丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 涼宮ハルヒの驚愕(前)を読んで | main | 魔法少女かずみ☆マギカ第5話を読んで >>

11年 週刊少年マガジン26号「君のいる町」第136話「4度目は」を読んで…

さて、今週号の君のいる町。
タイトル前ページ。
渋滞にはまる海水浴組の車中のようす。
月がみんなで夏祭り行きたがっていたから、ハルトと柚希ががっかりしてるだろうなぁと言うと、懍が邪魔者がいない方がいい雰囲気になったりしてと言います。
そんな懍に「何バカなこと言ってるの 桐島くんにはちゃんと彼女がいるのよ?そんなわけないでしょ」と言う清美さん。
「だといいですけどねー」と懍。

というのがタイトル前ページ。

柱書「大渋滞の結果、あの2人は‥」だそうで。

タイトルページ
全裸(青大のくれたネックレスだけをつけている)柚希が自分の膝をかかえているところ。

あおり「うそや飾りを脱ぎ捨てた 私の気持ちを――‥」だってさ。

本誌あらすじ「みんがが海に出かけている中、青大と柚希は2人っきりで夏祭りに行くことになりました。」


ということで、君のいる町のあらすじ&感想などを。。。
夏祭り。
ゆかた姿の柚希に普段着の青大。
なんのかんのと口喧嘩をしつつ、

「確かにカワイイのは認めるけど‥」

ゆかた姿の柚希を見ながら、そんなことを思う青大でした。


なんのかんのと乳繰りあいながら、花火があがるよと言って、青大の手首を掴んで、引っ張っていく柚希。


ひょうたん池にて

「見て観て 池にも花火が咲いてるよ!?」と目を輝かせながら花火を見つめる柚希。

そんな柚希の横顔を見て、青大は、こんなことを思うのでありました。


「初めて会った時は気が小さくて 田舎が大嫌いな泣き虫で‥‥

 2度目に会った時は やたら元気で オレのこと散々振り回す勝手なヤツで‥‥

 3度目に会った時は新しい彼氏がいて ビックリするくらい冷たくされて‥‥

 でも‥‥ それでも好きで 必死で追いかけて

 諦めて 二度と会わないって決めて 別れて‥‥

 そして―― 本気で好きだと思える彼女ができて

 それなのに 何をしとんじゃオレは‥‥

 こんな所でまた枝葉と花火見て 昔のこと思い出して‥」


そして「4度目はコイツと どうなりたいんじゃ‥‥」と思いつつ、柚希を見ると、


涙を流していました。



驚き、声をかける青大。柚希は自分が泣いていることに気がついていないようす。
「なんでもない 気にしないで」とあせって誤摩化そうとする柚希に、何でもなくて泣くわけないじゃろと詰め寄る青大。

柚希、後ずさりますと、石に躓き、バランスを崩します。


柚希を支える青大。正面から涙をためる柚希の目を見てしまう青大。そして柚希の首には青大のプレゼントしたネックレスが。

見つめあう二人。

柚希の肩を掴む青大の手に思わず力がこもってしまったところで、今週終了。


柱書「瞳から伝わる気持ちに、青大の出す答えは!?」だってよ。







感想なんですが…

悪意から
ふたまたみまたに
なるじゃなし

詠み人知らず。。。
…という言葉もあるようにですね、実際には、仕方がないことなのかもしれませんが。。。。


ただですねぇ、青大の姿を見ていますと、仕方がないことのようには思えないんですね。


ここから先は個人的な経験に基づくものですから、一般化するわけにはいかないと思うんですけれどね、書きますね。
ふたまた状態になったときってのはですね、もっと、殺伐としてると思うんですよね。
もっと、追い込まれた状態だと思うんですよね。

なんでオレのことを誘ってんねん、コイツは。ボケぇ。
なんでオレはコイツの誘いにのってんねん。ボケぇ。
なんでオレはコイツのことが好きやねん。ボケぇ。
なんでコイツはオレ以外のオトコと付き合ってしまってるねん。ボケぇ。
なんでオレはコイツ以外のオンナと付き合ってしまってるねん。ボケぇ。
なんでオレは、コイツにキスしてんねん。ボケぇ。

