丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 今日の出来事 | main | 何の前触れもなく、思うことを書いてみる >>

「涼宮ハルヒの消失」を観た その2

さて、その0は、こちら
さて、その1は、こちら



時系列で、項目を落とすことなく、感想をきちんと書いていきたいと思いまして、サウンドトラックの曲のタイトルを項目名として使用していきます。本当にその箇所でその曲が使われていたというわけではありません。だいたい、その曲が流れていたと思われる辺りのことを書いていくつもりです。


絶対に、映画を未見の方は、以下を読むことはおすすめいたしません。。。。
と言うか、読んじゃだめ。さっさと観に行ってください。


では。

朝倉涼子という女性

まったく、この曲名って……どんな範囲で書いていけばいいんでしょうかねぇ。


とりあえず、改変前の世界と改変後の世界について書いていきましょうか。





1.ここで思ったことを、まず、書いておきます。

前も書いたんですけど、ここって、回想が一切ないんですよね。
原作中、実はここの部分ってのは、回想が入っているんですよね。

原作からの引用

「様々な映像がフラッシュバックする。夕焼けに染まった教室――床に長く伸びる影――窓のない壁――歪んだ空間――振りかざされるナイフ――うっすらとした笑み――さらさら崩れ落ちる砂のような結晶……。」

引用終わり。
朝倉が出てきたときにキョンは、これを思い出すんですね。いや、もちろん、劇場版でも間違いなく思い出してるんですけど、その描写がないんですよね。

ないが故に、逆に、ものすごく怖く感じるんですよね。やっぱり。

そして、やはり、クリスマスデートの話を体育の授業中のサッカーしながらに変えてきたことの本当の意味ってのが、国木田の言葉だけで、回想を入れることなく、観ている者に、瞬時に違うやん!って思い出させるところにあるんですよね。





2.阪中さんについて


阪中さんが、大変、愉快なことになっておったので、触れておきたいと思います。

阪中さん。
原作を全部読んだ方ならば、ご存じのはずだと思います。「涼宮ハルヒの憤慨」に収録されております「ワンダリング・シャドウ」という話の登場人物で、1年5組の人間。
ちなみに「ワンダリング・シャドウ」作中で2月頃の話です。

この阪中、京アニの病気っぷり(褒め言葉)を示す良い例としてよくあげられる人物です。
最初のアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」放送中に発売された原作「涼宮ハルヒの憤慨」。その中のイラストに登場する阪中さん、まんまの人物がアニメ第一話ハルヒの自己紹介シーンに登場していたという。
席順から考えて、間違いなく阪中と推察できるというところが、本当に京アニの病気っぷり(褒め言葉)を表していたと思われます。

要するに、原作第1巻に相当する「涼宮ハルヒの憂鬱」をアニメにするときに、原作第8巻にしか登場しないクラスメイトをイラストの通りに描写していたわけです。当然、そこまでアニメ化する予定などはっきりしていないにもかかわらず(というか、間違いなく、そんなところまでアニメ化する予定は当時なかったでしょう…)です。



涼宮ハルヒの憂鬱 I から、阪中さんのお姿です。まるで囲ったのが阪中さんです。





さて、この阪中さん。何が面白かったのかといいますと、改変前の世界では思いっきり風邪ひいてたんですね。マスクつけてました。でも、改変後の世界では、めっちゃぴんぴんしてて、誰かが風邪ひいてるのを思いっきり心配してたんです。いや、面白いなぁと思って。。。。

座席は、真ん中の列付近で一番後ろでした。


あと、中の人として相沢舞さんがあてておられました。「らき☆すた」背景コンビのあやの、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」のユメミ、「喰霊―零―」の局長とプロデューサーのお気に入りのひと。
この人を使ってきたということは、阪中さん登場回の「ワンダリング・シャドウ」のアニメ化があるのかも…と思わさせられてしまいますね。

ちなみに消失中のクラス名簿で明らかになったように、やはり、原作通り、芦屋山手(作中では芦谷山手と表記されてましたが)にお住まいで。すると、あの「ワンダリング・シャドウ」って、芦屋川沿いで起きた事件なんだ。。。。と思わず感動してしまった私です。



「涼宮ハルヒの公式」というファンブックによりますと、同じ部活の佐伯さんと仲が良いという設定。
ですので、今回の「消失」でも、キョンの席の横の席の佐伯さんのところへよく話をしに来てましたね。ラストのキョンの自問自答の始まる直前のところなんかは、阪中さんと佐伯さんの会話がしっかりと聞こえるぐらいでした。





3.東中出身者は本当に風邪をひいていたのか


さて、その0で書いたことをあらためて立証していきたいと思います。

東中出身者。

じつは、作中で、明らかになっているようで明らかになっていないことなんですよね。

TV版では、一切、不明です。

まぁ、手掛かりはあるにはあるんですけれどもね。

ハルヒの「憂鬱 I」での自己紹介シーンです。



ハルヒの前の席の自己紹介を終えたばかりのキョンを除き、ハルヒのあの驚愕の自己紹介をガン無視している人物が約3名います。図中に赤丸をいれてみました。なぜ、ガン無視を決め込むのかといいますと、当然、ハルヒならばそんなことを言い出しても不思議ではないということを知っていたからです。つまり、東中出身者であるという仮説が立つわけです。

