丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 14年 週刊少年マガジン10号「君のいる町」第259話「花びら 桜」 | main | あれっ? >>

14年 週刊少年マガジン11号「君のいる町」最終話「桜の咲く頃」

本誌あらすじ「東京にて再会を果たした青大と柚希。山あり谷ありと色々ありましたが、いよいよ結婚式」

結婚式。

そして、いきなり二人の子供が大きくなった頃にとんで。
桐島食堂開店前に、仲間たちと、そして、親友(笑)のヘルメットと一緒に女子ソフト代表のエースとして試合をしている明日香の試合観戦をするのでありました。



…………。
えーっと。。。
なんで会社辞めたん?
就職のときに、ツテだとかコネだとかは頼らないだとかなんとか、主人公、言ってたような気が。
なのに”割烹天城”で一年修行したとか。それ、ツテだとかコネだとかじゃないんですか?
主人公にとって、食堂を開くとかいうのは諦めたんじゃなかったんすか?それをなんで今更。
よーわからん。
心の動きがまったくわからんっ。
ま、一応、伏線(笑)の回収を行ったってわけですか。



兎にも角にも、なにやらこのお話は完結を迎えたようです。
私の一方的な深読みで、めちゃくちゃ勝手に感動したこともありましたが、単なる作者の思いつきであったことが発覚し、登場人物すべての感情が見えなくなって以降、あおり・柱書保管庫としての機能しかありませんが、うちのこの一連の記事もようやく完結ということで。
5年半ですか。。。。
やるもんじゃありませんね。ほんと。



以下、新連載の「風夏」の一話を読んで、思ったことの書き連ね。
涼風と大和の娘、確定ですか。
制服を見るに、妊娠させたおかげで大学の推薦がぱぁになった両親の高校ですね。
15年前、前途有望な女子陸上選手を妊娠させて推薦をぱぁにさせたおバカを一流の陸上選手としてしか見ていないバカ陸上部員に呆れます。涼風のことも素晴しい選手と知っているにもかかわらず。
で、母親ゆずりの凶暴系のヒロインですか。。。もう流行ってないような気がするんですけれど。
ヒロインの名前をタイトルにするということについて、作者は恐怖を感じないのでしょうか。涼風の時の惨劇を思い出さないのでしょうか。タイトルヒロインが何週にもわたって出てこないなんてことは、二度目は有り得ないと思うんですけどね。
ということで、あと5年くらいたって、アニメ化されたら、のほほんと「ありえねええええええええええええええ」とか言いながら見ることにしますわ。
ということで、「さようなら、少年マガジン」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

お久しぶりです。覚えていらっしゃいますでしょうか?君町感想ブログ書いていた頃にコメントさせていただきました、野暮天です。
感想止めて以降も時々拝見させていただいておりましたが・・丈獅子丸さんも五年半もの長き間、本当お疲れ様でしたw

・・なんとまあ。
しっかし最後まで強引に再会、結婚、退職、修行?霧島食堂と・・読者無視でしたなあ。
理解にあふれ、幸せそうな二人を取り巻くすべての作中の人たち。
ふう、ハルトのアホさも大概ですが・・ユズキと知り合ってからのこの物語を冷静に見ますと・・ユズキがどう考えてもサゲマンにしか思えないわけで。パラパラッと流して、私も読者終了。
マガジンと作者、どっちがべったりなんでしょう。連載終了同時新連載か。読者からすれば、登場人物もコンセプトも読みきり感覚なんですがねえ・・マガジン、恋愛ものは増えているんですがねえ・・。
人のブログで長々と失礼しました。
最後の感想すらも気持ちが乗りませんでした。

丈獅子丸さん、お元気でwww






野暮天 | 2014/02/13 9:42 PM
ブログのLINKはもうはずしてくださいな。

お付き合いいただいてありがとうございました。
野暮天 | 2014/02/13 9:47 PM
野暮天さん

お久しぶりでございます。

本当に「焼き畑」のような感じでしたね。
応援していた人間をすべて焼き払い、新規の方だけを対象にし、またその新規も焼き払って……。
こんな状態だから日本の出版業界も衰退していくはずかと。

野暮天さんも、お元気で。
突っ込みを入れながらも、作品を楽しく語りあえた頃は本当に楽しかったです。
お付き合いいただきまして、本当にありがとうございました。

丈・獅子丸 | 2014/02/14 1:07 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/3541
この記事に対するトラックバック