丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 寝る | main | だめだぁ  >>

「仕事の量はちょうどよい」=「やりがいを見いだせていない」なのか???

立て続けに2回、ストレスチェックを受けるというそんな真似をする羽目に陥って、ふと気がついた。

 

 

「仕事の量はちょうどよい」=「やりがいを見いだせていない」なのか???

 

 

今年も「自分の能力を仕事に活かせている」みたいなののスコアが最低値だった私です。

しかも2連続で。

 

他の要因もあるのでしょうけれど、思い当たるのは、「仕事の量がちょうどよい」にたいして「その通り」と答えたことくらい。

 

 

それってどうなのさ。

私、「仕事の量がちょうどよい」と思えるようにするために、どれだけ苦労と努力を積み重ね続けてきているか。

自分自身の動きすべてを無駄のないように整理に整理を重ね、平行作業できるところは全て平行化して、ようやく、勤務時間内に終わらせられるように仕上げてきたのですよ。

そうして、たどり着いた地点が「仕事の量はちょうどよい」です。

ちょっとでも、イレギュラーが発生すると時間はみ出してしまいます。。。。

実験の密度という観点で現在の状況を見てみますと、私、自分の人生の中で最も高密度で実験している日々ですよ。

実験をし続けて、うん十年の私がですよ。

これまでの状況でしたら、長時間化する方向に進んでましたから。「勤務時間内に全てを終わらせる」この一点のみのために、すべて段取りを組んで実験し続けてますよ。

 

そんな状況で「仕事の量はちょうどよい」=「やりがいを見いだせていない」と言われると、ちょっとムカつく。

「終わらない仕事量」ほど「やりがいがある」的な捉え方を未だしているのでしょうか???

よーわからん。

 

いや、もちろん、「仕事の量はちょうどよい」=「やりがいを見いだせていない」というのは、本当かどうかはわかりませんし、私の思い込みだけなのかもしれませんが。。。

 

 

 

| 丈・獅子丸 | 日記など | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/5088
この記事に対するトラックバック