丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< あぁ 未来が視える。。。。 | main | ぱわーというものは、どうやって出すもんだったかいのぉ >>

ゆるキャン△

昨日、「ゆるキャン△」のドラマ化が発表されましたな。いやまぁ、どんなドラマになるんでしょうねぇ。

 

私、「咲」だとか「賭ケグルイ」だとかの、私がひそかに『コスプレドラマ』と呼んでいるドラマ、大好きなんですけどね。原作をドラマにしたんじゃなくって、『アニメ』をドラマにしたってやつが。

俳優さんが声優さんの演技準拠で演技をしてくださるという。

そういう意味では、NHKでやってた「昭和元禄落語心中」も『コスプレドラマ』だったわな。

岡田将生さんが、石田彰さんの演技してたもん。

まぁ、突拍子もない髪の毛の色とかはしてませんし、おっぱいもアニメやコミックほども大きくないですけれども。

 

でもまぁ、今回、テレ東制作なので、『コスプレドラマ』にはならないんじゃないかなぁと思いますけれど。

……「こんなけしからんおっぱいは、なでしこのおっぱいじゃないっ!」みたいな意見も出てましたけれど。

 

 

 

そんなニュースを受けて、昨日からアニメの「ゆるキャン△」を見直してるんですけれどね……

 

 

 

もう、素晴らしいとしか言えませんわ。このアニメ。

 

 

3話のアバンのアニメオリジナル箇所なんて、今、酔ぱらってるからなんでしょうけれど、涙ながしながら拍手してますよ。

ぶらぼーっ!

 

 

如何にアニメ「ゆるキャン△」が凄かったかという話を書きたい書きたいとずっと思ってたんですけれど、書く根性がなかったせいで、ずっと書けてなかったのですけれど、ぜひこの機会に書いておきたいと思い、酔っ払いながらですけれど書いてみようかと。

 

 

 

アニメを観て、原作を読んで、「こんな風なアニメの、こんな風なアニメ化する際の監督のオリジナリティの出し方ってのがあったのか」と愕然としました。

監督の京極義昭さんの才能を感じましたわ。

 

 

「声」と「音楽」

 

 

ナレーションに大塚明夫さんをもってきたことが、すべて。

これが、全て持って行った。

 

放送当時、まだ未放送だった「秘密結社ブランケット」というナレーションが、原作読んだときに「大塚明夫ボイス」で再生されましたもん。

原作読んでも、頭の中で「劇伴」が流れますもん。

原作読んでも、アニメの印象で全てが上書きされるレベルです。

 

 

おまけに、アニメオリジナルで加えられた箇所、アニメで改変された箇所は完全に原作を理解したからこそできるレベルの改変で。

例えば、先に述べた3話アバンのアニメオリジナルは、2話終盤、3話始まりを別視点で描いたもの。

あと、アニメでの改変ですぐに思いつくのが、主人公?なでしこの非常識な行動を常識ある行動に改めたものという感じで、世界観を壊すことなく、すんなりと受け入れられるようなものでして。

 

 

 

 

ここまで、原作の世界観を尊重しながら、監督の自己主張を出したアニメって、私、観たことなかったです。

 

 

 

あと、配分も凄かった。

半分まで観たあたりでは、「このままではアニメ12話では終わらんのじゃないか?」と真剣に心配するレベル。

ところがどっこい、日常パートはやたらめったらハイペースで進め、重要なところできっちりと時間を費やし、12話できっちりと落ち着ける箇所まで進めるという。。。

ほんと放送当時は、13話までで、13話は1時間ないと終わらんのじゃないか?と思ってたもんですよ。

 

なもので、原作のあるアニメの出来という話に限定しますと私としては、史上最高レベルの点数をあげて良いかと思う作品に仕上がっています。

…………絵的には、少々、残念な回も……多数あるような気がしますけれど……………ざんねん………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話としては、『ヤマノススメ』の方が良い話で、結構、私は泣けると思うのですけれどね。

 

 

 

 

でもまぁ、「ゆるキャン△」アニメが素晴らしいことには違いありません。

 

 

 

| 丈・獅子丸 | アニメ・コミック・ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/5513
この記事に対するトラックバック