丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 艦これ 初秋イベE-4甲クリア | main | 艦これ 初秋イベE-5甲 ゲージ2本目クリア >>

艦これ 初秋イベE-5甲 ゲージ1本目クリア

ストレートクリア。

夜戦までもつれ込んだのは、ラスダンの1回のみという編成。

 

 

ちょいと解説

オクチャブリスカヤ・レボリューツィア、リシュリュー、アイオワはダブリの2番艦を使用しています。

ウォースパイト、アーク・ロイヤル、アクイラ、ジャービス、サミュはダブリが無いので1番艦です。

欧州艦6隻以上で、戦2空母4・軽1駆2軽空1戦2の超重量編成でもCADEJの最短ルート固定可能ってのは本当ですな。

欧州艦には、露艦も含むみたいです。

サミュは先制対潜のためだけに入れましたが…ここのルート固定に米国艦を含むのかどうかについてはわからないところです。

が、まぁともかく、この編成では最短ルート固定できました。

 

 

この編成ですと、ラスダン以外は昼戦ですべて片が付きました。

Cマスの潜水艦も、先制対潜3隻で全くダメージをくらいませんでしたので、基地航空隊は「戦1攻3」の2部隊をボスマス集中、防空1部隊という編成で十分でした。

支援は道中も決戦もなし。

 

 

ラスダン時は

阿武隈3番艦のカットインがケツに刺さりまして、撃破となりました。

 

 

 

先駆者のみなさまの情報のおかげでございます。

圧倒的火力で蹂躙していく様は、今回のイベでもっとも心地よい海域でした。

 

 

さて、次は最難関の第2ゲージですか。がんばりましょうか。

 

 

 

 

| 丈・獅子丸 | アニメ・コミック・ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/5003
この記事に対するトラックバック