丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< とある魔術の禁書目録 #13 「一方通行(アクセラレータ)」を見て | main | かんなぎ 第十三幕 「仁、デレる」を見て >>

とある魔術の禁書目録 #14 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」を見て

とある魔術の禁書目録 #14 「最強(さいじゃく)VS最弱(さいきょう)」を見ましたので感想などを。。。



原作3巻、260ページから303ページ原作最後までの今回。

アニメで5話使った「シスターズ編」も終わりとなりました。


……………ええっと………


とっても、不思議です。
なんで、原作が不評の第2巻に相当する姫神編7〜9話の方が面白いんでしょう???

このシスターズ編の序盤は、すごくよかったと思うんですけど……回を重ねるにつれて…どんどん、辛くなってきたんですけど。。。
いや、インデックスが毎回出てくるように頑張っていることは認めますけれど…。でも、なんだかペースが悪いんですよ。遅い。
原作の通りに作るということが、アニメの面白さに結びつかないという実例になるのではないでしょうか。

原作にまったく手を入れていないというわけではないとは思うのですね。
例えば、今回のエピローグに相当する箇所の病院にミサカが来て話をするところ。
「寿命の短い体細胞クローンがさらに短命になっているのです、と言って分かりますかとミサカは聞いてみます」の言葉で原作の上条さんは、そのまま誤解します。ミサカがそのまま死んでしまうと。そして、考えこみます。
その直後に、研究所で調整してもらって寿命をある程度回復させてもらうということを聞き、読者もろともホッとするというくだりが原作にはあります。
ここのところの展開は、私は好きなんですけど…この間合いっていうのは、やはり、文章あるいはマンガでないと無理なんだろうなぁと、あらためて振り返ってみると思います。だからこそ、アニメでは、そこで変な間合いを作らず、研究所で調整してもらいというミサカの言葉がすぐに続いたのだと思うんですね。
ですから、このアニメであっても、原作には手を入れているわけなんです。

でも、なんで、こんなにペースが悪いんだ????
シリーズ構成かなんかに問題があるのかなぁ????


あと、やたらと説明が多いのは仕方がないと言えば仕方がないことなんですけど…
今回、特に思ったのは、アクセラさんが空気圧縮を始めてから、プラズマを吹き飛ばされるまで。

御坂がしゃべるしゃべる。。。。


ごめん。あんたは何一つ失うことなくみんなで笑ってみんなで帰ることを願ってた。だけどそれは無理。だからごめん。なんだかね勝手なことかもしれないんだけどさ。それでもそれでも私はきっとあんたに生きて欲しいんだと思う。

プラズマ?風の向きを操り一ヶ所に集めてプラズマを形成するなんて。こんなの私の力じゃどうしようもない。風でも操れれば。だけどそんな力なんて。風?たぶんあのプラズマは周りの風を凝縮して作り出されたもの。アクセラレーターは風の流れを計算してプラズマを制御してる。だとすれば。

あっ。お願い起きて。あんたにやってほしいことがあるの。ううんあんたにしかできないことがあるの。無理を言ってるのは分かってる。だけど一度でいいから起きて。たった一つでいいから私の願いをきいて。私にはきっとみんなを守れない。どれだけもがいても絶対に。だから。だからお願いだからあんたの力であいつの夢を守ってあげて

この間、アクセラさんは「圧縮圧縮…」と頑張ってらっしゃるわけで。。。
ちなみに原作であった台詞は太字にしてますけど……説明が多いですねぇ。まぁ、今回、解説できる立場の人間は御坂さんしかいなかったわけなんですけど………。

それにしても、多いわな。。。



さて。次回からは「エンゼルフォール編」。原作は不評の巻なんですけど。どーなるんでしょうか?予告を見ますと原作4巻の111ページの描写まであるんですけど!
シスターズ編が300ページの原作を、ほぼ、60ページずつ進んで全5回で終わらせたんですけど。。。この不評の4巻も、姫神編と同じように3回で終わらせるくらいの速度でいくんでしょうか???


す る と

ひょっとしたら、面白くなるかも…って思ってしまう私がいるんですけど。




次回の演出がとっても楽しみ。
中のひとまで入れ替えなければ、中のひとの演技も相当楽しみ。
| 丈・獅子丸 | とある魔術の禁書目録 | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1253
この記事に対するトラックバック
次回はもしや新OP『masterpiece』(・∀・)なの?とwktkしてます♪ 『御坂妹は、自分の命に何の価値も見出さない。 ボタン一つで作り出せる肉...
とある魔術の禁書目録 14話 「最強VS最弱」レビュー。 | (*´0`*)おはよーブログ | 2009/01/12 9:23 PM