丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< とある魔術の禁書目録 #06 「幻想殺し(イマジンブレイカー)」を見て | main | 今年、2報目でございます >>

かんなぎ 第六幕 「ナギたんのドキドキクレイジー」を見て

かんなぎ 第六幕 「ナギたんのドキドキクレイジー」を見ましたので、感想などを。。。



とりあえず、この話はまだ原作を読んでおりません。


微妙な表現をいたしましたが、アニメ第四幕あたりまでは原作を読みました。



さて、今回………えーっと………ナギが神様という設定は、とりあえず忘れてて、いいんですよね???


つぐみ………。ああ、可哀そうなつぐみ。。。という今回。

仁の代わりに待ち合わせ場所へナギが来たときの落胆ぶりを見ていますと、電話があったときのつぐみが落ち着き過ぎなんじゃないの…と思いましたが……どちらかと言うと、仁からの着信と確認した時点で、いや、買いものに誘われた時点で、意識がぶっ飛んだという感じだったんですかね。確かに、顔を真っ赤にしてというステロタイプな表現に比べて、こっちの方がつぐみのイメージに合っててよいような気がする。


無意識に…というか…言ってはいけない選択肢ばかりを選んで、ナギに答えてしまうつぐみ。気持ちはわかる。いくら、ナギの口から直接「他に好きな者がおる」と聞いていても、流石に仁との関係が心配なのであると……もっと、露骨な言い方をすれば、嫉妬しているところが見られます。「イヤな女」と自分一人でのたうちまわっているところが……本当に、つぐみ、可愛いなぁと思うわけで。


一方、電話のときとはうって変って、実際にメイド喫茶で仁と遭遇してしまったときの、つぐみ。格好が恥ずかしいというのもあったんでしょうけど……今度は、真っ赤になって照れまくり。そして、ツンデレっぽい態度で仁に接してしまいます。

つぐみの方は目一杯、仁を意識しているのに、仁は、なんとも思っていない…。
なんとも思ってないどころか……仁は、ナギの方にばかりに注意を向けてしまい……
壁に頭を打ち付けるつぐみ。流石に、この表現はないだろうと思うんですけど……つぐみの気持ちはわかる。

……あげく、ほとんど告白と同義のナギへの叫び声を聞いてしまうつぐみ。

叫びを聞いてしまった後、黙って顔を伏せるつぐみが……そして、一同が帰ったあと、テーブルを片付けているつぐみの表情が……可哀想ですううううううううう。




一方、ナギ。
写真を撮られているのが嫌だったという仁の言葉に「仁がそう言うなら、辞めるぞ」というナギ。。。。
こんなことを言われてしまいますと、仁の立場に立ってこの会話を考えますと、やはり、ナギは仁のことが好きであると……思ってしまいます。ほとんど告白同然の叫びをした後に、こんなことを言われたら、誰だって、そう思ってしまいます。





えっと…この話ってどうなっていくんでしょうか?
つぐみって、どうなっていくんでしょうか???
果たして、この仁ってやつ、仮につぐみに彼ができたら、どう思うんでしょうね?おとなしく、その現実を受け入れることができるんでしょうか?私は、こいつはこいつで、結構、ショックを受けそうな気がするんですけどね。勝手なやつ。。。。
まぁ、そのまま、「よかったな」で流されても、せつないものがありますけど。
あと、ざんげちゃんに初めて会ったときに、ざんげちゃんに何かつぐみのことと思われることを懺悔しそうになっていたのは、いったい、何だったんでしょうか???ひょっとして、こいつはつぐみの気持ちを知っていながら…その気持ちに応えないというつもりなんでしょうかね。
まぁ、仁の本心というのも、この先、追々、明らかになっていくのでしょうか。



いけませんねぇ〜。
メイド喫茶の店長が、私には、ど〜しても、ゲイツにしか、聞こえませんねぇ〜。
というか、思い出してしまいます。







と こ ろ で

…………しかるべき場所に出入りしておりますと、なんだか、ここ最近の掲載雑誌コミックレックス(だったっけ?)最新号のかんなぎを巡り、読んだ者の一部が、やたらと荒れまくっているという情報が入ってくるんですけど。。。まぁ、アニメではそんなところまでは進まないと思うんですけどね。。。どうなりますことやら。。。




| 丈・獅子丸 | かんなぎ | permalink | comments(0) | trackbacks(2)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1147
この記事に対するトラックバック
博士「懐かしのクレイジークライマーwww」助手「ゲームセンターあらし世代www」...
買い物に慣れないナギは、つぐみに買い物を手伝ってもらうことに。服、下着、靴、鞄などを買いたいというナギ。予算をいくらかとたずねるつぐみに対し、ナギは得意げに一万円札を見せるのだった――。ナギサマの下着や服を買いにいくという話だった。謎の女性が家に住み
◎かんなぎ第六幕「ナギたんのドキドキクレイジー」 | ぺろぺろキャンディー | 2010/02/28 4:00 PM