丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 「ちょっと宇宙行ってくる!SOMESAT PV」に涙する | main | ストライクウィッチーズ2 第6話「空より高く」を見て >>

10年 週刊少年マガジン39号「君のいる町」第102話「焦がしたのは」を読んで…

さて、今週号の君のいる町。
タイトル前が2ページです。

コートとマフラーの青大が、教室で明日香に帰ろうと声を掛けるところからスタートの今週号。
メシでも食ってくか?と尋ねる青大に、今月ピンチだしなー 桐島食堂になら行ってもいいけど?などと言う明日香。
なんのかんのと軽口をたたきながら、立ち去って行く青大と明日香の二人を見ながら、完璧なまでのモブキャラ男子2名が、
「最近仲いいよな 桐島と御島」「あぁ あのままつき合っちまえばいいのに」「でも風間の葬儀から2か月半かァ アイツら特に仲よかったから随分落ち込んでたけど‥‥」「やっと元気になってきたみたいでよかったな」

モブキャラ男子2名、解説ありがとうございました。


そのモブキャラ男子2名の会話を聞きつつ、「ハフン‥」と溜息をつく奈美。『何だか色々フクザツな気持ち』と注意書きがついています。


本誌あらすじ:「風間の死、柚希との別れ。いろんなことがありすぎた時期を過ぎ、もう東京は冬です。」だそうですが……タイトルページは、なんで、うちわ持った浴衣姿の明日香が振り返ってるところなんですか?

「あつい夏も終わり
 すずしくなっても共にいて
 かわりはじめる2人の関係?」

わけわからんアオリですな。
この話中では、もう冬ですがな。。。。「すずしくなっても」どころじゃないですがな。。。


さて、ぱんつ分多めの今週号の君町、あらすじ&感想などを。。。。。

青大、カレー作ってます。
明日香、ぱんつ見せながら、マガジン読んで喜んでます。

そこへ、風呂上りと思われる月から電話。明日香に「ちょっとカレー見とってくれ」と言って、月からの電話に出る青大。

「それで どうなっとん柚希ちゃんとは もう会えたんね?」と電話の向こうでぱんつを見せながら青大に尋ねる月。

それに対して「ん‥まァ‥‥会うには会えたよ でも結局 もう二度と会わんコトになったけどな」と答える青大。

何それ、ちゃんと説明しんさいやと怒鳴る月に対して、まぁ細かいことは冬休みに帰った時に話すからと言いつつ電話を切る青大。



そんな青大の電話に聞き耳を立てている明日香。



電話を終えた青大に、「ねー桐島ァ なんかコゲ臭いけど コレ大丈夫?」とお約束の「鍋を見てるだけ」を実践した明日香でありました。



食後、カレーで失敗するなんて屈辱的や…と文句をたれる青大、ひたすら下手にでる明日香。


ふと、明日香、雪が降っていることに気付き、青大の手を引いてベランダに出ます。
「見て見て桐島 雪降ってるよ!!」と。

寒いから閉めろと、ローテンションの青大に対して、何でテンション上がんないんだよと明日香。
「だって別に珍しくもねーよ ウチの田舎じゃ毎年 アホほど積もっとるから」と言う青大。
「え‥ウソだァ 広島ってそんなに雪降んの?ウチ 福島だけど ほとんど降らないぞ?」
「ウソじゃねーよ よォ友達とスキーとか行ったし」と言う青大の言葉に、
「あ‥‥もしかして さっきの電話って その友達?」
「枝葉とオレのことが心配で掛けてきたんやと ホンマ お節介なヤツじゃろ?」と言う青大。

「‥‥‥‥ そ‥そう言えば もう二度と会わないって言ってたけど‥じゃあ あれから会ってないのか?柚希ちゃんとは‥」とおそるおそる口にする明日香。
「え〜〜〜っと‥ 葬式の次の日に会ってからは それっきりじゃな 風間のヘルメットをお母さんに頼まれたって持ってきてくれて そこでちょっと話したら アイツの方からもう会わん方がええって‥‥」と答える青大。

