丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」を見て | main | 今日の出来事 >>

鋼殻のレギオス 第一話 「意識を持つ都市」を見て

始まってしまいました。鋼殻のレギオス。
アニメ感想ブログ化が進んでいってるうちですが……。どーしたものか。

原作、外伝、コミックス3種、既読です。




概ね満足の今回。次回に期待です。。。。




自分の生きていくみちを自らが閉ざした主人公が、再び、その生きていくみちを取り戻していく話…という、とっても私好みの話でございます。



さて、原作、読んでないひとには厳しいつくりだなぁ…と、思うわけでして。

それは公式サイトにも言えることで。サブタイトルを拾いに行ったら、どどーんと第5話までのあらすじが目に飛び込んでくるわ、第2話のキャプ絵まみれの予告がどどーんとあるわで……公式サイト自体も一見さんに優しくないつくりになってますな。
ネタばれを嫌がるひとが来た場合、どーすんだと。

ニーナのキャラが変わってます。
が、良い方向への変更のような気がします。どちらかと言いますと、ガチガチの堅物だった彼女が、目ェ、キラキラさせるわ、レイフォンの名札を小隊の部屋につけて、ニッコリするだとか………明るくなってます。
路面電車を降りて、駆けていくところなんて、いや、かわいいかわいい。
で、ダイトの整備中の、あの恰好。。。。。エロいです。。。。
というか、制服の下に、あれを着ているということで良いのでしょうか?
そうすると、制服のスカートの下は、あのスパッツというか短パンなんでしょうか???


フェリは……あんなもんでしょう。
「不毛です…不毛です…」と言いながら、穴のフチに蹴り入れてるところなんて、まんま、フェリで。なんと、かわいらしく描写されているのでしょうか。

そして、ここのところの描写の切り替えが、すごいなぁと思ってしまうわけで。
コミカルなデフォルメ系の動きと、真面目な動きへの切り替えがですね。
遠景でフェリが蹴り入れてるところは、デフォルメ系の動きだと思うのです。
その直後の「こんちくしょう!タダで済むと思うな!」のバストアップ時は、真面目動きを描写してます。そして、レイトンの回想がはさまって、再び、デフォルメ系の動きで蹴りを入れる。そして、デフォルメ系の動きのまま、穴を覗き込んで、「卑怯なゴミムシめ!お前なんか、ぴーして、ぴーして、ぴーしてやるぅぅぅぅ」のところは穴の底からフェリの顔を真面目に描写する。
フェリだから、あんまり、縮んでいるように感じませんが…デフォルメのような気がします。
そんな具合に、シーンごとに合わせた人物描写をやっていってるように思うのです。
あんまり、こんなことをしてくる作品、記憶にないなぁ。。。。


メイシェンは、非常にわかりやすく、レイフォンにハマってますし…。


ということで、とってもフラグ建築士レイフォンの立場がわかりやすくなってます。


あと、生徒会長。
昔、グレンダン(…字で読んでるときには、そんなに思ってなかったんですが…音で聞くと某ドリル漢アニメを思い出してしまいますね)に立ち寄った際に、汚染獣に襲われ、汚染獣と天剣との戦いを見たという設定になってんですね。
そんでもって、具体的に策を弄してレイフォンを武芸科に転科させたと。。。
この辺りは原作とは違うところ。

あと…ハーレムでもお持ちなんでしょうか???
どちらかというと原作では、女っ気なしの雰囲気が強かったんですけど。。。



で、回想というか夢で、十二天剣をずらりと並べると。。。
第一話で、並べたかったんやね…。


ところで、今回のサブタイトルの「意識を持つ都市」ってことについて、何かありましたっけ?いや、原作既読のひとは当然、わかっていることなんですけど……あれっ???




で、このクオリティを維持していただければ、本当に最高なんですけど…と思ってしまうわけでして……。この先、どーなるんでしょうかねぇ???

| 丈・獅子丸 | - | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1255
この記事に対するトラックバック