丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 近況 | main | 11年 週刊少年マガジン27号「君のいる町」第137話「大好きです」を読んで… >>

日常 #5:日常の第五話

はっはっは。

めちゃくちゃ、今更ですが、感想などを。


アバンが「はっかせだにゃんっ」の回の話です。

一応、今回のネタを振り返っておきますと、

イタコの話
ゆっこと麻衣の「叩いてかぶってじゃんけんぽん」
東雲家のだるま
ヘルベチカスタンダードは、トースターのパンとネズミ
ゆっことみおのこっくりさん
テスト問題用の絵をゆっことみおが描く話。

となります。


今回、めちゃくちゃ印象に残った表情が二つありました。

まず一つ目ですが…
アバンのなのの表情です。

はかせが、「なのーーーー」と呼びかけ後の、「はーーーいーーー」と返事するときのなのの表情。
特に、風呂場から「なのっ?」と呼びかけられた後の「はーーい、はい」と返事するとき。

なんちゅう表情をしとるんですかっ、このなのは!!!

母親が自分の子どもに対して見せる表情と申しますか……はかせへの愛が溢れ出る表情と申しますか……しょうがないなぁと思いながらも、そうやって呼びかけてくれることへのうれしさを隠すことができないと申しますか……とにかくなのは、はかせが大好きなんだなぁというのがこの表情だけでわかるという。。。。この表情が、私は大好きだああああああああああああああああああ。
これが狙って描けているんでしたら、すごいよなぁと思うんですよね。
……この回の演出は山田さん、作画監督は堀口さんでしたから……本当に狙ってやったのかもしれません。



印象に残った二つ目の表情
麻衣とゆっこの「叩いてかぶってじゃんけんぽん」の際。
麻衣が弥勒菩薩を取り出して、机の上に置いたときの麻衣の表情。

それを見ていたゆっこが「なんか、すごい嬉しそうだ…」と言っておりますが……これが、本当に麻衣が嬉しそうにしているのがわかるんですよね。伝わるんですよね。

これが、すごい。

どこをどう触ることで、絵で、あの麻衣が嬉しそうにしているということが伝えられるのか、私には理解できませんが……でも、ゆっこのセリフがなくっても、麻衣が嬉しそうにしているということは、絵から本当に伝わってくるのが……本当に、素晴しいと思うんですね。

表情で気持ちを伝えるという当たり前のことを完璧にこなしているということが……私はすごいと思ってしまいますね。



ということで、感動した表情二つということで、今回の感想としたいと思います。


| 丈・獅子丸 | 「日常」 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2439
この記事に対するトラックバック
ハカセが可愛い声で「ナーノー」と呼びつけ。ネコミミつけて、ハカセだにゃいってるとナノに「萌えです」いわれる。モヒカンが恐山へいく。そして、イタコを呼ぶ。石鹸を呼んでくだ...
◎日常#5「日常の第五話」 | ぺろぺろキャンディー | 2011/09/11 1:43 AM