丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 鳥はむ ふぁいなる | main | 10月1日 >>

鳥はむ できた

ham

鳥はむネタは、これっきりと言ったけど、りべんじであっさり鳥はむ、できちゃったよ。
端っこの薄いあたりは、また茹で鳥だったけど、厚いところまでいくと、うっすらピンク色で「はむぅ〜」という食感で、塩加減も適切で、皮のあたりはぷるるんしてて……。もう、言うことなし。

はむの茹で汁は、ラーメンつくっていただきました。

作成手順
鳥むね肉1枚。
両面にティースプーン2杯の、レンゲハチミツを塗り、10分放置。
出てきたドリップを捨て、両面にカレースプーン1杯半の岩塩をふり、揉み込み、15分放置。
出てきたドリップを捨て、ティースプーン2杯の、ブラックペッパーを振る。
ジップロックに入れ、空気を抜いて、冷蔵庫中で2日間放置。
水洗いし、迎え塩を入れた水で2時間、塩抜き。
薄手のアルミ鍋(俗に言うラーメン鍋)に鳥が浸るくらいの水を入れ、沸かす。
水が沸騰した時点で、火を一旦止め、皮付きのまま、塩抜きした鳥を投入。
再び、点火。再沸騰した時点で火を止める(再加熱、7秒くらい)。
火を止めて3時間放置し、触って熱くないくらいまで冷ます。
冷蔵庫になべごと入れて、そのまま、一晩放置。
ウマー。
今回は、皮付き、ラップなし、形成なしというオリジナルの形でやってみました。
| | 食・レシピ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/266
この記事に対するトラックバック