丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< そうですか…そうなんですか… | main | やったね、明日も監査だぁ・・・ >>

10年 週刊少年マガジン32号「君のいる町」第96話「怒りの源泉」を読んで…

今週号の君のいる町。

タイトル前のページは、先週の繰り返しから。
柚希を平手打ちする清美さん。

柱「ジョークじゃないよね、この速さは。」って、意味わかりませんが。。。。

本誌あらすじ「風間の幼なじみ・朝倉清美が“風間が手術を受けたがらないのは柚希のせいだ”と、柚希をビンタ!」だそうです。

タイトルページ
「アンタばそんなこと言ってるから恭輔くんが死ぬのよ!! この人殺し!!」と言い放つ清美さん。
びびる柚希。

アオリが、「清美、怒り、暴れ、吼える」だそうで。


それでは、今週号の君のいる町のあらすじ&感想などを。。。

「おま‥」と恭輔が口を開きかけたところへ、青大が言葉を重ねます。
「えぇ加減にせぇ‥! どんな理由じゃろうが‥枝葉に手ェ上げるヤツはオレが許さんぞ」と。
表情は真剣です。

柚希、「青大くん‥」と頬を押さえて見ております。

「だいたい‥‥大事やからこそ言えんことだってあるじゃろうが みんながみんなお前と一緒じゃ思うな!」

ちょっと、視線をはずしながら、無言の清美さん。
少々、「あちゃぁ‥」みたいな表情です。

それを見ている恭輔。
こちらも「あちゃぁ‥」みたいな表情です。


いきなり、逃げ出す清美さん。。。。。



おーい。



………参ったなぁ、逃げ出すのは柚希だと思ってたんですけど……清美さんが逃げちゃいました。


「ちょっ‥待てや! 待てって!!」と、清美さんを追いかける青大。

その青大に「おい 桐島‥!」と声をかける恭輔。



その後の恭輔の表情がよーわからん。
多分、出て行った青大の余韻を見ているんだろうと思うんですが、出て行った青大の余韻を見ている柚希を睨んでいるようにも見えるわけでして‥‥。
青大が出ていくのを見送ったあと、柚希、頬を押さえて、なんだろう…何と言えばよいんだろう…微妙な表情を浮かべます。青大のやさしさを懐かしむという感じの表情でしょうか。
だからこそ、その前のコマの適当な恭輔の表情が、柚希を睨んでいるように見えて怖いんですけどね。



中庭。
清美さんに追いつく青大。
「おい 待て言うとるじゃろ!!」
「しつこいわね離して!! 人殺しに人殺しって言って何が悪いのよ! 私 絶対に謝らないから!!」


……と、こんなことを言う時点で、悪いことを言ったとは思っておるわけなんですね、清美さん。


「‥‥」無言で清美さんを見つめる青大。
「何よ‥! 文句あるの!?」
「‥‥お前 風間のこと好きなんじゃ?」

「‥‥!?  な‥‥ 何言っ‥ そんなこと‥」と真っ赤になって誤魔化そうとする清美さん。

「でも それで枝葉に当たるんはやめてくれよ アイツだって きっと辛いんやから」

「だ‥だから私は別に‥」

「‥‥つってもまァ オレもお前と同じやから偉そうには言えんけどな」と言う青大。

「‥‥え?」

と青大、自分が東京へ来た理由を話します。





…………どうも、個人的にはここからの話の流れが、納得できないんですけれど。だからこそ、少し淡々と書いていきますね。




「ふ――――ん‥なるほどね‥‥ それでわざわざ転校までして追っかけて来たの」
「‥‥あぁ 田舎の友達にはすごい止められたけどな」
「そりゃそうよ それで結局 ホントに彼氏がいたなんてバカみたいだわ」
「〜〜〜〜」
「しかもその彼氏が‥ 死ぬかもしれない自分の友達だってわかってて奪い返そうだなんて よくそんな酷いコトできたもんね」



どんなにローアングルからでも、

パンツは絶対に見えません。

流石、

穿いていないだけのことはある、

清美さん。。。


って、どこが淡々とやねんっ!


「‥‥‥‥ オレだって風間のことは大事や思ォとるよ その友達が死ぬなんてホンマに嫌じゃ」
「だったら何で‥‥」
「でも‥‥ だからこそアイツにウソはつきとォない」
「‥‥え?」
「たとえ死ぬかもしれん友達の彼女だろうが 好きなもんは好きなんじゃ‥‥ それを我慢なんかしたら それこそオレはアイツと友達ですらおられんよォになる」
「‥‥本当に自分勝手な理屈だわ 全部アンタの都合じゃないの」
「‥‥まァ」
「‥‥‥‥ ってゆーか 私もよね‥‥ 命にかかわる手術をどうするかなんて他人が口出しするようなことじゃない‥‥ そんなことわかってるの アンタ達の方が正しいって‥‥ ‥‥でも どうしてもイヤなの 私の前から恭輔くんがいなくなるなんて そんなの堪えられない だから手術を受けて欲しいのは 全部私の都合 さっきのあの子を殴ったのもただの八つ当たりよ」
「‥‥‥‥」
「惨めだよな〜〜オレらって」
「‥‥え」
「恋人がおるヤツに勝手に片想いしてムチャクチャ言うとるだけなんやもんな‥‥ ホンマ‥‥ バカみたいじゃ」「‥‥そうね バカみたい‥‥」