まぁ、ここいらあたりの考察はうちではなく、こちらの入学時の座席表ご覧いただきたいと思います。

で、この時、ハルヒの方を向かずに前を向いていたのは、荒川君、鈴木さん、高遠さんの3名ということがわかるわけです。


さて、今度はDVDによる追加シーンです。「憂鬱 I」初回TV放送時にはなかったシーンです。
ハルヒに「話しかけないで。時間の無駄よ。」とキョンが言われた直後のシーンです。

キョンに「気にするな」的なことを言ったクラスメイト達。全員東中出身だそうです。

頑張って、全員、同定してみました。


 



さて、劇場版「消失」のキャストがついているクラスメイトを見てみますと、

荒川剣之介
植松雅樹
大野木菜々夏
剣持琴音
佐伯瑞穂
榊大地
阪中佳実
豊原昇
葉山玲子
日向咲葉
由良奏絵

の11名になってます。で、太字アンダーラインで示したのが、東中出身と思われる者です。
あと、キャストはついてませんでしたけれど、特に12月18日放課後の掃除のときに良い味をだしてくれます、スカートの下のジャージこと鈴木みはるさんなんてのも、あきらかに東中出身です。

少なくとも、荒川くんと日向さんは、劇場版でなにがしかの台詞があったことになります。もちろん改変世界前だけ…という可能性もゼロではないですけれど…まぁ、そんなことはないでしょう。

ですから、「キョンの耳にハルヒの手掛かりを入れぬために、東中出身者を全滅させるために、改変世界では風邪が蔓延していた」というのは嘘のような気がしますね。


パンフレットのキョンのクラスの女子に名前を入れてみました。異論は認める。違うんじゃないですかというのがあれば、是非。



前も書きましたけど、エックス脚気味な子は文化部。フンっと踏ん張って立ってるのは運動部の子です。

男子は……気分的にすぐれないのでやめておきますね。




4.朝倉に声を掛けたのって誰だったのか

そうそう。朝倉が教室に来たときに声を掛けたのって誰だったんだろうと思って。
テレビ版「憂鬱 I」のDVD追加シーンに朝倉と仲が良さげな子たちが描写されてましたのでそこをとってきて、名前の同定を行いました。



こうやって、ピックアップしてみると、朝倉って、そうか手芸部仲間と仲が良かったのか…とあらためて感動を覚えます。
すると、朝倉が教室に入ってきたときに声を掛けたのは、キャスト有りのキャラの中で考えれば、剣持さんあたりでしょうかね。







不安から恐怖へ


さて、クラスメイトのところへハルヒという名前を聞いてまわるところです。
感想としては、ここはキョンの追い込まれていく様子がとても強く描写されてましたよね。ここで谷口がいたら、この話は結構すぐに終わってしまうわけなので、風邪の蔓延というのは、改変者にとっては谷口を排除できただけで目的は達成されたのではないかと思えるぐらいですよね。


以前も書いたんですが…最後にキョンが「あの席は涼宮ハルヒの席だろっ?」と尋ねたのが私にはやはり、東中出身の荒川くんに見えるんですよね。

最初に大野木さんと誰かのところに行き、次にヤマカンがモデルの山根くん(劇場版では、かなり顔立ちが変わっていたように思うのですが…)のところに行き、次に廊下側の女子(これが誰だか、わかんない。剣持さんあたりだったような気がしないでもないのですが…ここは、本当に切り替わりが速いんだわ……わからん……)のところへ行く。そして、最後に行った男子が、荒川くんじゃないかと思うのですが。顔立ちとしては「吉崎くん」の可能性もあるのでは…と思ってしまうのですが…キャストがついているのは荒川くんですので、荒川くんかなと思った次第で。


荒川くん、キョンが「あの席は涼宮ハルヒの席だろっ?」と尋ねたのに対して、「ずっと朝倉さんの席だよ」と答えます。キョンが荒川くんへの質問を間違えたからでしょうか。東中出身の荒川くんに対しては「涼宮ハルヒを覚えてないのか?」と尋ねたならば、彼は「覚えている」としっかり答えたのでしょうか?






なんだか、劇場版「消失」と直接関係ないことばかりだったかもしれませんね。
名前の同定間違いとか多いのではないかと思います。また、私がやらなくてもどこかを探せばあったんじゃないのかなぁと思わないでもないのですが……。
女子のコートが椅子にかけてあるので、それで結構、女子に関しては誰がどこの席なのかを決定することができているんですけれど。


ということで、その2、おしまい。



2月15日追記:しまったああああああああああああ。致命的なボケをかましたああああああああああああ。山根くんはキャストにいねえええ。彼は豊原くんだったよ。とほほ。
ええ〜〜っ、男子も女子のやつみたいなパンフレットに名前入れたの、つくらなきゃならんのでしょうか???
| 丈・獅子丸 | 涼宮ハルヒ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1886
この記事に対するトラックバック