丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 氷菓第10話「万人の死角」 | main | 氷菓第12話「限りなく積まれた例のあれ」 >>

氷菓第11話「愚者のエンドロール」

原作を読んだイメージでは、私の中では奉太郎は叫んでなかったんですよね。淡々と怒りを口にしているように思えたんです。もちろん、帰りがけにシャッターを殴るなんてこともしなかったと。
原作を確かめようと探したんですけど、どこに行ったんだろう???

ラストのえるとの会話は、原作だとチャットだったんですけれど。
私は、そのチャットで奉太郎は普段通りに落ち着いたんだと思ったんですけれど。

ですから、アニメ版での奉太郎の怒りの大きさに、最初、違和感を覚えたんですけれど、これが11.5話へつながる原作改変ということなんですよね。11.5話があったので、ホントに、スッと納得できました。

奉太郎の表情の変遷の描写が凄かった今回でございました。




あ。11.5話のついたコミックス版の予約してねぇ。今から尼に予約するべきか。それとも12日に、しかるべき場所を探しに行くべきか???たぶん、11日には並んでるんだろうなぁ。あそこならきっと置いてある……はず……。



zzzzz。。。。。


| 丈・獅子丸 | 古典部シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/3130
この記事に対するトラックバック