丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 涼宮ハルヒの文庫本を読んで映画に想いをはせる | main | ちょっとペースダウン >>

アニメ「涼風」第10話から第12話までを見た

現在、Gyao で無料配信中。第10話から第12話までは、2月3日まで配信だそうです。




見ましたので感想などを。。。
第10話「恋敵」

原作 #21 「写真」の後ろ3分の1くらいからスタート。
原作中では、涼風の実家にたどりついた大和が「間違いなくストーキング行為ですよコレは‥‥」と言っておりました。アニメ版ではなし。某マンガの主人公に聞かせてやりたいですよ、まったく。
そして原作 #22 「恋敵」に突入。
原作では、姉ちゃん、思いっきり大和のことを疑ってますけど、アニメ版は、すぐに大和の話を信じてます。
原作くらい疑ってもよかったような気がするんですがね。。。。
大和が電車の中で「涼風は結局、好きだった人を自分に重ねているだけ」と考えるところと、姉ちゃんの涼風が休みのたびに墓参りにきていることをなげくところの順序が原作とは逆になってました。
これは、アニメ版の方にやはり軍配が上がりますな。アニメの方がつながりがよい。
そしてまだまだ、続くAパート。#23 「和輝」がスタート。和輝の宮野さん、声、若けぇぇぇぇ。
一段落ついたところで、Aパート終了。


Bパート。#23 「和輝」の続きから再開。
和輝が涼風に告白するところ、原作通りなんですけど、すっごく丁寧に間合いを取ってて好感が持てますね。うん。
原作 #24「馬鹿」に突入。
部活に出てこない大和を夜、いきなり、涼風が呼びにきます。原作の早乙女優花、松本恵美の女子大生コンビは大和の部屋にいません。「津田和輝の代わりじゃねぇ!」と言う大和が涼風にビンタされて、涼風、自分の部屋へ帰ります。
翌朝、一人部屋で横になったままの大和と大会会場で宮本先輩に大和のことを「知りません」と涼風が言ったところで終了。
原作通りの引きでした。


ということで、第11話「勝負」

原作 #25 「挑発」からスタート。
原作通りの展開なのですが‥‥涼風が泣きそうになるところが‥‥だめだ‥‥絵として成立してない‥‥私、やっぱり、この原作のひとの絵ってのが好きなんだ‥そう思ってしまひます。。。。
で、原作 #26 「矛先」に突入したところで、Aパート終了。

Bパート、萌果に柔軟手伝ってもらうところからスタート。
原作にあった、衣笠先輩の鉄拳制裁はないです。

原作にあった、弱気になって大和がエメルソンに謝って許してもらおう‥と考えるところは抜きです。
だから、「アイツの前でカッコ悪いところは見せられねぇ」と大和が思うこともなく。
そりゃそうか。ついさっきまで、涼風のことなんて、どうでもいい的なことを思っていた大和ですから、言われてみりゃ、ここで涼風の前でカッコをつける必要などないはず。エメルソン有馬にケンカを売ったのは勢いでしょうし。。。

原作 #27「勝負」#28「決着」該当箇所ですが‥‥‥

こいつら、いったい100mを何秒かかって走ってるんでしょうかねぇ。有馬のベストが10秒46だそうですから‥普通のペースです。
でも、すごく会話してる感じです。めちゃめちゃいろいろ考えている感じです。人間、集中するとわずか10秒間でもいろいろ考えることができるということの証明なんでしょうか。

ということで、エメルソンとの100mで転倒してしまい、勝負着けがつかないままエメルソンにライバルと認められ、涼風に手当てをしてもらい、涼風が怒っていないということがわかった時点でこの話終了。


ということで、第12話「誤解」です。
あれっ?原作にこのサブタイトルねーぞ???

原作 #29 「好転」の冒頭の朝食シーン抜きです。通学からスタート。
そして原作 #30 「視線」と淡々と消化する今回。
謎のケーブルテレビの勧誘のお姉さんから、プールの入場券をもらった大和。

大和の方を見て、プールに行くのを涼風が決めた‥‥というのが、「誤解」???
原作通りのところでAパート終了。

さてBパート。
原作 #31「花火」#32 「宣戦」ですが、「宣戦」の方は前半部分、ばっさりカットでした。涼風が大和のノートを借りに来る下りなんてのが、ばっさりと。そりゃまぁ、ノート借りにきたことで、涼風が大和になんか気持ちがあるようにみえるかと言われれば‥弱いですからねぇ。

プールからの帰り道、花火を見て、涼風と一緒に行ったファンタジーランドのことを思い出した大和。そのことを思わず口走ってしまいます。アホです。
‥‥というか、このアホさ加減が大和の真骨頂なんでしょうね。
そして涼風を動揺させたあと、その手をつかみます。
その場に、みんながやってきて涼風に手を振り払われてしまいます。

で、翌日。
帰り道。涼風に、萌果が一緒に帰ろうと声をかけ、宣戦布告をしてしまいます。
「じゃあ、いいの? 私が秋月くんに告白しても?」と。

その問いに関しての涼風の答え
「私は、別に好きじゃないわ‥大和くんなんて!」と叫んでしまいます。

その箇所だけ、通りすがりの大和に聞かれてしまいます。
大和「いいよ、わかってるから。朝比奈がオレのこと好きじゃねーのは‥ちゃんとわかってるから」と言います。あれっ?これが「誤解」????
いやまぁ、ツンデレの権化のような涼風さんですから、間違いで誤解なのは事実なんですけどもね。。。これがサブタイトルなんですか????









ということで、改めて、私は瀬尾さんの絵が好きなんだということを思い知った今回でした。。。。。



| 丈・獅子丸 | 涼風 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんにちは。
「涼風」のアニメ、懐かしいですねえ。
今考えてみると、一時代前の雰囲気でした。
>こいつら、いったい100mを何秒かかって走ってるんでしょうかねぇ。
この点、ツボでした。
私も「キャプテン翼」ではどれほど走ったら相手のゴール前に行けるんだよってくらい走ってましたし。
「バタアシ金魚」では、クロール泳ぎしながら、顔を上げる勢い、相手を見て叫んでますしww
まあ、スポーツ漫画では、この勝負事がハイライトですから、100mなら10秒そこそこで心理的なドラマを描かなければならないのは不自然でも仕方が無いところですね。

・・余談ですが、「涼風」の中で大和が涼風に何回殴られたか、数えたことがありますか?
いやまあ、以前「ゴルゴ13」のガイドブック読んだ際に、あの長編の中で編集者が何千発と詳細にカウントしてましたので。
・・夫婦になってからは、あのような殴るシーンはきっとなくなったんだろうな、って妄想してます・・。
ママキン | 2010/02/02 8:55 AM
ママキンさん、こんばんは。

キャプ翼は、なんと言いますか、どんだけ広いグラウンドなんじゃい!ってな感じでしたよね。
なんと言いますか、地球の曲率までグラウンドに描かれていたような。


>涼風のビンタ

いやいや、ありませんありません。数えたことなんてwww。
と言いながら、数えようかと今、一瞬、思った自分がいたのですが……あきらめました。結構、細かく見ていかなきゃならないみたいなんで。。。
原作最終話を見たら、大和、涼風にほっぺたを引っ張られてますね。。。流石にビンタはないか。。。


ということで、では、また。
丈・獅子丸 | 2010/02/02 11:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1853
この記事に対するトラックバック