丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 12年 週刊少年マガジン15号「君のいる町」第174話「氷花(シガ)」を読んで… | main | OAD「君のいる町」〜黄昏交差点〜1 を見て >>

12年 週刊少年マガジン15号「涼風」特別編「帰郷<番外編>」を読んで…

なつかしーねー。
タイトルページ ケツを付き出した涼風。こんなケツは羽柴だろう…とか思わないでもないですが。涼風でした。


綾乃、美穂とともに広島に帰郷する涼風、大和、風夏。
ひたすら空回りする大和であったが、お互いのお互いを思う気持ちを確かめることができたのでありました。めでたしめでたし。


………あんまり、中身のない話でしたね。


…………あんまりじゃないね。ぜんぜん中身のない話でしたね。



| 丈・獅子丸 | 涼風 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

僕は涼風は見てないのですが、今週チラッと見てみるとヒロインと江波が瓜二つで面食らいましたw
カツラを取り替えた大根役者が、心の籠らない言葉を吐く…
にしても何故今更前作の読み切りなんでしょうね?
七氏 | 2012/03/18 12:06 AM
ヒロイン涼風がほんの2コマですが、心理描写のあった点で君町より遥かに『涼風』はましでしたね。大和がひとりで秋月家の両親に涼風を妊娠させたことを報告すると言ったのに対し「そんなの駄目よ。二人で頑張ると決めたんだから。やっぱり、私も行かなきゃ!」と電車内で決意するシーン。あれでヒロイン涼風への好感度が大いに上がった私としては、作者が「主人公以外の心理描写は要らない」と豪語したことはあらためておろかしいことだと思います。
君町某読者改め享安山人 | 2012/03/18 2:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2780
この記事に対するトラックバック