「桐島は‥‥それでいいのか‥?」そう尋ねる明日香。

ベランダにいる明日香にコートを羽織らせてやりながら、青大が答えます。

「‥‥いいも何も‥‥ 仕方ねーじゃろ‥」
柚希の「私達‥‥ もう会うことも無いのかな‥」という言葉を思い出しながら、「アイツもきっと その方がええと思っとるんじゃろうし‥」と答える青大。


「とか言ってェやっぱり会いに行くんじゃないのか?桐島のことだから!」
「だから もう行かねーって これ以上会ってもお互い辛いだけやろ」
「あ‥そう‥‥」
「‥‥けど これで完全に東京来た意味 無くなってもーたし 正直 高校卒業したら どうしようかと思っとるんじゃ オレ‥‥」
「え‥料理人になるんじゃないのか?」
「ん〜〜〜〜〜〜 ってゆーかオレ そこまで本気で考えてなかったし 料理人 言うても何をどうすりゃええんかもわからんわ」
「‥‥あ じゃあさ 私と一緒に大学行くか?」
「‥‥え 大学‥?」
「うん とりあえず行っといて損は無いと思うし そこで栄養学とか経営学とか勉強したらいいじゃん」
「え〜〜そんなんでホンマに料理人になれるんかァ?」
「そ‥そりゃ 私だってよく知らないけど‥」
「まァ 何やるかはともかくとして‥ でもなんか楽しそうじゃな お前と一緒なら」
「‥‥え ‥‥‥‥‥うん 楽しいと思うよ? ‥‥きっと」
「けど どしたんや急にそんなこと‥ なんか大学でやりたいことでも見つかったんか?」
「‥‥ううん 別に何も決めてはいないけど‥‥」
「は? じゃあ 何で一緒に行こうとか言い出したんじゃ」

「‥‥‥ だって‥‥」


「好きだからだよ 

桐島のことが」



「‥えっ あ‥ちょっ‥」と慌てる青大に、

「もちろん‥‥いろんな意味でな!」と言い残して、立ち去る明日香。


「いろんな‥意味ね‥‥」複雑な表情をしながら明日香の言葉を繰り返す青大で、今週号は終了。


柱書「忘れることはできないけれど、恋も夢も少しずつ動きだす。」だそうです。




さて、感想なんですが……

あーーーーーーーズレてますねぇ。やっぱり。。。柚希の言葉は「私達‥‥ もう会うことも無いのかな‥」。一方、青大は、「アイツの方からもう会わん方がええって‥‥」と言われたと思っている。だからこそ、あの言葉の真意を問い質すべきだと思ったのですが。。。。



今週だけ、切り取ってみますと、私は好きですね。



明日香は、可愛らしいし。告白のところの見開きはやはり、どきっとするぐらいでしたから。



けどですねぇ………この展開にするのに恭輔を殺す必要が本当にあったのでしょうか?いきなり2か月半、とばしたわけで。恭輔の死から立ち直る過程で、お互いがどんどん魅かれあったとかの描写があれば、もう最高なんですが、そんなものがこの作者にできるはずもなく。できるんだったら、もっと、ましな展開になってますよね。そうしますと、私は、文化祭のごめんなさいから、今回に直結しても、何も困らなかったと思うんですよね。結局、明日香が青大にコロんだのは福島弁を可愛いと言われたときからでしょうから‥‥わざわざ、不愉快かつ何も考えていないのがバレバレの恭輔の病死なんてことをしなくても、ここにつながったと思うのですね。



しかしまぁ、このアホ。料理人になるってのは、本当に東京へ来る口実なだけだったんですね。。。。呆れるわ。。。。




さてこの後、青大は明日香とつき合うことになりそうですな。。。。
どれくらいの期間かは、わかりませんが……。
で、つき合い始めたら、柚希が出てくるんですよね。。。。そうでなきゃ、青大と柚希の言葉がズレている意味がわかりませんわ。






