丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 艦これ冬イベE-3ゲージ2本目削り | main | 確かに日進の中のひとは六花の中のひとだわ >>

艦これ2019冬イベE-3甲ゲージ2本目クリア!!!

やったやった。

はぁ、クリアクリア!!!

 

 

 

空母機動部隊編成の脳筋艦隊で殴り倒しました。

 

 

第一艦隊、大和、武蔵、装空3、インピ

インピは艦戦キャリアに。数の暴力で制空値を稼ぐ。

その他は艦攻艦爆艦戦2のカットイン装備。一回ごとに熟練度の付け直ししてました。

ダイソンマスで空母1軽空2のパターンを引くと村田殿がよくお亡くなりになりました。

長門だと空母機動部隊との相性は最高だったのでしょう。ながもんタッチでさらに楽んなった可能性がありますねぇ。

でも私ゃ、長門E-2で使っちゃったんで。

いろいろと弄って、空母機動部隊でネルソンタッチを出せないかとやってみたんですが……中途半端は良くないです。この空母機動部隊の良いところを削っていく感じになったので。

 

第二艦隊、磯風、妙高姉さん、嵐、阿武隈、ハイパーズ

磯風、妙高姉さん、北上さんが魚雷カットイン装備で。

5連装酸素魚雷の改修を全然やってなかったので、大慌てで改修。とりあえず4本用意しました。イベント期間中の戦時改修ってのを初めてやった気がしますな。

阿武隈は、先制爆雷&先制雷撃装備で。糞ガキのとどめ用。少なくとも最低でも糞ガキを中破状態までは追い込めてましたので、閉幕雷撃の恐怖と戦うことはなかったのも良いところ。

 

 

 

この脳筋空母機動部隊の利点は

制空値に余裕があるため、基地航空隊一部隊を東海部隊として潜水ようじょこと糞ガキに回せること。

しかもZZを通過しないため、Cマスに全力で出せます。

随伴2隻のときは、糞ガキ撃破までできます。

ほんとに糞ガキでイライラしないのが良い。最大の利点です。

 

 

そして全力の道中砲撃支援と3本の先制雷撃で、Jマスは余裕でクリア。

 

問題となるのは、Wマスのダイソンですが……

先制雷撃3本と全力の道中砲撃支援、そして空母の有り余る航空火力で、そこまで事故ることはない感じ。3回に1回くらいダイソンが女神で保護していない空母を殺ってしまうので撤退になる感じ。

 

ある意味、ストレスなく全力で攻略を進めることができました。

ZZマス通過編成のストレスフルな感じとは、全く違います。

一旦、ZZマスを通過しないと決めてしまえば、もう、怖いものなんかない感じ。

 

ボスマス到達時のようすですが

第一艦隊瑞鶴中破、第二艦隊旗艦磯風大破、大井中破。磯風大破の時点で帰ろうかと思いましたが、まだ、妙高姉さん、北上さんが生きているのでワンチャンあると進撃。

 

開幕シーケンス終了時は

まぁ、そこそこ削ってくれた感じでした。ダイソン1隻撃破してくれたのはありがたいところです。

戦闘形態は同航戦。良い感じです。T字有利とかだと、逆にこっちがボコボコにされることが多いように思うのですが……。

 

さて昼戦終了時……というか夜戦開始時が

残すは、小破のボスと中破のダイソンの2隻。よく削ってくれました。

第二艦隊の状態は、開幕から変化なし。妙高姉さんと北上さんは無事。

さて友軍艦隊ですが…

無傷の状態の方のコミケ帰り部隊

 

結果

ダイソンを屠ってくれました。

 

そして妙高姉さんのカットイン

北上さんのカットイン

と決まり

撃破!撃破!!撃破!!!

 

 

甲勲章と

 

おじゃる丸ゲット。

 

 

昨日あたりから、E-3ラスダンは空母機動部隊が良いという噂が流れてきてたんですけれど、人によって何をストレスと感じるかが違うので一概に言えないのですが、私は空母機動部隊の方がストレスが少なかったですね。

 

さて、堀りの2隻が来てませんのでねぇ……これから掘りになるのですが……今日はもうおしまいということで。

 

 

| 丈・獅子丸 | アニメ・コミック・ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/5132
この記事に対するトラックバック