丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< かんなぎ 第十二幕 「ほんとうにエフェメラル」を見て | main | 普通の日常に復帰 >>

09年 週刊少年マガジン4号・5号合併号「君のいる町」第28話「冷笑と激昂」を読んで…

「だって 私が姉さんのこと‥‥

 うちから追い出したんだもん」

という前号の懍の言葉とうすら笑いがタイトルページの今週号。
あおり文句「ゾッとする現実――‥」だそうです。

本誌のあらすじ「柚希、実は妹がいた。妹、実は超怖い。」


ということで、今週号の君町のあらすじ&感想などを。。。

まずは、第一声

うがぁ
前号からの、その懍の言葉、雰囲気に、かなり驚く青大。

そんな青大に
「もういいですよ青大さん めんどくさいから本音で話しましょ?」と言う懍。

「青大さんも さっき言ってたじゃないですか
 ダメで面倒な姉を持つと苦労する‥って?
 
 私もそう思います‥‥
 いなくなったんなら ほっとけばいいんですよ
 ど――せ そうやって気を引きたいだけなんだから

 あの人いつもそうなんです‥‥
 男の人に色目使って‥‥
 自分は何もできませんって感じで上手く取り入って
 ‥‥‥‥‥
 
 そーゆー打算的な所あるじゃないですかァ
 私 見ててイライラするんです
 
 青大さんも‥‥そう思いません?」


………私も、ちょっと、そう思ってたところがある!そこがちょっとだけ鼻につくところがあって、私は、七海の方が良いと思ってた。しかしまぁ、その事実を妹から言わせますか!!!


それに対して
「い‥いや 確かに世話のやけるヤツではあるけど‥
 そんなに悪いヤツじゃないと思うぞ‥‥?」と青大が答えると

懍の目付きがいきなり厳しくなり…

「‥‥あれ‥もしかして 青大さんも敵なんですかァ?」

「て‥敵って‥! じゃけェ さっきから何を言うとんじゃ!
 お前ら姉妹なんじゃろ!?」


「‥‥は?

 姉だなんて思ってませんけど」


と凶悪な顔して告げる懍。。。。



……こわいです。


その直後、懍の携帯に柚希母から着信。
「あ‥ハイもしもしィ!どうかしたのー?お母さァん」とにこやかに携帯にでる懍の変わり身の早さも怖いです。というか、懍は、母親の前では、こんな姿は見せていないということなんでしょうか?

二言三言話しをして、携帯を青大に渡す懍。

「あぁ青大くん?ゴメンなさいねー 面倒なことにつき合わせちゃって」
「い‥いえ‥‥」
「いつもあぁなのよ 柚希ったら 行き先も言わずにフラっと出て行って」
「あの‥‥それで柚希さんは‥ まだ帰ってないんですか‥‥?」

「あぁ 大丈夫よ たった今 帰ってきたから」「え‥‥?」

「友達の家に行ってたんですって ホント人騒がせな子よねェ」
「あ‥そうなんスか‥ ‥‥ええ いえ‥別にいたんならいいんです‥‥ ‥‥ハイ 今から帰ります‥‥」

で電話終了。

「‥‥よかったですね これで安心して帰れますね!‥広島に!」とニッコリと笑顔で言う懍が逆に怖いわ!
それじゃ失礼しまーすと挨拶をして走り去っていく懍の後ろ姿を、呆然と見送る青大。

……そりゃそうだわ。呆然とするしかないわな。。。

電車に乗り、とりあえずいろいろと考える青大。
自分の姉に対して‥‥よォあんな目ェできるな‥‥
やっぱウチと違って姉妹だとゴタゴタするもンかなァ
いや‥‥でも従姉妹のリエちゃん家はそんなことねーし‥‥


………従姉妹のリエちゃんですって!!次の新キャラですか。しかも姉妹だそうですぜ。ほほぅ…つぎつぎと投入してくる予定があるんですなぁ……。


とりあえず 帰って来たんなら ええわ いくらあの妹でも親の前じゃムチャせんじゃろ‥‥
そう思う青大でした。


夜行バスに乗ろうとした青大の携帯に柚希から着信。
「あ‥‥青大くん? ちゃんと帰りのバス乗れた?」
「え‥‥あぁ 今から乗るよ」
「そう それならいいの!ちょっと心配だったからかけてみただけ」と言う柚希。なんだか携帯からは、いろんな騒音が聞こえてきております。
「っつーか お前どこから電話しとんや もしかして外か?」
「え‥‥? ‥‥あ‥うん 今 家族でゴハンに出かけてるの」
「‥‥ゴハン?」
「夕方 青大くんと別れた後 すぐにね 3人で出掛けようってコトになって
 久し振りに帰ったらもう全然ゆっくりさせてくれないの!」