……………なんか、そう考えただけで、私は不愉快になるんですけれど。






というか、明日香が不憫でのぅ。。。。。。


まぁ、巻末の目次の絵が未だに、柚希のまんまなんで、作者の中では未だに柚希がヒロインなんでしょうけど。。。そして、この恭輔のことの忘れられっぷりをみますと、柚希が何を考えて恭輔とつき合い始めたのか、それが同情だったのか同情でないのかということまで含めて、作中で語られることはなくなったな……そんな気がします。



まぁ、本当に、今週だけを切り取って考えますと、私は好きでしたね。
明日香が自分の気持ちを隠しつつ、青大のことを一生懸命、探りをいれるような雰囲気がよく出ていたと思います。

そう、あの七海再び編のときだけ、切り取るとよかったのと同じように。。。。。
これまでの展開を踏まえて考えると、これ以上ないというぐらいぐちゃぐちゃ、キャラ設定めちゃくちゃ…という話でしたけれどね。。。。



| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは

最後の告白、以前似たような告白を見た事があってトラウマ(ry

いや、明日香可愛いですよ。明日香はイイです。大事な事なので2回言いました。もうヒロイン明日香で行きましょう
光雲 | 2010/08/25 11:46 PM
俺も今回の話し好きです
今後柚希が出てくるのは間違いなく
万人に好かれるであろう明日香が
同じ様に嫌いになれる要素がなかった桜井萌果と同じ末路になるのかと思うと不憫ですが
とりあえず柚希さえ出てこなければ
素直に楽しめる事が今週再確認できました。
願わくば1週でも長く
青大-明日香ラインが続いて欲しいものです。
って言うか柚希さえいなければ
素直にいい漫画なのに・・・
七海に1票 | 2010/08/26 2:52 AM
はじめてコメントさせていただきます。

今回だけ見れば自分も良かったと思います。

でも風間が死んでから柚希と決別して、いざ明日香との話になったのに、二人の関係が変わっていく期間をぶった切っていきなり告白のシーン見せられても、読者は置いてけぼりを食らうと思います。

二人が風間という共通の友人を失った痛みを癒していきながら、明日香が青人に対しての気持ちに気付いていく経過が見たかったです。

あと思うのは、風間はいなくても物語に支障は出なかったということです。

柚希の家に行ってもなかなか会えなくて、明日香に東京に来た本当の理由を話して、相談していくうちに良い雰囲気になる...ってな方が自然な気がしないでもないかな?

とりあえず言えることは主人公の思っている相手がどのような理由にしろ、別の男キャラとくっつくのは恋愛物としては最低だと思います。

長文失礼しました。
| 2010/08/27 2:09 AM
獅子丸さん、こんばんは。

いやぁついに明日香が出てきましたね。
でも結局柚希に振られるなら、恭輔が死ぬ必要ってほんと謎ですよね。
明日香と付き合うのも結構だけど、広島の七海のことを忘れないで欲しいです。個人的に「七海再び再び」もありだと思ってますww

ちなみに
福島県は広島より雪が降ってると思います。という福島県民の意見でした。

ちゃむ | 2010/08/27 10:11 PM
こんばんわ
遅くなりましたがコメントさせて頂きたいと思います。
こういう展開にするのなら、風間の存在は必要無かったように思えます。柚希と青大を決別させるのなら、もっとやりようもあったと思います。これでは単なるかませ犬だと思うんですよね。

それとは別に、今週号(もう先週)には驚かされました。いきなり時間ジャンプしてるんですから…。これでは、柚希がどうしたかったのか分かりませんね。今週の青大の台詞を見る限り、自分から柚希の所に行く事は無さそうですし…。
明日香が青大に告白したことにより、しばらくの間は柚希の出番は無さそうですね。先週の明日香は可愛かったな〜。もう明日香で行っちゃえよ、って思ってしまいました。ただ不満なのが、ここに至る過程をすっ飛ばされた事です。きっと色々あったと思うんですよね。入院編に入ってからはそんな素振りは全然見せていませんでしたからね。そこを描いて欲しかったです。

今回の話は個人的に好きです。久しぶりにのんびりと読む事が出来ました。柚希が出て来なければ、安心して読めるという事が分かった回だったように思えます。

長文失礼致しました。
ライオン | 2010/08/30 10:09 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2146
この記事に対するトラックバック