丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< MUNTO公式ページ リニューアル! | main | 08年 週刊少年マガジン50号「君のいる町」を読もうとしたら… >>

BSジャパン版 かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」を見て その1

…………。

BSジャパン版 かんなぎ 第二幕「玉音アタック!」を見ましたので、感想などを。。。

何、やってんだと思われる方もいらっしゃるかと思いますが……。
私、地上波で見た後、BS放送までの間に、その話に相当する部分の原作を読みまして、改めてBSでの放送に臨むなどという、けったいな真似をしておりまして……。

すると、いろんなことが見えてきましてですなぁ……何か書きたいと…特に今回は、真っ先に書いておきたいことがございまして、第一幕の感想をとばしてまで…しかも「その1」なんぞとつけてまで書いておきたいことがございまして。。。


BS版に修正が入っておりましたもので。


地上波分の感想で私が不満を書いた箇所に。


引用
『動き過ぎという風に私は感じました。
どのあたりがと言いますと、つぐみと仁が会話しているところあたり。会話中にあそこまで普通、動くのかなぁと。つぐみの動揺を現わしているのだとしても、動き過ぎじゃないのかと思いました。
動かないアニメはアニメじゃないというのは、ある意味、わかるのですけど……動き過ぎるというのも目障りであるということを初めて知りました。
最高級の食材を用いて、ありきたりの料理を作ると、素材の味が出過ぎて、料理としては最悪のバランスになるという…、私はそんなものを味わったことはないですけど……そんな感じなんでしょうかねぇ。』






わ〜い、監督が、私の意見を聞いてくれたぁ〜〜。あははぁ〜。







……ないない。

そんなことは、ない。

ぜったいに、ない。



しかしまぁ、見事にピンポイントで。本当に、ここだけ、修正されてました。
ここの仁とつぐみの会話の部分で、つぐみの動きが大幅に減らされてました。


でも

修正で、動かなくするって、

どういう修正なんですか???


初めて聞きました。というか、初めて見ました。こんな前代未聞の修正を。


……しかしまぁ、なぎと話をしているつぐみは、まだまだ、動き過ぎだと思うんですけどね。



少なくとも、地上波放送分が、監督の目指された形のものではなかったということだけはわかりました。




原作との付き合わせ作業に関しましては、「その2」をお待ち下さい。いずれ書きますので。

| 丈・獅子丸 | かんなぎ | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1150
この記事に対するトラックバック
仁の家で暮らすことになったナギ。横柄な態度とあまり神様っぽくないナギに、ついに仁も反論をする。ナギと言い争いしていると、そこに幼なじみのつぐみが家にやって来てジンの家でナギが生活をはじめるという夢の展開になる。そこに幼馴染のつぐみがやってきて三角関係
◎かんなぎ第二幕「玉音アタック!」 | ぺろぺろキャンディー | 2010/02/22 9:58 AM