丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< うげげげ…忘れそうだから、書いておこうっと。 | main | 明日は忘年会… >>

多分、初めて表紙買いしたと思われる本

私、本を読む方ですが……多分、生まれて初めてなんじゃないでしょうか…表紙買いというか、イラストを中心に本を買ったのは。

土橋真二郎というひとの本なんですが…
イラストを描いている「白身魚」というひとの絵に魅かれて。。。
ライトノベルの表紙としては、非常に珍しいタイプの塗りをされておられます。


いや、正確にはイラストに魅かれてというよりも……
そのスジでは、この絵師の「白身魚」さんの正体については有名だったみたいなんですが。。。。
私は、ぜんぜんっ、知りませんでした。
で、正体を知ったら……見てみたくなるじゃないですか!


ちなみに絵師のひとは、このサイトの管理人と同じひとという風に言われております。
名前は違ってますが……。

というか、見たらわかるっつー話もありますが。。。。。
以下、表紙絵などを。。。。


お前は、みくるか!!という突っ込みをいれたくなるキャラのひともいましたが……




1巻、2巻の表紙では、みくるというよりも、目のハイライトが抑え気味になっておりますので、ひぐらしの「レナ」のように見えてしまいますねぇ……。でも、本の中のイラストでは、もう、モロにみくるでしたねぇ。。。






別シリーズですが…



これなんかになると最早、あきら様にしか見えないという話も………。



「扉の外」全3巻は読み終わりましたが……目ェ痛ぇ……すらすら読める系の話なんですけど…ハートウォーミング系の話の対極にある話なので、手放しにはひとにお勧めできないという感じですかねぇ……。

| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1218
この記事に対するトラックバック