丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 09年 週刊少年マガジン38号「君のいる町」第58話「キレイな花」を読んで… | main | さて、ひっそりとハルヒあらためて第21話の実況でもしてみるか。。。 >>

いかん…



いかん……本気で、万年筆にはまってる自分がいます。。。。



別の太さのペン先を備えたやつで書いてみたいだとかねぇ……インクの色を変えてみたいだとかねぇ………そんな欲求がふつふつと沸いてきてですねぇ。。。



うーん。最初は、弁理士論文試験用の筆記具ということだったので、普通に勉強するとき用の奴と言いますか、実際の試験に使う用の奴は黒インクを入れておったのです。それを使って、近頃は、ペン字練習をやってました。最初は、ペン先の馴らしの為でした。あと私のペンの持ち方の矯正という意味あいもありました。
でも、それで練習を続けていくうちに、入れてあるインクが黒インクで、しかも顔料系の奴だから、すっきりくっきりしててですねぇ、こう、なんと言いますか、濃淡をつけて書くことができないと言いますか、趣味の筆記にはあんまり適してないなと思い始めて。

もう少し太いペン先のやつに、青系だとか、茶系だとかのインクを入れて使うっていう趣味の使い方をしてみたい……などと思い始め……。


いや、この時点で、もう既に、おかしいのかもしれません。筆記用具に趣味性を求めている時点で。
確か、一番疲れにくいのが万年筆と聞いたので、論文試験に最も適しているという噂のペリカン スーベレーンM400を買ったのが始まりだった。確かに最初は、効率を追求した結果としての、万年筆という選択だったはず。それが、いつの間にこんなことになってしまったのやら。



また、ステンレスのペン先ってのは、やっぱり、書き味が、あまり、楽しくなくってですねぇ。
ラミーだとか、ペリカーノだとかは、試験中にトラブった時のための、あくまで緊急の予備用として準備しておかなければならなかったものなんで。そいつらに違う色のインクを入れたとしても、あんまり楽しくないんですよ。




………気がつけば、ずぶずぶとはまってる自分がいるな……と思うわけで。

「趣味の文具箱」という名前のムック本を買って、インクの色を見ながら、ぐふふふふ…と言っている自分が、正直、信じられないんですけどね。。。。。




そして、この4〜5日、悶々と暮らしておったのですが。。。。
とうとう、やっちゃった。。。。。
アメリカアマゾンに、1本、注文しちゃった。。。。。
いや、通販で買うのは危険なのは、重々、承知しているのですが……
実際に試し書きして買わなきゃだめなことは、重々、承知しているのですが……
それでも、やっぱり、日本では売り切れた限定モデルを、注文しちゃった自分がいてます。。。。

祈るばかりです。ハズレが来ませんように……と。




でも、困ったなぁ……万年筆などというものを趣味にしてしまった自分が怖いです。。。。




で、早速、インクを何を入れようかと、考え始めている自分がいます。
オリジナルインクのさきがけであります、NAGASAWAオリジナルの「神戸インク物語」の「有馬アンバー」か…それとも「摩耶ラピス」かな……。「六甲グリーン」あたりもなかなか良い。。。
今週末あたり、三宮のナガサワに行って買ってこなきゃ。。。。



……まいったなぁ、やっかいな趣味を持ってしまったみたいだぞ。。。
| 丈・獅子丸 | 万年筆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1617
この記事に対するトラックバック