丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< BSジャパン版 かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」を見て その1 | main | 原作を読んだ後、BSジャパン版 かんなぎ 第一幕「神籬の娘」を見て >>

08年 週刊少年マガジン50号「君のいる町」を読もうとしたら…

休載だった。


















| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(9) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

………。
いや、まぁ、この冗談がしたかったというのも、感想をやっている理由の一つだったんで……。
丈・獅子丸 | 2008/11/12 9:28 PM
おお、もしかしてマガジン買ってしまったんですか?

丈・獅子丸さん、R-15さん。
私のブログでの君のいる町検定にご参加いただきありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
早く次号読みたいですね。
| 2008/11/13 2:40 PM
>今週号のマガジン
私はスマッシュ!とかゴ輝とかの続きが気になったんで買いましたよ。

今週はネタが無いので前回の続きを・・・

>タイトル「君のいる町」
私は第1話の「このときの彼女の言葉が−きっと全ての始まりだったんだと思う」というトコから青大→柚希目線かなと思ってましたけど、最近の展開を読むと確かに柚希目線での解釈が妥当ですね。
・・・と考えると、色んな登場人物目線で考えることも可能な訳で。といっても今のところターゲットは青大、柚希、七海の3人にしぼられるでしょうけど。。。

前作の涼風では、ヒロインを不在にするという壮大な実験を試みた結果、結局失敗でその結果が1年まるまるすっ飛ばし−涼風を早々日本に強制送還にしたらしいですね。
個人的にはあそこでモデルとして活躍し始めた萌果ともう一度付き合い始めて、タイトルを「萌果」に変更する(アメリカから帰ってきた涼風はサブキャラとして登場)・・な〜んてアイデアもアリなのでは?と勝手に思うのですが、君町でも今まで誰もやらなかった実験に踏み切るのか?という素朴な疑問も持っています。ま、おそらく無いと思いますけど・・・

ママキンさん
検定、一発合格できてホッとしてます。
ところで上のコメ、4桁数字入力画面で右下の「戻る」を選択して一度前の画面に戻られましたか?私も以前それが原因でnameが空になったので、もしや?と思い・・・
R-15 | 2008/11/13 9:42 PM
数字は入れました。
そして「送信」したところ、なかなか繋がらず英字での”時間がかかって繋がりません”みたいなウインドウが出て、一度戻ったんです。
再度違う数字を打ち込んで送信して成功したんですよ。
そうか、その手順だと名前が空になるんですね・・。

目線の話はなるほど!と思います。
次の七海ターンでは、七海の目線で描いてもらうのも面白そうですね。
既に気持ちがOKになっている七海の
目線で返事まで進めていくっていうのはアリかも・・。

瀬尾先生がどれほどアイディアがあるか定かではありません。しかし、作者がイメージしたネームも、マガジンの編集者、担当者の意見いかんでストーリーの流れが変えられてしまうっていうもあると思いますね。
出版サイドは、その担当者は自らのアイディアや読者意見など色々作者にアドバイスするんで、せっかくのネームがボツや修正される面も多々あるんじゃないかと。作者のイメージと乖離があったとしても、それが読者に支持されると思えば、かなり強く主張されるでしょう。
一度、遠足で七海は青大の告白を断っているのにも係わらず、いつの間にやら「返事はもう少し待って」の状況に変わっているのは、そのいい例なのではないかと考えています。
スポーツの線を切ったのもそうなのかな。私はてっきり青大は野球部に入部するものと思っていましたから。
涼風の渡米や妊娠の話も、担当者とは、かなり議論したんじゃないかな。大和のライバルである有馬と決着をつけなかったり、読者としては不満な点はいくつかありますよね。
ファンですから、細かいところは許容できる部分はあります。しかし、つじつまが合わないストーリーに納得できない部分ははっきりおかしいとか面白くないとか意見を出すのもファンとして当然あっていいことだと思います。
以前、丈・獅子丸さんの君町の記事に対する厳しい意見(主人公をヘタレだとけなし過ぎ)に対する回答を読ませていただきました。
私は、凄く納得しましたよ。
ママキン | 2008/11/14 12:15 PM
うおおおお。

長文のレスを打ったんだけど、消えたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

(涙)

…………みなさん、あまりここのコメントシステムを信じちゃだめです………。

ママキンさん、R-15さん、レス、もうちょとお待ち下さい。
丈・獅子丸 | 2008/11/15 11:10 PM
さて、気を取り直してもう一度。

ママキンさん、R-15さん、どうも。

ママキンさん、あの検定問題、難し過ぎですよ!なんとか一発合格しましたけど。あそこまで誰も覚えてないってwww。

作者瀬尾さんの「実験」「試み」ですけど、相当、やってますね。涼風だけでなく、この君町でも。私も、青大は野球部に入ると思ってましたけど、結果として、青大の部活生活はまったく描写されることは、今のところありません。
青大の行動範囲を極めて、狭くしていってるんですよね。その狭い範囲の中で、具体的には日常生活しか描写しようがない状態で、どんな具合に展開させていくのか。そこが見所のように思ってます。

