丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 氷菓第9話「古丘廃村殺人事件」 | main | 氷菓第11話「愚者のエンドロール」 >>

氷菓第10話「万人の死角」

今回の見るべき点は、Aパート冒頭の入須先輩と奉太郎との会話で、入須先輩の「君は特別よ」との言葉により、奉太郎視点で薔薇色になるところでしょうね。3話とかで特徴的に描かれてきた薔薇色空間。今回は薔薇色空間になっている時に3話のような振り子時計の振り子がハート形になっているとか、奉太郎の気持ちにシンクロして振り子時計の振り子が一瞬止まるとかいう演出はなかったですけれど。

この薔薇色空間が奉太郎に見えたということが、入須先輩の頼みを断らなかった理由なんでしょうけれどね。


この話から、里志のダークサイドが表に出始めましたよね。本当に根が深い里志のダークサイドが。


。。。。。。。。どーしよう。。。。



| 丈・獅子丸 | 古典部シリーズ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/3129
この記事に対するトラックバック