丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< きのうはねぇ | main | 艦これ 初秋イベE-5甲 ゲージ1本目クリア >>

艦これ 初秋イベE-4甲クリア

昨日、酒を飲みながらやってたので記事を書き損なっていたので、まとめて。

 

結構、ここも辛かったなぁ。ホント。

 

輸送ゲージ

流石に、もう浜風を第一艦隊旗艦にする余裕がありませんでした。

ちまちまとA勝利で輸送量を確保しつつ、ゲージ破壊。

 

で、多分、ルート延長のSポイントの攻略編成かな?

結構酔っ払ってましたから、Bepだとか、Zara、Polaをここで突っ込んでしまいました。

Sポイント攻略あたりまで昨日の夜、酔っぱらいながらやってしまいました。。。。

今日の昼頃あたりに、初めてこの先のE-5のルート固定にイタリアも必要との情報を目にして………ああ、やってもうた……と。

残ったイタ艦は、何の役にも立たないAquila、あまり育っていないLibeccio、そしてこのE-4報酬の現在レベル1のMaestrale。。。。どうしよう????

あ。攻略中にLittorioがドロップしたから、急遽、育てて投入する?うーん???

 

さて、ボスゲージ削りの編成が

潜水艦6隻

警戒陣、道中支援で削っていきました。

うちのスク水部隊は優秀ですから。

集積地、13が燃やしまくりで楽しかったっす。

平均、2回に1回程度でボスマスまで到達、だいたいボスを中破くらいまで毎回追い込んでました。

 

で、ラスダン

戦艦2、空母1、軽巡1、駆逐2(うち大発搭載可能艦1)の編成。

この編成で、最短ルート固定。

 

ボスマス到達時のうちの様子

葛城中破、イタリア小破。

 

開幕シーケンス終了時

結構殺ってます。敵第一第二艦隊はそれぞれ二隻ずつです。PT小鬼群も見えにくいですけど、殺ってます。

 

夜戦突入時

ボス大破、集積地混乱状態を残すのみ。

 

やってきた友軍艦隊は

ゴトランド率いる欧州水雷戦隊。別名、公式ネタバレ艦隊。

ゴトランドぉぉぉぉぉぉぉ。結局、攻略中にドロップしなかったよ。。。。

あーつらい。ここで、掘りをするの。あーつらい。。。。

 

この友軍艦隊の中に、この時点で私が持っていない艦が二隻あります。

しかしまぁ、この面子ですと、集積地かボスか、どちらかを落としてくれるんじゃないかとの期待があったのですよ。

装備的には集積地は殺れる装備を持っている。ボスもきちんと仕事をしてくれれば落とせそうな感じ。

どっちかにとどめをさしてくれぃと思いました。

 

友軍が帰っていった後のようすがこちら。

流石にどちらかを落としてくれるまでは行きませんでした。

まぁ、友軍艦隊にラスダンのボス撃破をされるってのも、美味しいっちゃ美味しいのでそれでも良かったんですけどね。

 

この状況での私の脳内シナリオは、

 

由良、初月がボスを削る。

Bepが集積地を燃やす。

残ったローマの連撃がボスに刺さってのS勝利!

 

だったのですが、

由良、ボスにミス!

初月、ボスにミス!

Bep、ボスを狙う! 何すんねん!!! カスダメ!!!

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

これは絶対、ローマは集積地狙うパターンだ。絶対、集積地狙って落としそこねるパターンだ。。。。。

と、覚悟した瞬間

ローマの連撃がボスに決まりました。

 

ああ。辛かった。辛かった。

 

 

報酬のマエストラーレ

 

そして海域クリア画面

由良さんです。

 

 

さて次はE-5。

なのですが………さっぱり理解できん。

甲クリアが不可能になる即詰みの編成ミスがあるみたいですし。

 

うちの戦力をどう当てはめるのかをじっくりと考えにゃいけませんな。

 

 

| 丈・獅子丸 | アニメ・コミック・ゲーム | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/5002
この記事に対するトラックバック