丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< らき☆すた 第2話 努力と結果 | main | 最近のいろいろなこと >>

ロケットガール mission09 キックモーター

キックモーター、Kick motor なるサブタイトル。意味を調べてみたところ、これが、これまでとは違って、純粋なロケット関係の専門用語だった。Transfer orbit (遷移軌道でいいのかな?)に移る際に、近地点あるいは、遠地点で使用する噴射のこと、らしい。それがなければ、ロケットは落ちてくるだけ。

今回の話は、ほぼ原作通りの展開。なぜ、キックモーターなるサブタイトルがついたのかが、ずっと疑問だった。


……何が茜のキックモーターになるのかを考えていたのであるが、ゆかりの方だった。茜がゆかりのキックモーターだったわけである………。茜の存在が、ゆかりをもう二度と普通の女子高生に戻ることのない軌道に移したわけである。

や、今回、茜の話なんだから、何が茜を支え続けたのかをもっと見せてもらいたかったなと思った。ただひたすらにゆかりとの「一緒に宇宙にいこう」という約束だけを信じて、茜は頑張ってきたわけである。何が彼女をそこまで支え続けたのか……。

ただ、茜にツバメのことを伝えた後の優しさに満ちたマツリの表情は、これまでの話中でも秀逸なものであったと思った。

 

ほぼ原作通りであったが、懐中電灯を茜がもっていたことが大きな違いであった。原作では、茜は、自力で松明を作成し、帰還を果たしたわけである。

 

 

単独踏破訓練をクリアしたことにより、合格となった茜であるが、これって、体力の無さを根性でカバーしろということなんでしょうかね?

 

 

ちょっとだけ、今回の話は私には不満でした。何故、だろう?やはり、茜にもう少しスポットを当てた方がよかったんじゃないのかなと思いました。

 

さて、来週。どうやら、NASAとの共同ミッションというか、NASAのミッションにSSAが手助けする、海王星探査機の話か?茜の見せ場、爆裂のあの話が始まるのか?

あれ、今、これを書いてて思ったんだけど、私って、茜すきーな人だったのか???

 

ところで那須田所長、ぽてち、2缶目ですか?私は、よく、かっぱえびせんを箸で食べています。

 
| 丈・獅子丸 | ロケットガール | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/12
この記事に対するトラックバック