電話をかけて「いく」というのがサブタイトルになった「やる気の問題」。

無茶苦茶、いろんなパロネタが仕込まれた今回の話。しかし、今回の話は、おそろしく原作の流れ通りに進行しましたし、これまでの中で最多の原作消費でした。第4話の視聴前に原作を読みながら、ここまでだろうなと私が予想した通りの箇所まで、きっちりと進みました。もっとも、一部どこかをカットするだろうと思っていたのですが、カットされた話はたった1話だけでした。1巻66ページの「本能的行動」という話だけがカットされました。これは、来週くらいにあると予想します(というか、予告中にあったがな…)。で、一連の話に付け加えられたのが3話。下の一覧表の中で下線がつけてある3話のみでした。特に、今回、必要であったとは思えない話でしたので、時間の都合でしょうか。まぁ、コンプ祭がらみの話をバイトを始めた理由だったねという形でつなげていたのは、まあ、よろしいとしましょう。

きっちり、アニメ1話につき、1ヶ月が進行していく展開になっています。

「昨日は、すっかり、狼少年扱いだったよ」との台詞はアニメオリジナル…というか、このことについて学校で触れる話は原作には、なかったです。台詞を「昨日は、すっかり狼少女扱い…」とすると、なんだか話が変わってくるか…。
狼少年:うそつき
狼少女:狼に育てられた少女

かがみの部屋にボン太くんのぬいぐるみがあったことより、本当に、かがみは「ふもっふ」好きという設定になっているのですね。

さらに思ったのが、「団長腕章」、そして「とぅーはぁー」と叫んだつかさのセーラー服を見たあとのかがみのつっこみ「姉妹そろって、コスプレさせるな!!」って、かがみ、どちらも元ネタをしっかり知ってるのね。じつは、かがみって、すごいのね。

あと、原作を読んで思ったことが、アニメでは改善されていたことは、私、正直、感動しました。
アニメ好き、ネトゲー好きのこなたですが、原作では、まったく、「実況スレ」だとか「感想ブログ」だとかには触れていないのです。まぁ、ほんの最近のことですからねぇ…こんなものをみんながするようになったのは……。しかし、まぁ、話中のこなたならば当然、やって、しかるべきこと。
いやぁ、きっちり、やってくれたことは、しかも、自爆ネタまで仕込んでくれたことは、感動ものでしたね。


し    か    し


体重が……と涙を流すかがみ、かわええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ。




最後になりますが、山本寛さま。楽しい作品を観させていただきまして、ありがとうございます。また、いつか山本さまの監督作品を観させていただける日を心待ちにしております。



第4話で消費された原作一覧(下線をつけてあるものは、他の巻から挿入された一連の流れ以外の話を示す)
Aパート
「とっさのやり取り」 (Vol.1, 049) 白石くんはもちろんアニメオリジナル 「しっかり者」 (Vol.1, 049) 「そういうことか」 (Vol.1, 050) 「イメージ」 (Vol.1, 050) 「長引きました」 (Vol.1, 051) ゲーム内でのパーティーの一人だけ取れない、および、うちが落ちたあと発言はオリジナル「からまれました」 (Vol.1, 051) タイ焼きを盗んだ云々および、晴子せんせいのうぐぅはオリジナル 「狼少女」 (Vol.1, 053) 原作「5月もええ感じで過ぎとるんやから」が、「梅雨もええ感じで過ぎとるんやから」に変更。のどで息する、鼻で息するはオリジナル。「やる気の問題」 (Vol.1, 054) 誕生会の設定はオリジナル。みゆきさんは原作では来ていない。プレゼント(団長腕章、とぅーはー)はオリジナル。「やっぱりつかさの作ったクッキーはおいしいねぇ」前までがオリジナル展開。 「気持ちはスパイス?」 (Vol.1, 054) ケーキも食べて行って、から、しんのすけまではオリジナル。「夏休みの過ごし方1」 (Vol.1, 055) 「夏休みの過ごし方2」 (Vol.1, 055) 「元気の素」 (Vol.1, 056) 「影響力」 (Vol.1, 056) 「違和感なし」 (Vol.1, 057) 「年中無休」 (Vol.1, 057)
原作15話消費。
Bパート。
「焦燥時衝動」 (Vol.1, 059) 「ピンチ時衝動」 (Vol.1, 060) ハルヒは当然、オリジナル。「何故か焦っていると特に」 (Vol.1, 060) 「影響」 (Vol.1, 061) 「防御不可」 (Vol.1, 061) 「出来ません」 (Vol.1, 062) 「なうようになる」 (Vol.1, 062) 「みんな頑張れ」 (Vol.1, 063) 「愛のエプロン」 (Vol.1, 063) 「完璧な女」 (Vol.1, 065) 「わっしょい」 (Vol.1, 058) コンプ祭のネタ 「意識」 (Vol.3, 081) かがみが寝つきが悪いので本を読むネタ 「わけ」 (Vol.3, 103) 電車内、携帯通話禁止のネタ  「さようなら」 (Vol.1, 066) 蟹扇子はオリジナル。「こんにちわ」 (Vol.1, 067) 川柳はオリジナル「生物学上」 (Vol.1, 067) 原作16話消費。
第4話で原作、31話消費。

参考までに
らっきー☆ちゃんねる、170秒
第1話、140秒
第2話、210秒
第3話、136秒


と こ ろ で、放送後、25分でよくこんだけの分量が書けたなぁ…というつっこみはなしにしてくださいね…。
| 丈・獅子丸 | らき☆すた | permalink | comments(1) | trackbacks(13)

