丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< あー、つかれたー | main | 友人の奥さまのお話 >>

日常 #4:日常の第四話

「最近、校内の風紀が乱れてきていましてな。生徒指導の桜井先生には、もう少し厳しく取り締まっていただきたい」との校長の台詞から始まる第4話。


相当、今更でございますが、思ったことなどを。



とても意外性のあった回だったなぁと。


笹原先輩……「美味であったとっ!」が、全てを持っていきましたな。
「伝えてくれ」からの寄りのタイミングが私は大好き。
その直後の「はわわわわわ…」と声を上げている桜井先生のカゲから立花みさとのガトリング銃が稼働状態ででてくるところのつながりも好き。
その後の、立花みさとがガトリング銃を持ち上げるところの演技も好き。

首のフリフリについて尋ねた後の、「日々、私達が過ごしている日常というのは、実は奇跡の連続なのかもしれん」と笹原先輩が言った直後の間合いも相当好き。あの鳥が飛び立つ間合いが私の本当にツボ。

「ぬかしおる」のインパクトが少なかったのがとっても意外。
でも、もう、ここまで全力で楽しませていただけましたら…「ぬかしおる」のインパクトが少なくっても私は文句を言う気になりませんでしたなぁ。ほんと。
なんでしょうね、このタイミング。この間合い。私にはほんとっ、ツボでした。
制作するときって、このタイミングっていうのはどうやって指定するのか……それが不思議に思えましたな。


じゃんけんの直後にCMに行かなかったのは意外だったし。


皆口裕子さん、猛烈に長いし。これも意外だったし。


インコは心底、意外だったし。


なくなったかと諦めた縄跳びが突然はじまったし……これも意外。


中之条くんの頭の秘密も意外っちゃ意外でしたし。



それ以外では、あとは麻衣におもちゃにされるゆっこの表情を愉しむ回だったかな…と思いました。
ああ、ゆっこ、かわえええ。
特に、土手の方ね。「ゆっこの表情を愛でる」という表現通りの、コロコロと変化するゆっこの表情がね。もうね。ああ、かわええええええ。








ところで、雪だるまって、何するためのものだったんだろう???





| 丈・獅子丸 | 「日常」 | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2416
この記事に対するトラックバック
 スーパーウルトラグレートデリシャスワンダフル書きづれえええええええ!  …いやいや。「書きづらい」というのは、言い訳ですね、きっと。てゆーか、「デリシャス」ってなんだ、「デリシャス」って。 ...
日常の第4話 | Old Dancer's BLOG | 2011/05/11 12:43 AM
校長がサクライ先生に生活指導を徹底するようにいう。まず、歩きながら食べてるササハラを注意。ミサトが、バズーカー砲を学校にもってくる。クビのフリフリはなんですかとササハラ...
◎日常#4「日常の第四話」 | ぺろぺろキャンディー | 2011/08/29 1:36 AM