丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手
<< 今年も、やってますね。 | main | 08年 週刊少年マガジン32号「君のいる町」第7話「青大がいないと」を読んで… >>

08年 週刊少年マガジン32号「スクールランブル」を読んで…

さて今週のスクラン。


稲葉美樹って、だれ?
……かわいいじゃないか。


あらすじ&感想などを…。

さて、執事が方々にふれてまわっているとのこと。

愛理と播磨が許嫁になったことを。



それを聞いて、八雲に詰め寄るクラスメートのサラと稲葉美樹。

稲葉美樹……いたような気もするけど……何か、彼女がらみのイベントがあったのかどうか記憶にない。

「いーこと、八雲!? ひとっつだけ質問をします!! Yes or No で答えなさい!」
と凄い顔で八雲に詰め寄る稲葉美樹。
「うん」とうなづく八雲の返事で「はい、どーぞ。」と、いきなりサラにふる稲葉。
サラは
「Do you still love Harima, Yes or No?」

八雲、真っ赤になりながら、「ぷろばぶりい」と答える。

その返事に、燃え上がる稲葉とサラ。


ここまでの稲葉の表情がころころと変化して、やけに可愛いんですけど。。。。
いかん。 好みかも……。




それはさておき…



絃子、「人サマの許嫁を同居させとくわけにはいかん」ということで…播磨は、絃子のマンションから放り出される。
愛理の邸宅に行って、「一緒に住まわせてくれ」と言うが、愛理、真っ赤になって、「できるかぁぁぁぁ。どさくさに何、考えてんのよ!」と言われるが…
このまま、住むところがない…と押し通せば、なんとかなった可能性はあったように思うのであるが…そこへ、稲葉、登場で、実力行使に出る。

播磨にしがみつき、「助けて下さい。暴漢に襲われてるんです!」


その光景に焼きもちを焼いたか…愛理、「ほら、さっさと行ってあげなさいな!じゃね!」


花井を暴漢に仕立て上げ…播磨が瞬殺。

それを見ていたシスター・サラ。
「あなたの善なる行いは素晴らしかった。教会が…神がきっと報いてくれましょう。何かお困りのことはありませんか?」

「教会?じゃ じゃあ、暫く泊めさせてもらっていいか?」


で、シスターサラに連れてこられたのが、塚本家。
この春から、サラは塚本家で八雲と一緒に住むそうです。。。

「ああ…殿方が居ぬ かよわい女 二人暮らしのなんと不安なことか…」
というサラの言葉に

「わーった わーった!」と答えるしかなかった播磨。


こうして 播磨さんは私とサラと3人で我が家に寝泊まりすることになった
連載で入ったお金を私の家に納めつつ賑やかな毎日を

という八雲のモノローグが、

「ヒゲ!今夜、知り合いの社長のパーティーに呼ばれたわ 付いてきなさい!」
という愛理のセリフにぶった切られて、今週号は、おしまい。


柱のアオリが

「とゆーわけで播磨、二足のわらじ…色々な意味で。」




………えっと……どう、終わるんでしょうか?




| 丈・獅子丸 | スクールランブル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://joeshishimaru.jugem.jp/trackback/1013
この記事に対するトラックバック