この記事に対するコメント

こんばんは、yukitaです。
もうすぐ、5話ですね。

かがみについてですが、こなたは誕生日に『kanon』グッズを
プレゼントすれば良かったのになぁ、と思いました。
かがみの普段の髪型は真琴に似ているし、三つ編みにすれば、
名雪か秋子さんにソックリです。
そうすれば、こなたも『カガミン萌え』と言えたのに。
でもそれは、こなたには『敗北』なのかも知れません。
もしかすると、こなたの『本命』は、かがみなのかも?
でもそれを、本人には言えない・・・とか考えてみました。

4話の感想、何とか完成しました。
山本監督の件は、静観しようと思います。今は5話を、思い切り楽しもうと思います。(でも、帰ってきて欲しいなぁ・・・。)
yukita | 2007/05/08 10:42 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
ここの管理人は今まで、とても多くのアニメを見てきました。 しかし、きょう僕は驚きました。 こんなアニメ(いろんな意味で)見たことがねぇっ! あと 平野さん、声可愛すぎ&上手すぎ!
らき☆すた第4話「やる気の問題」 | ぐだぐで日記 | 2007/05/02 1:05 AM
 う〜。ううううう〜〜。  …お腹イタイ。  どうしたってんだ。変なモン食ったか。仮眠中にお腹冷やしたか。それともウィルスに感染したか。あ〜う〜、どれも微妙に心当たりがあって、逆にどれも決定打に欠
らき☆すた 第4話「やる気の問題」 | Old Dancer's BLOG | 2007/05/02 1:14 AM
なぜか一瞬だけ写った「らき☆すた」らしくない『絵』。何処となくリアルチックなこの絵が、なぜここに挿入されたのか。その辺を軸にです。 今回の話、『やる気の問題』。 タイトルどおり、『やる気の問題』な話題
やる気の問題 OP、不思議と慣れると何も感じなくなる(笑) <b>「寝てませんよ?」</b> いきなりの白石君の出番w今後もこんな感じのちょい役で行くのかな?? <b>「忘れ物」</b> 全教科置き勉、、あったなぁ。テスト期間になる
アニメ感想 〜らき☆すた 第4話〜 | 紅日記〜ベニッキ〜 | 2007/05/02 10:38 AM
今回の話は前回よりテンポが良く感じられた。特にパロやネタが個人的に前回より 自然だったのがよかった。パロネタは話の中のイメージからいきなり出てきて露骨 だったんだよなぁ。今回のパロ&ネタは日常的な流れから出てくる、オタク的に は自然のパロ&ネタだった
らき☆すた 5話 「やる気の問題」 | ツンデレ100% | 2007/05/02 11:53 AM
 さて、4話です。本編はもうこの調子でがんばってください。小ネタはあいかわらず。ハルヒネタやらいろいろ。 このアニメ感想書きにくいのって、登場人物がこっちがわなんですよね。自己言及というか、ある意味...
らき☆すた 第四話 あと、監督交代の話とか | Note-Book(感想日記) | 2007/05/02 2:13 PM
 「セーラー服と機関銃」も「時をかける少女」も角川映画以外の何モノでもない訳ですが、歌の方はピーちゃんでも長澤某でもなく、来生たかおのセルフカバーVer.以外の何モノでもない訳ですよ、ええ。  どうして「セー
ゆめのとちゅう(せーらーふくと(ry らき☆すた4話(5/2追記有) | 【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式 | 2007/05/02 7:24 PM
らき☆すた   現時点での評価:3.5〜   []   チバテレビ : 04/08 24:00〜    サンテレビ : 04/10 24:00〜   テレビ埼玉 : 04/08 25:30〜    東北放送 : 04/10 26:00〜   RKK熊本放送 : 04/08 26:20〜  東京MXテレビ : 04/11 25:30〜   
らき☆すた 第04話 「やる気の問題」 | アニメって本当に面白いですね。 | 2007/05/03 1:46 AM
らき☆すた 1 限定版 期末試験が間近だと言うのに、相変わらず勉強に集中できないこなた。今日も、やると言いつつ漫画にハルヒと、すっかりオタクライフを満喫してしまうこなたであった・・・。
(アニメ感想) らき☆すた 第4話 「やる気の問題」 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2007/05/03 3:39 AM
『夢の途中』ではなくて『セーラー服と機関銃』。 カドカワだから確かにアリだわな。てか、「こないだ一緒にテレビ見てたでしょ?」って、絶対意図は違いますよねぇ! なんかもう、突っ込むのがだるいからもう突っ込まなくて
らき☆すた第4話「やる気の問題」 | みすぼらしいぶろぐ | 2007/05/04 10:01 AM
こなたの場合、やる気の方向が問題ってことでしょ? ネトゲ廃人すぎで病欠でも信じてもらえないし(^^; つかさ&かがみ誕生日と、テスト勉強(しない)ネタです。
らき☆すた 第4話「やる気の問題」 | SERA@らくblog | 2007/05/05 10:13 PM
こんばんは、たこーすけです。 「らき☆すた」第4話を視聴しましたので、その感想を書きたいと思います。 原作は単行本第1巻から第4巻まで既読です。 以下、「らき☆すた」第4話までの内容、ネタバレを含みます。未見の方は御注意下さい。また、アニメ「涼宮
らき☆すた 第4話 「やる気の問題」 | たこーすけの、ちょろっと感想 | 2007/05/07 9:09 PM
なぜ監督が変わったのかと言うことも思いながらスタート!! まぁ京アニ系のパロディの多さが目立ちました。 こなたが、遅刻する。 理由は、朝までネトゲーやっていて解散するのに時間がかかったから。 またこなたが、遅刻する。 理由は、<font color=red&g
らき☆すた 第4話「やる気の問題」 | かいちょ〜せつけんの日々の日記 | 2007/05/17 2:06 AM