丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 新記録 | main | CLANNAD クラナド >>

トンカツうどん

トンカツうどんというものがある。



というか、これがメニューとして食べられるお店を私は、知らない。通常は、うどん屋さんのトンカツ定食(うどん付き)のトンカツをうどんの上にのせて食べる。



これが、結構、おいしいのである。



………信じてないな……。



かつ丼というメニューがあるのは、知っておろう。トンカツをしょう油出汁とともに煮て、卵とじにしてご飯の上にのせたメニューである。トンカツとしょう油、出汁の取り合わせに違和感は、なかろう。トンカツとしょう油、出汁はよく合うのじゃ。



また、うどんには天かすをのせるというのは、よくあること。うどんだしに油が混ざると非常に旨味感が増すのである。天かすの代わりに、かつの衣が入っていても違和感なかろう。



天麩羅うどんというものがあるのだから、カツがのっていても不思議なかろう?



また、立ち食いうどん屋には、コロッケうどんなるものもある(私は、これはあまりうまいとは思わないんだが。ねっとり系のものをうどんの上にのせるのはどうかと思うんだが…)。



よって、トンカツうどんは、別に違和感ないはずである。……これまで、あまり一般的でないだけで。



実際に作ってみるとこうなる。



Udon



 



 



 



 



 



 



さすがに、キャベツまでのせると別の食べ物になるので、キャベツは付け合せ。で、これをやるには、トンカツはロースカツです。ヒレでは、油分が少ないのでだしに旨味があまり加わらない。普通に七味を、ぱっぱぁっと振って、頂く。



トンカツの衣にうどんだしがしみこみ、じゅわわぁっとなる。カツの一切れをとり、噛みしめると………だしによって暖め融かされたロースの油が口の中にじゃわわぁっと広がる。そこでうどんをずずーーーーっとすすりこむ。適度な油分と交じり合ったうどんの風味が口に広がる。



ウマー。



ちょっとネギを多めにいれるのが、ポイント。



ネギの風味としゃきしゃき感が、多少、ひつこくなりがちな味覚をすっきりとさせてくれる。



ウマー。



 



まぁ、元々は、だいぶん前の「クッキングパパ」でソバのバージョンを見たもんなんだが。



田中が夢子さんに結婚申し込む、少し前くらいの話だったと思うので、いったい、何年前の話なんだろう???


| | 食・レシピ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/420
この記事に対するトラックバック