丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< “ふぃぎゅあ”というのは、増殖していくものなのね | main | 「涼宮ハルヒの消失」を観た その6 >>

「灼眼のシャナ XX」を読んで

灼眼のシャナ20巻を読みましたので、感想を書いておきたいと思います。





以下ネタバレばかりです。





さて、予告などで誰かフレイムヘイズが死ぬとあおられておりました。



それが誰かは、後で書くとして。




まったく、過去話は出てきませんでしたねぇ、今回。20巻なのに。
5の倍数巻は、過去話になるという法則は今回でつぶれましたねぇ。





で、
熱い展開だったのがプロローグでした。
いや、このプロローグはめちゃめちゃ、期待させられますね。

フィレスの現状を描いたのが今回のプロローグ。

フィレス、何か巨大な自在式を一心不乱に編み上げてます。それが何か完成したようすです。
その自在式は、ヨーハンが望んだもの。

しかし、ヨーハンの望むそのことは、フィレス自身は、決してそのことを受け入れられないことであるらしいです。



それであるがゆえに、無条件の実行を求めたヨーハンの意思に背き、ヨーハンの預かり知らぬうちに、一美にヒラルダを渡した。
そして、ヨーハンの望む実行は、ヒラルダの発動が引き金となるらしい。

しかも、さらにまだ、何かが足りないらしく、フィレスは自在法「風の転輪」で、その足りないものを捜索中であると。


いっそ、間に合わなければ…とフィレスは思いながらも準備を整え続けるのでありました。




泣かせてくれるやんけ……。



そして、エピローグ。
「風の転輪」でフィレスが、遂に発見したところで終わります。



3人の“徒”を。



………誰???




ええっと。。。。何巻か思い出せないんですけれど、フィレス、ヨーハンの過去話に盗賊団みたいな“徒”3人が出てきたような気がするんですけど、アイツらなのかなぁ????
何の役割があるのでしょうか。何かヨーハンの望みの成就に必須な宝具でも持っているのでしょうか。
よくわからん。。。。



しかし、とにかくフィレスの方の準備は、整ったようすです。



あと、吉田一美がヒラルダを使用することが、何かの引き金になるようす。。。。




何が起こるんでしょうねぇ。。。。
これだけフィレスが嫌がるという事実は、おそらくヨーハンが望んだことは、ヨーハンが帰還できないようなことなのでしょう。間違いなく。

ヨーハンが祭礼の蛇とともに消滅とかでしょうか。悠二はそのまま?
いや、多分もっと、なんだか複雑なことになりそうな気がしますね。
ヨーハン、祭礼の蛇、悠二の三者が「三方一両損」みたいな解決になるのかもしれません。
分離不可みたいな感じになってしまうのかもしれません。

すると、やはり吉田一美がヒラルダを使う→絶命→フレイムヘイズ化する→フィレスの自在式発動→何かがおこる→この期に乗じたシャナの天破壌砕→祭礼の蛇消滅→シャナも消滅→吉田一美フィレスと悠二ヨーハンが残される。。。ってな感じになるのでしょうか。






さて、本編です。



よーわかりませんでした。はっはっは。




だって、よーわからんかったですもん。ええ。





祭礼の蛇の大命宣布により、“徒”の士気は高揚し、そして、坂井悠二の“言葉責め”により、フレイムヘイズ軍団は瓦解しました。

ものすごい“言葉責め”です。マージョリーをぶっ壊した時の比じゃありません。


すげえです、流石、坂井悠二だけのことはあると感心させられましたよ。




それで、ほぼ、フレイムヘイズ軍団の敗北で終わった今回の大戦でした。
相当の損害がフレイムヘイズ側に出ました。
残されたフレイムヘイズは、なんとか、「天道宮」に逃げ込むことに成功し、仮装舞踏会の連中をやり過ごすことができたわけで。



で、最終的な大命のために、舞台は御崎市に戻ることになるそうです。







あ、そうそう。
祭礼の蛇の大命というのは、

「紅世とこの世の間に、新たな世界、楽園『無何有鏡(ザナドウ)』を作り、徒はすべてそこに移り住む。だからフレイムヘイズは、ただ徒を見送るだけで、平和な世界が訪れる」というものでありました。


フレイムヘイズの存在意義を根こそぎ奪う見事な“言葉責め”でした。







さて、最後になりますが、亡くなったフレイムヘイズに追悼の意を表したいと思います。
改行ののちに





























































































ザムエルさん……センターヒルさん………謹んで冥福をお祈りいたします。










って誰????




なんとなく「大地の四神」って出てきたような気がするから、センターヒルさんっていうフレイムヘイズがいたような気はしますが、ザムエルさんって、出てきてたっけ????



| 丈・獅子丸 | 灼眼のシャナ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1956
この記事に対するトラックバック