………何が気に入らないのか、よくわかんなかったんですけど……

清美さんが、先週の自説をいきなり撤回したことが気に入らない点のまず一つ目ですね。どうなんでしょう。ホントに本人が決めることなのかなぁ。。。と思うんですよね。もちろん、最終的に決めるのは、本人なんでしょうけれど、言うことすらダメなんですか?

そして、気に入らない点の二つ目が、なんでみんな恭輔を優遇するんでしょうか?死にいく者の我儘に周囲の者は、全員つき合ってやらにゃならんのでしょうか?
死にゆく者が、彼女になってくれと頼んだら彼氏がいても、彼氏と別れてつき合わにゃならんのでしょうか?
そんな我儘を、ええ加減にせぇと言うことすらできんのでしょうか。
死ぬかもしれない男から彼女を奪うことは酷いと言いながら、あと一年しか生きられないから付き合ってくれと言う男の我儘を作中の登場人物が誰も糾弾しないのは、なぜなんですか。

ここのところの発想のズレがどうにもこうにも、今週は気持ちが悪くて仕方がないんですよね。

また、「アイツにウソはつきとォない」という青大なんですが、柚希は恭輔に嘘をついていることにならんのでしょうか。そこが、私の気に入らない点の三つ目。恭輔に対して嘘をついていたとしたら、そんな柚希を青大は許せるんでしょうか?
以前に、私なら、「男をなめるな」と自分なら怒ると言ったのは、そう思うからなんですよね。。。。



さて、続きにいきます。

「‥‥そうね バカみたい‥‥」青大の言葉に、目を伏せながらも、笑みを浮かべながらそうつぶやく、清美さんでした。


そんな二人を木のかげからちらちらと眺める柚希。
「‥‥あの子」といきなり柚希に近づく清美さん。

「何してるの?そんな所でコソコソして」

「あ‥あの‥ ‥‥‥‥ 私‥‥」

「ま‥いいわ 丁度アナタに話があったの」

「お‥おい!もういい加減に‥」と青大が止めに入りますが、清美さん、堂々と胸をはったまま


「さっきはごめんなさいね 

すごく反省してるわ!」



柚希「‥‥‥‥‥ハイ?」
青大「何じゃそれ!! それが人に謝る態度か!!」



「ただ言っとくけど 私‥‥ アナタのことはやっぱり大嫌いよ 中学の時は 散々 恭輔くんのことフッたくせに よく今更つき合うとか言えたもんね 私そんなの認めるつもり無いから」

「ご‥ごめんなさ‥」

「謝って欲しいんじゃないわ!!」

「え‥‥」

「私だって 恭輔くんのこと好きなんだから アナタなんかに絶対負けないって言ってるの!!」

「‥‥清美さん」驚いた表情の柚希。


なにか満足気な表情の青大。


「わかったの!?」柚希に言い放つ清美さん。


「え‥!? あ‥ハイ! ごめんなさい!!」

「は!? 何そのごめんなさいって!! 私には無理だって言ってんの!? 上から目線!?」

「あ!違います!! ごめんなさい!!」

「あのねエ‥!!」


そんなやりとりを病室から、黙ったまま見つめる恭輔で、今週は終了。


柱書「側で見守るのも、手術を勧めるのも、恋愛バトルをふっかけるのも、それぞれ風間を思えばこそ。恋や友情は難解です。」だそうです。





なんだろうなぁ。。。。
柚希は、恭輔に一生懸命な清美さんを見て、自分の中途半端な気持ちに気が付いたんで、ごめんなさいを連発しとるんでしょうか。それであるが故のあの驚いた表情なんでしょうか。


ところで、今になって思い出しましたが、清美さん、なんで恭輔が余命一年って知ってたんでしょうねぇ。なんか、柚希にしか言わんみたいなことを言ってませんでしたっけ?先週の話の展開ですと、柚希とつき合い始める以前は手術を受けると言っていたみたいなことを言っておりましたから、恭輔が柚希に自分の余命について話をする以前から清美さんは知っていたことになるんですよねぇ。。。。
ま、どーでもいいですけど。





………と、あまりテンションが上がらない今週でございました。。。。
では、また〜〜〜


| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

今晩は。

今回の青大が、清美を責めずに説得、打ち解けたのは評価します。やっと主人公らしい事したな、おい
どうせなら、話の矛盾に気付いたみたいに「ごめんなさい」の意味に気付けよ。あれは、風間を本気で好きな清美に対して申し訳無いからだぞ。多分


