丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 「けいおん!」1巻を読んだ | main | かんなぎ 第九幕 「恥ずかしい学園コメディ」を見て >>

とある魔術の禁書目録 #10 「お姉様(みさかみこと)」を見て

とある魔術の禁書目録 #10 「お姉様(みさかみこと)」を見ましたので感想などを。



うほほ〜!
決して、ぱんつが見えたからの叫びではありません。
いやぁ、面白かったよ。本当に。
純粋にテンポがめちゃくちゃ、良かったっすよ。もう何回繰り返し見てるのかわかりませんわ。
原作3巻の87ページから88ページあたりまで進んだ今回。


多少、Aパート冒頭の当麻のやたらめったら、説明臭い台詞が気になったものの。
あと、舞夏の説明は…モノローグで視聴者に説明しているのか、御坂妹に言ったのか、よくわかんなかったのですが…。

それはさておき
なんというか、疾走感があってよかったっす。


原作になかった描写でよかったと思うところは、
自動販売機に蹴りを入れる前の美琴のステップ。具体的な描写は原作にはまったくなかった。美琴っぽくて良かった。ただその後の、あの回転は…後回し蹴りを放つような回転の気がしたのは事実。

「呑まれたぁぁぁ?」のところの、美琴のキラキラ目。確かに、あんな感じだわ。これまた原作では一切、描写はなかったですけど。

「猫なのにイヌ ふふっふふふふっ」
一応、原作でも笑うというのはあるんですけど、あそこまで、笑ってくれると…なんか嬉しかったっす。


原作になかった描写で悪かったところは、
御坂妹がスフィンクスのノミとりを行ったあと。スフィンクスがぱったり、倒れるところ。あれじゃ、なんだか、御坂妹の行為が猫に悪影響を与えたみたいに見える。

しかしまぁ、ぐだぐだの説明を出来る限り省いたこの構成は、本当にこの作品の良いところを引き出してくると思うのです。例えば、姫神が首にかけていた十字架についての説明は一切なし。この先、別にいらないと言えばいらないんですけど、意味ありげにじっくりと描写されてた割りに説明が一切なしで、原作未読の方には、大丈夫なのかしら?と思ってしまいます。一応、あれで姫神のディープブラッドという吸血鬼を呼び寄せる血の臭いを封印しているということだそうです。



また、今回、BGMのマッチングがなかなか良かったと思うのです。とくに一方通行がからんでくる描写のあたりのBGMのセンスがなかなか良いと。
これまで戦闘時のBGMがあんまりだったように思うのですが…。


予告を見るに、次回、黒子がベッドの上でゴロゴロしてたところを見ると、美琴の寮まで行くのね。そして、美琴に会いに走るくらいまで?
疾走感を出すためには…そうですねぇ、このシスターズ編も3回でまとめた方がいいのかな?上条ちゃんの説教タイムを少々短くすれば、なんとかなるかな?
なら、次回は美琴に説教くらわして、一方通行のところに行くくらいまでやるのかな?
原作の当麻が美琴にボコボコにされるところって、あんまり、いらないんじゃないかなぁと思ってしまいます。


ところで
原作では、まったく活躍する気配のないキャラ、土御門舞夏。
なかなか、いい味を出してましたねぇ。いや、ほんと。清掃ロボの上に正座して移動するというあれを初めてしっかりと見せていただきましたわ。
声も福圓さんだったし…。福圓さんって、ストライクウィッチーズの芳佳以外で初めて意識して見ましたよ。うんうん。


ぼちぼち…この作品のDVDもしくはBDの購入を検討し始めてしまいました。
買うならば、当然、おまけの「インデックスたん」DVDが付いてくるところで買いたいですなぁ……どこで買おうか……。

| 丈・獅子丸 | とある魔術の禁書目録 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1199
この記事に対するトラックバック