青大、呆然。

「あれ‥‥ねェ聞いてる?」
「あ‥あぁ‥聞いとる‥‥」と言いながら、全然、聞いていない青大。


今日の懍の言葉、母親の言葉を思い出し‥‥



「もうええ‥‥」


「‥‥‥え?」
「お前‥‥今どこおるんじゃ」
「どこって‥‥ えっと‥‥ お台場‥だけど‥」
「‥‥わかった じゃあ待っとれ」
「え‥どーゆーコト? 待つって何で?」

「ええから そこで 待っとれ

 言ーとんじゃ!!

 わかったな!!」


と電話に怒鳴りつける青大。
そのまま走り出す青大。

「何が もう 帰って来たじゃ!!
 妹も親も‥‥枝葉も!
 どいつもこいつもウソばっかりやないか!!」

その表情は、怒ってます。完璧に怒ってます。。。。



あおり
「青大、ついにキレた!懍、母、柚希、3つの嘘が交わる先の”事実”とは!?」


怒る。いい感じだと思います。今まで見た中で、一番いい表情の青大です。
見事なまでに青大を巻きこみました。青大の意思で。良い展開ですなぁ。いや本当。
ちょっと、真剣に凄いなぁと瀬尾さんのプロットに感心してしまいますわ。

面倒くさいとしか思っていなかった柚希に対して、初めて(例え「怒り」であったとしても)積極的に心の底からの自分の感情を青大が向けました。柚希だけじゃなく、懍、そして親へもその怒りが向いていますが…。


次号「ええかげんにせぇ!何があったんじゃ!」と、とりあえず柚希に怒るというところでしょうか。
その青大の心からの叫びを柚希は、かわせるのでしょうか?
私は、多分、無理だと思う。
すべてを白状せざるをえないんじゃないかと……。

すべてを聞いて、青大は平静でいられるのかどうか。多分、これも無理でしょう。



そして、もうひとつ問題が。

青大、広島に帰れません。柚希、実家に帰れません。二人は、どーするんでしょう?
二人で、葵ねーちゃんの部屋に行くのか???


で、多分、3巻って、ここまでだと思うんですが……いい所で、切りますなぁ…。
| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

こんばんは。
今回は実に面白かったですねえ!
次回は、お台場燃ゆですね。
私も先ほど記事をUPしたんですけど、
丈・獅子丸さんとは、とても感覚が似ていると思いますね。
りんの言うことは確かに一理あるんですよね・・。私も正直柚希には、時々イライラするんです。はい。
お台場で、どんな出会い方をするのか、また、どんなやり取りがあるのかも期待したいところです。ここにきて、かなり勢いがついてきたんで、待ち遠しいですね。




ママキン | 2008/12/24 11:24 PM
ママキンさん、こんばんは。

ママキンさんのところ読ませていただきましたけど、今回、お互い、なんだか書き方までそっくりになっちゃってますね。
端折ると、4行で終わってしまうし、ラストの青大の怒りの理由まで踏み込んで書こうとすると…やっぱり、こんなになっちゃいますよね。

で、今回、ママキンさんもおっしゃるように、予想外に面白かったですよね。いや、本当。もうなんか、青大がキレるというのが、すべてのこれまでの状況に、きっちりと嵌り込んだという感じで。もうこの展開しかないわ…これ以外の展開だったら納得できんわ…とまで思えるくらい。私としては、べた褒め状態。

多分、柚希、もう半分泣きかかっているような状態では…とか思ったりしますが、いやはや、どのような出会い方かというのも気になりますな。

いや、ほんと、もりあがってまいりましたあああってな感じで、本当に待ち遠しいです。


では、また〜。
丈・獅子丸 | 2008/12/25 12:17 AM
初めてコメントします。ああいう二面性のある子って正直嫌です。何かめちゃくちゃにしたいって思って・・嫌いです。
GINJI | 2009/09/05 11:08 AM
GINJIさん、初めまして。丈・獅子丸です。

懍って、私は、怖かったですね。
で、現在、懍はどんなことになっているのかが、不思議でたまらないんですけれど。。。

また、是非、コメントお願いしますね。
こんなにレスが遅くなることは、滅多にない…と思いますので。
では、また。

丈・獅子丸 | 2009/10/01 11:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1224
この記事に対するトラックバック