…みたいな感じで自分のすべての行動、自分のすべての気持ち、そして相手の全ての行動に、「ボケぇ」みたいな罵りの言葉がついてしまうように思うんですよね。

青大の様子を見ますとですね…そーんな悩みだとか、自己不信だとか、そういったものがまったく感じられない。。。。。
それが一番の問題なんですよね。だからこそ、青大の存在、そして、この話全体が薄っぺらく感じてしまうのです。


青大、明日香の顔を思い出し、「何をしとんじゃ」と言っておりますが、そんな段階じゃない。私ならば、もっと早い段階でそう思うと思います。この時点でそんなことを言い出すのは、明らかに、変だと思うんですよね。本当に。



あと、何で近頃の青大の姿を見ていて不快に思えるのかがようやく今回理解できました。
近頃の青大のこの流されていく態度ってのは、女性主導の流れに身を任せていると何かエッチなことができるかもしれないというような、男が、らっきーすけべを期待する態度なんですよ。
私自身にもそんなことを期待して行動した経験が無いとは言いません。でも、なんと言いますか、一途な気持ちというものとは真逆の気持ちのように思えるんですよね。
そんな、あわよくば一発…的な気持ちで行動しているように見えるんですよね、青大が。
口では、そんなことはない、そんな気持ちはない…と否定しているんですが、行動が……あわよくば一発…としか見えないんです。。。。

そりゃ、主人公にのめり込めませんよね。
物語を読んだ自分の中の何かイヤな気持ちを思い出すことになるわけですから。。。。


自分の経験と重ねてみて、ようやく青大の態度の不快さが実体化しましたよ。




さて、次回、3周年ですか。「はじめまして」から1年ですか。。。。
どーなりますことやら。。。。。


しかしなぁ……なぜ、自分には付き合っている彼(彼女)がいるとはっきりと断れない登場人物ばかりなんだよ…このマンガは。。。。。。。。。


巻末の目次のアイコンが柚希になっとる。。。。。。どーしたいんやろ、編集部も。。。。。


| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(3) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

こんばんは

今回の話は明日香の立場に立って見ていると、メチャクチャ嫌な話ですね。青大の回想の最後に、4度目はどうなりたい…、なんてトンチンカンな事を考えていますが、直前に明日香の顔を思い出しているのに、なぜそう思える!?
トマト姫に関しては、やっぱり青大が好きなのかな〜?と思えるような描写だったと思えました。目に涙を溜めながら青大を見上げている表情は、そこだけ切り取ると凄くいい絵なんですけどね…。
今週の涙について、来週突っ込める事を期待しつつ来週を待ちたいと思います。
ライオン | 2011/05/26 1:58 AM
こんばんは。すごい久しぶりにコメントを書きます。

「はじめまして・・」の時は、青大がとても切なく見えたのに今は最低ヤローとしか思えないです。その上、柚希の風間に対する心理描写もなく今回のような展開に持っていくと感情移入なんてとてもできません。後、明日香のことが本気で好きだと思えるとか言ってますが、その好きになる過程をすべて吹っ飛ばしていますから読者としても「どないせい!!」っていう感じです。

それと今回柚希の顔にすごい違和感を感じたのですがどう思いましたか?かなり下手だったような気が・・・
ナキ | 2011/05/26 2:21 AM
柚希の涙。何を思った涙なんでしょうか。彼女が「何を思ったか」の描写を私に言わせればすべて読者の想像と解釈に委ねてきた作者ですから、柚希に好意的に受け取ることも冷たく突き放して見ることも可能な「涙」でした。
君町某読者 | 2011/05/28 10:49 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2433
この記事に対するトラックバック
「君のいる町」#136「4度目は」を読みました。感想を書きます。 今号のあらすじ 柚希は、思い出の地であるひょうたん池で、青大と一緒に花火を見ます。 花火を見た柚希は涙を流しました。 感想 し...