丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 特報って | main | Kanon 最終話 夢の果ての追複曲 >>

特報関連の追記

特報で、真夜中にコアなひとたちに叫び声をあげさせた、京アニのCLANNAD制作発表。



 



いまだにKanon最終話の感想を書けずにいる自分がいる。…だって、最終話の観直しをすると確実に、特報をまた、繰り返し観てしまっているんで、素直な感想が書けないんだもん。



で、いくつか情報をあげておくと、



うわさの段階では、2008年1月からとの話が濃厚だったらしい。



しかし、BS-iのウェブ上で一瞬だけ、10月放送予定として上がって、すぐ削除されたらしい。



eg の記事によると2007年放送予定となっている。本当か?じゃあ、ハルヒはどうなる?やらんのか?それともオトナの事情で、CLANNADが前倒しになったのか?それともハルヒは山本寛さんにまかせるのか?本当に京アニが2本、並行制作できる体制がととのったのか?しかし、京アニ2本となると、感想記事を週に2本、あげにゃならんので、体力的につらいぞ。



(追記:egの記事も、放送予定未定に変更になりました。)



で、KanonDVD全巻購入特典が天使のマスコットだけじゃなく、CLANNAD invitationなるDVDが付加するとのこと。ソースはここ。これは、これまでのPrelude に相当するようなもんか?それを販売せずにKanonの全巻購入特典にするあたりになんだかとっても、オトナの事情を感じさせられるのであるのだが…。



(追記:BS-i のCLANNADのページでも全巻購入特典のお知らせが発表になりました。)



本当に期待してたよりもKanonのDVDの売れ行きが悪かったんだなと…。や…ハルヒがあまりにも大爆裂してしまって…。うーん。あと、AIRのBlu-rayが出たのもKanonDVD購入者層のBlu-ray待ちを生み出したのかもしれんが。



そうすると、KanonのDVDが完結するのは8月始め。全巻購入特典の発送が9月頭とすると……たしかに、10月スタートあたりが妥当な線かもしれん。映画と正面衝突させることで、また、さらなる宣伝効果でも求めたのかなぁ。



(追記 日程関係については、TBしていただいておりますOld Dancer's Blog てりぃさんの考察の方が正しそうですね。10月スタートだと、ちょっと、窮屈。)



オトナの事情でクオリティが下がるなんてことは全く心配しなくてよいと信じたいのですが、それでも心配せずにはいられない自分がおります。や、ひょっとしたらそのオトナの事情でCLANNADが早く観られるようになったのかもしれませんが…。



 



 



うううう、早くKanon最終話の感想、書かなきゃ…。




| | CLANNAD | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

DVDを買わずに BD版を待ち続けている自分が居る… ずっと待っている…
放浪者 | 2007/03/23 2:08 AM
どうも、放浪者さま。 まぁ、BD待ちは当然かもしれませんよねぇ。見れる環境にある方は。 噂レベルの聞いた話ですが、Kanonは初動が14000枚だそうで、AIRの20000枚には及ばなかったそうで。 そんで、2008年度のCLANNADの企画が危うかったらしいです。誰が言い出したのかわかりませんが、CLANNAD invitation をKanonの全巻購入特典にすることにより、売り上げのかさ上げをはかることにより、無理矢理、企画を通したんじゃないかと推察されます。それで、若干、時期も早まった可能性があります。それで、ハルヒが流れた可能性も…。
丈・獅子丸 | 2007/03/24 12:34 AM
BDディスクボックスが出た暁には 予約特典は「1/1天使の人形」で! ちなみにCLANNADも当然ながら BD待ちします。 あ〜待ち遠しいな5.1にしなくてもいいから 早く出してほしいな〜
放浪者 | 2007/03/27 5:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/525
この記事に対するトラックバック