丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 週刊少年マガジン16号「スクールランブル」を読んで、えっ?なんだか理解できないんですけど… | main | 近況という「今日のできごと」 >>

「フルメタル・パニック!つどうメイク・マイ・デイ」を読んだ

初めての、反転しまくり記事だったけど、反転解除済み。



ネタばれしかありませんので、未読の方、ご注意下さい。





うぉぉぉぉぉぉ、燃えるぜぇぇぇぇぇ。



まず、アルが<report situations>と答え、それを見たレイスが「いや。こいつの主人、そっくりなのでな」と言ったプロローグから、もう、目頭が熱くなりかけ。



そんでもって、遂にクルーゾーが1対1(?)でラムダ・ドライバ搭載のコダールを撃破。いやぁ、燃える燃える。



アルと同じく「状況を」と言って目覚めた宋介に感動し。



で、裏切り者の正体は書かないが、ええええええええええええええええええええとなり。



『クルーゾーが少し躊躇してから、こう告げた。「ゲームやアニメにたとえれば、そいつを倒せば話が完結するようなボスキャラがいないということだ」』などと言うアニヲタのクルーゾーが、いいし。



そして、そして、遂に宋介の元にやってくることができた、アル。新型機ARX-8、レーバテインとなって。うおおおおお、燃えるぜえええええ。



かつての「ガルディーン」を思い出させる程、ギャグの修行をつんできたとしか思えないアルであったが、コダール3機とベヘモス3機という凶悪な組み合わせに立ち向かう際のアルと宋介のやりとりは、TSR最終話の香港の状況を思い出させるものがあった。感動ものである。あのカタルシスである。映像で見てええええええええええええええええ。



戦闘終了後の、アルと宋介のやりとりに爆笑。声、出して笑ってしまったよ。



 



いやあ、この何巻かの鬱展開を一気に払拭してくれる燃える展開で……ああああ、アニメで見てええええええ。



 



追記:読み違えてた部分があったので、ちょっと一部を修正。


| 丈・獅子丸 | フルメタル・パニック! | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

次回には”歌って、踊れて、ベタも塗れる” 機動兵器もといASに進化しているわけですな。 ということは「・・・精密作業にも・・・」というの は、ベタ塗り?
toku | 2007/03/27 12:20 AM
うん。 歌は、歌えるだろうし…。以前、宋介に止められたけど。 で、通常のM9でもタンゴは踊れるから、当然、レーバテインも踊れるだろうし…。 あとは、そうすると「精密作業」=「ベタ塗り」か!!
丈・獅子丸 | 2007/03/27 10:18 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/531
この記事に対するトラックバック