丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< ようやく | main | 先週、金曜日のこと >>

甲種 危険物取扱者試験

今日、受けてきた。



試験会場は、かつて、簿記二級を受けたのとおんなじところ。会場は、結構、高校生なんぞが制服着てうろうろしているような状況。多分、乙4を受けに来てるんだろうなぁと思う。甲種の試験教室に入ると、周囲の雰囲気とぐっと変わって、アダルトな雰囲気。まぁ、基本的には、大学化学系の学科卒が受検資格だからだもんなぁ…。



第一印象は、「むずいじゃねーか、これ。」



すべての分野において、市販の問題集より、問題のレベルが上。



法令なんて、ありゃ、立派な法律系の試験だよ…。



んでもって、危険物の性質は、教科書、問題集等で見たことの無い化合物の性質を聞いてきたよ…。ギ酸メチル?いや、まぁ、構造式はもちろん、わかる。思わず、構造式を問題余白に書いてしまう。……おそらく、常温で液体であろうことも想像はつく。そして、きっと、揮発性が高くて、妙なにおいもあるんだろうなぁとも思う。でも、そんなもん、触ったことも、見たこともねえのに、沸点とか、性質なんてシラネーヨ…。と思ったら、選択肢の中に「加水分解するとギ酸とメチルアルコールになる」だって。ラッキー。



……そんなこんなで、一時間で解答が終わってしまった。問題も持ち帰り不可だし、問題を写し取るようなもんもないし(なんと、今回かららしいが、受験票ですら、かばんにしまわさせられたのであった)で、さっさと退場したのでありました。



発表11月8日だそうで。まぁ、とらにゃならんところは、とったと思うのだが…、受かっているといいなぁ。






| | 甲種危険物取扱者試験 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/393
この記事に対するトラックバック