丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 特定したあああああ | main | 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」のチケットを購入 >>

12年 週刊少年マガジン32号「君のいる町」第189話「行動あるのみ!」を読んで…

あおり「青大&柚希&美友 ワクワク旅行は沖縄に大決定!!」
そうですか。沖縄ですか。個人的には、よくぬけしゃーしゃーと青大は行く気になったもんだと思いますな。

タイトルページ 痴漢冤罪事件をでっち上げた自分の夢のためなら他人にどんな迷惑をかけてもまったく平気という、しねばいいのにと思う女です。

あおり「All For DREAM!」ですと。

青大、柚希、美友の3人で沖縄旅行に行く事になったそうですが、金がない。
すると、痴漢冤罪事件をでっち上げた自分の夢のためなら他人にどんな迷惑をかけてもまったく平気という、しねばいいのにと思う女からアシスタントの依頼。
お手軽にお金をゲットするという、ま、いつもの軽薄な展開ですな。
エロいシーンがあれやこれやとありつつ、痴漢冤罪事件をでっち上げた自分の夢のためなら他人にどんな迷惑をかけてもまったく平気という、しねばいいのにと思う女の姿に『シェフ』になるために行動しようと思う青大でした。

柱書「同じ夢を追うものとして―――。そんな同志がいる青大は、とってもラッキーですよね♪ガンバレ青大!!」ですと。

感想
痴漢冤罪事件をでっち上げた自分の夢のためなら他人にどんな迷惑をかけてもまったく平気という、しねばいいのにと思う女は見ていて不快なので出さないでください。
薄いな。安いな。
| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは。

私も心底嫌悪する所の天谷栞が何ぞ語っていましたが、全く心に響かない言葉の羅列でしたね。痴漢冤罪で青大を利用して学究生活をずるの連続で乗り切ろうとし、親が弁護士だのなんだのと親の力を振りかざしていた女には、柚希や凛よりも深い嫌悪感を覚えます。他人をふみつけにしての漫画家人生には、私は全く価値を見出せません。

青大は沖縄へ行くことになんのためらいも感じないのですね。唯々諾々と栞に従って恋人の下着姿を撮影する青大。主人公をこうも魅力無く描いて、作者は本当に何を考えているのでしょう。

それに柚希。平然と下着姿を撮らせるものです。主人公カップルの魅力がどんどん下がっています。

そして最後に私がどうしても許せなかったこと。栞、おそらく実際には作者の言葉。「何中学生みたいなこと言ってんのよ」。少年漫画を連載する漫画家の台詞ですか、これが。最低最悪です。嘗てイラストコンテストに数多の小中学生が応募したことを、作者はきれいに忘れ去っていますね。恥を知れと言いたいです。

今週号はとにかく不愉快でした。最後までこの漫画を見届けられるのかどうか自信がなくなりつつあります・・・。
君町某読者改め享安山人 | 2012/07/11 11:08 PM
そもそも自分のためなら他人にどんな迷惑をかけてもまったく平気という、しねばいいのにと思う女がメインヒロインですからね(笑)
こういう人間が当たり前な世界の話なんじゃないでしょうか。
もあい | 2012/07/12 2:00 AM
沖縄旅行は作者が取材旅行したいだけ
じゃないのかなw
やりたいネタ、オチのためには、キャラ改変上等の瀬尾先生ですから、青大にとって沖縄が明日香との特別な思い出の場所になる予定だったとかいう設定も、自分が取材旅行に行きたいという思いの前では、どうでもいいことなんだと思います。

しかしここのところのエロ描写は下品ですな
今回も読まなくて良かった回だと思います(^-^;
RAI | 2012/07/12 10:05 AM
もはや手遅れですよね君町


昔は好きでした
へたれ | 2012/07/13 2:40 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2917
この記事に対するトラックバック