あと、日程表を作ってみました。需要無いかもしれませんが

特に表記が無ければ、主語は青大です。大事な所を取り上げています



3月中旬 柚希が東京へ

4/15 ピーちゃんで痴話喧嘩、月のパンツ

5月上旬 連休に5日間の料理バイト。紫歩登場

風間が柚希に病気を伝え告白

5/31 修学旅行1日目
6/1 同2日目、彼氏のフリ、手紙
6/2 同3日目、着信拒否

6月中旬〜下旬 柚希の家に行くが門前払い

6月下旬 この頃まで風間は清美に「手術を受ける」と言っていた

7/4 凛「カレシできたみたいです」
7/5 七海が青大に告白
7/6 昨日の告白の返事を明日すると七海にメール
7/7 手紙に気付く、アイツに何かあったんじゃ!

8/31 東京へ、明日香・風間と知り合う

9/1 転校初日、柚希の目、風間の誘いでカラオケ

9/4 飯田橋駅でストーカー、明日香のパンツ

9/12(日) 筑波サーキットへ、風間「カッコ悪いじゃん やるだけやらねーで諦めんのは」

月と電話、葵のパンツ
夏越に学園祭チケット交渉、夏越のパンツ

9/19(日) 学園祭、夏越ToLOVEる、柚希「もう会いに来ないで」
9/20(月) 3P、風間入院、初めまして
9/21(火) 引っかかる、余命を知る、宣戦布告
9/22(水) 玉子焼き
9/23(木) 料理の仕込み
9/24(金) ビーフストロガノフ、またね‥
9/25(土) 清美登場
9/26(日) この人殺し!!
光雲 | 2010/07/08 12:32 AM
こんばんは。
あらすじ&感想いつも楽しく読ませてもらってます。

今回の青大の「えぇ加減にせぇ!どんな理由じゃろうが枝葉に手ェ上げるヤツはオレが許さんぞ」ちょっとよかった。自分的に恭輔より青大に止めてほしかったんで。

思ったことは・・・「大事やからこそ言えんことだってあるじゃろうが」この後の恭輔の表情が自分は青大の言葉通り何か言えないことがあるみたいに見えました。あと最後の病室から外を見てる恭輔も同じように感じました。寂しいって表情にも見えましたけど。
勝手な妄想です。

では、次回も楽しみにしてます。
りぃ | 2010/07/08 3:05 AM
え〜、今週(もう先週?)の青大にはちっとも共感できませんでした。
まず一つ目。病室で清美を『みんながみんな自分と同じだと思うな』と叱責していましたが、手術して治る可能があるなら勧める人もいて当然だと思うんですよね。最終的に決めるのは風間ですが、清美の意見も尊重されるべきだと思います。
そして二つ目。青大が清美に自分の事を話していましたが、会ったばかりの人間に話す事ではないと思います。
あえて青大に言わせたのは、清美にも宣戦布告させるという意図があったのかもしれませんが、中庭でのやりとりは全体的に不自然だと感じました。

全然関係ありませんが、清美すごくスタイル良いですね。七海や月より良いんじゃないですか?こんな女性に告白されたら、私だったら二つ返事でOKしちゃいますね(笑)。まあ、ありえませんがね…。余談失礼しました。
ライオン | 2010/07/11 3:20 PM
こんにちは^^

え〜と・・
展開が、あまりよくないですよねw
清美さん、あっさりと謝っちゃいました。いやいや、個人的にはあやまる必要はないと思うんですが・・><
確かに、最終的に手術を受けるか受けないかを決めるのは風間ですが・・ ここは友達がもし意見を言うことがありなのであれば、絶対に手術を勧めるべきだと思います=
大体、風間の告白シーンで風間は
「おまえがいるからがんばれるんだ」というようなことを言ってましたが、
いまの風間の状況で手術以外になにをがんばるんでしょう。w
そして仮にも柚希は彼女なんですから、手術を全力で応援すべきだと、個人的には思っちゃいますが・・><‘

どうなんでしょう=?
難しいところではありますよね><

獅子丸さんの言うとおり、今週はちょっと気持ち悪い感じですね;

なんか読むのが憂鬱になってきたような・・

この物語はどんな方向にいってしまうのやら><

てか、柚希もういいでしょw
七海に登場してほしいです、切実に

また来週コメントさせてもらいます^^
はるとはるな | 2010/07/11 6:32 PM
こんにちは

今回なんですが、全体的な話の流れとして柚希や風間がやっていることが間違っていないっていう流れはいつまで続くんでしょうか?せっかく話の流れを変えてくれそうな人物が出てきたのにすぐに謝ってしまったし。
どう考えても言っている事がおかしいのは柚希や風間なのに、彼らが悲劇のヒロイン扱いされている事がそろそろ許せなくなってきました。

次回あたり、柚希や風間にガツンと言ってくれる人が登場することを期待します(無いかなぁ)
ナキ | 2010/07/12 7:42 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/2084
この記事に対するトラックバック