ママキンさんのおっしゃっておられます、七海の返事の件なんですけど、私はスルーしました。

青大は「ずっと好きだったんや!」と言っただけです。その後、「つき合ってくれ!」と言ったわけではない。別に七海に返事を求めたわけではなく、自分の気持ちを口にしただけにしか過ぎないんです。
なのに、「返事はもう少し待って」って、七海さんは完全に青大の言葉の後に「つき合ってくれ!」という一言を脳内で勝手に付け加えちゃってると思うんです。

この「好き」とだけ言うという投げっ放しの告白方法っていうのは、実は、非常に巧妙な手口でして…告白相手方はなんらかのリアクションをとらなければ、何も動けないという感じでして。その観点から見ますと、七海が「友達でいたいの…」などという返事をしたのは、実は、相当、意識しているということを表していると、思います。つまり、「好きだ」の後ろに「つき合ってくれ」を、この時点で付け加えているからです。
で、さらに「返事はもう少し待って」ときます。青大、七海に何も返事を要求したことはありません。単に自分の気持ちを口にしただけです。何か、返事をしなきゃと思っている時点で青大の言葉を意識しているのがありありです。まぁ、そういう観点で見れば、この展開はありだったのかなと思ってます。昔、私自身が多用した「やり口」だったんで…遠い目…。

しかし、疑問に思える展開だとか、納得できない話なんかは、どんどん、ネット上でも言っておくべきだと思います。本当に。うちなんかにすら、「君のいる町」を検索ワードにして、kodansha.co.jpからアクセスがあったりしますから。ある程度、耳に入ったりしてると思ってます。

うーん、2度目の文章だと、非常に淡々としてしまってます。。。

では、また〜。
丈・獅子丸 | 2008/11/15 11:57 PM
ども。

>君町のスポーツ、部活路線の排除
前回の涼風では湯けむり恋愛白書の瀬尾先生のインタビューを読んだ印象によると、エメルソン有馬の存在が読者には受け入れられなく、瀬尾先生にとって鬼門だったようですね。スポーツ、部活路線に持っていくためには当然ライバルの存在は不可欠なのですが、読者はそれよりも恋愛の路線を選んだ(らしい)。となると今回の君町で恋愛一本にしぼるコンセプトは自然な成り行き・・ではないでしょうか。
また、この路線に引っ張っていくためには、インターハイの出場や野球部なら甲子園本選出場というところをターゲットに持っていきたいと思うでしょう。しかし、今回は瀬尾先生の生まれ故郷の小さな高校を舞台に設定されました。野球部も人数が足りなくて困っている状況ですから、今後も必然的にこの路線に持っていくのは不可能とみて差し支えないでしょう。何より野球部に舞台を移したら柚希との接点が消えてしまいますし。。。

今のところ青大含めて5人のクラスメートとその周辺だけが登場人物の極めて狭い範囲(行動範囲も確かにほとんどが学校か青大の家か通学路周辺ですね)ですが、これでもこれだけのストーリーが作れてしまうんですね。ほかの路線に引きずり込まれる可能性をできるだけ排除して、恋愛漫画の原点に立ち戻った、というコトでしょうか。
・・・といっても、この先例えば青大と七海のデートで広島市内に遊びに行くとか、進級したら実は青大先輩のことをずっと見ていた下級生がいた(ベタなねたですいません)、とかこれから範囲が人物も場所も拡大する可能性はあるでしょうけど。

これからも楽しみですね。以前のコメと重複しますが、七海と返事のタイミングと、その前に何かひと波乱あるのでは(柚希の過去の進展なのか、他にも・・・?)という期待を持っております。

ママキンさん
涼風2巻の巻末オマケ漫画「瀬尾公治の1週間や」湯けむり恋愛白書のインタビューで週刊連載漫画の実情というか難しさを初めて垣間見ることができました。ストーリーは作者の独断ではなく、編集担当の人との打ち合わせから入るんですね・・・毎週原稿も待ってはくれないから、原稿UPしてから「あ゛・・」と後悔することも時にはあるんでしょうか・・・どっかのOSみたいに、リリース後にupdateできる訳じゃないですし。。

P.S.
PCからコメするには秀丸とかの外部エディタでテキストファイルに落として、誤字脱字のチェックが終わった段階でコメ欄にコピペするのが無難なようですね。
R-15 | 2008/11/16 2:26 PM
さすが、丈・獅子丸さん、R-15さんです。
どちらの話も納得です。
なるほど!と思いました。
明日の話も今から楽しみです。
特に葵発言の真相を期待しているところです。
私は通勤時間が長いんで、
まだ届いたばかりで封が解けていないマガジンを「売れ!」と朝5時に買いに行くんですよ。
ママキン | 2008/11/18 10:12 AM
ようやく、今週号の感想を書き終えました。
R-15さん、ママキンさん、再レスありがとうございます。

>R-15さん
そうか、湯けむりってそんなインタビューが載ってたんですね。知らなかった。読んでみようかな?

>ママキンさん
昔、関西地方(あ、私、関西在住です)以外に住んでたときは、午前2時過ぎにコンビニには到着してたんで、買ってきて、寝る前にマガジンなんかを読んでたりもしましたけど…朝5時に「売れ!」ですかwww。でも通勤時間が長かったら、そこで手に入らなければ、大変ですもんね。

では、また、今週号のところで〜〜。
丈・獅子丸 | 2008/11/20 12:20 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1151
この記事に対するトラックバック