丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • あー容赦ねぇー
    ししまる (11/06)
  • あー容赦ねぇー
    尽 (11/03)
  • 今日のしまるのアイカツ 秋フェス2曲目(10月26日)
    ししまる (10/27)
  • 今日のしまるのアイカツ 秋フェス2曲目(10月26日)
    尽 (10/27)
  • 今日のしまるのアイカツ 第三弾シーズンオータム開幕!(9月15日)
    ししまる (09/19)
  • 今日のしまるのアイカツ 第三弾シーズンオータム開幕!(9月15日)
    尽 (09/17)
  • 明石の天文科学館かぁ。。。
    ししまる (07/28)
  • 明石の天文科学館かぁ。。。
    てりぃ (07/28)
  • 今日のしまるのアイカツ 真昼に恥ずかしい格好をさせてみた(7月22日)
    尽 (07/26)
  • 今日のしまるのアイカツ 真昼に恥ずかしい格好をさせてみた(7月22日)
    ししまる (07/25)
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手

14年 週刊少年マガジン11号「君のいる町」最終話「桜の咲く頃」

本誌あらすじ「東京にて再会を果たした青大と柚希。山あり谷ありと色々ありましたが、いよいよ結婚式」

結婚式。

そして、いきなり二人の子供が大きくなった頃にとんで。
桐島食堂開店前に、仲間たちと、そして、親友(笑)のヘルメットと一緒に女子ソフト代表のエースとして試合をしている明日香の試合観戦をするのでありました。



…………。
えーっと。。。
なんで会社辞めたん?
就職のときに、ツテだとかコネだとかは頼らないだとかなんとか、主人公、言ってたような気が。
なのに”割烹天城”で一年修行したとか。それ、ツテだとかコネだとかじゃないんですか?
主人公にとって、食堂を開くとかいうのは諦めたんじゃなかったんすか?それをなんで今更。
よーわからん。
心の動きがまったくわからんっ。
ま、一応、伏線(笑)の回収を行ったってわけですか。



兎にも角にも、なにやらこのお話は完結を迎えたようです。
私の一方的な深読みで、めちゃくちゃ勝手に感動したこともありましたが、単なる作者の思いつきであったことが発覚し、登場人物すべての感情が見えなくなって以降、あおり・柱書保管庫としての機能しかありませんが、うちのこの一連の記事もようやく完結ということで。
5年半ですか。。。。
やるもんじゃありませんね。ほんと。



以下、新連載の「風夏」の一話を読んで、思ったことの書き連ね。
涼風と大和の娘、確定ですか。
制服を見るに、妊娠させたおかげで大学の推薦がぱぁになった両親の高校ですね。
15年前、前途有望な女子陸上選手を妊娠させて推薦をぱぁにさせたおバカを一流の陸上選手としてしか見ていないバカ陸上部員に呆れます。涼風のことも素晴しい選手と知っているにもかかわらず。
で、母親ゆずりの凶暴系のヒロインですか。。。もう流行ってないような気がするんですけれど。
ヒロインの名前をタイトルにするということについて、作者は恐怖を感じないのでしょうか。涼風の時の惨劇を思い出さないのでしょうか。タイトルヒロインが何週にもわたって出てこないなんてことは、二度目は有り得ないと思うんですけどね。
ということで、あと5年くらいたって、アニメ化されたら、のほほんと「ありえねええええええええええええええ」とか言いながら見ることにしますわ。
ということで、「さようなら、少年マガジン」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン10号「君のいる町」第259話「花びら 桜」

あおり「社会人3年目‥‥青大 2年ぶりの東京!!」
本誌あらすじ「飲料メーカーの高知支社で働いていた青大は、東京で教師をしている彼女・柚希と遠距離恋愛を続けていたが、柚希に負担をかけたくない・柚希の夢を尊重したいという思いから別れを決断。一方で、真面目に取り組んだ仕事が認められ、東京本社への栄転が決定した!」
あおり「桜を見ると必ず思い出す人がいます。」

思い出の公園に主人公が行くと、ヒロインとばったり再会。
涙を流しながら、抱き合う二人でした。
ぱちぱちぱちぱちぱち。

柱書「待ってた!!信じてた!!二人の糸は絶ッ対切れない!!次号、絶対感動最終回!!」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン9号「君のいる町」第259話「一人前?」

あおり「たまには休む?」
本誌あらすじ「飲料メーカーの高知支社で働く青大は、東京で教師をしている柚希と遠距離恋愛を続けていたが、柚希に負担をかけたくない・柚希の夢を尊重したいという思いから別れを決断。仕事に真面目に取り組んできた青大は、もうすぐ社会人3年目になろうとしていた。」

3年たちました。
企画の成功が認められ、主人公は東京本社異動となりました。

柱書「背中を押され、青大、東京へ!!」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン8号「君のいる町」第258話「のこった!!」

あおり「久々の広島帰郷!ゆっくりできるかな!?」
本誌あらすじ「高知支社で働く青大は、東京で教師をしている柚希と遠距離恋愛を続けていたが、柚希に負担をかけたくない・柚希の夢を尊重したいという思いから別れを決断。だが一方で仕事では、気持ちを切り替えて臨んだビールの新企画が見事成功した。」

年末、帰省した主人公に幼稚園からずっと一緒だったはずなのに、いつのまにか小学校で転校してきたことにされ、そして、いつのまにやらロシア人とのハーフという設定が付け加わった幼馴染がヒロインは待ってるとはっぱをかけられました。

柱書「大人になっても素直にぶつかりあえる良い関係!!次のPに衝撃情報アリ!!」
最終回までラスト3回との告知が次のページに有りました。

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン7号「君のいる町」第257話「仕事」

あおり「前を向こう。そのための選択だから。」
本誌あらすじ なし

企画のご当地ビールに「ゆずの花」とヒロインを思い出すような名を付け、それが採用された主人公でした。

あおり「大切な花、開いた―――。」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン4・5合併号「君のいる町」第256話「答え」

本誌あらすじ「高知で働く青大は東京で教師をしている彼女・柚希と遠恋中。青大に会いたい一心で毎週末に高知まで来ていた柚希だったが、過労で倒れてしまった!」
あおり「柚希との関係に決断の時迫る―――」

主人公とヒロインが別れました。

あおり「考えぬいて出した答え これが最良のはず―――‥」

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン2・3合併号「君のいる町」第255話「どうする!?」

あおり「突如倒れた柚希の容体は‥‥」
本誌あらすじ「飲料メーカーに就職した青大の赴任先は高知!東京で教師をしている彼女・柚希とは遠距離恋愛中ながら、柚希が毎週末に高知まで遊びに来てくれています!しかし、いつものようにやって来た柚希が高知の駅で急に倒れてしまった!」
あおり「「ちょっとでも一緒に」その想いが呼んだ悲劇‥‥!!」

ヒロインは過労だそうで。
土日が休みだといいつつ、土日で片付けなければならない仕事を深夜バスの中でやっていたそうな。
東京までヒロインを送っていく主人公。
「どうすればいい?」と尋ねるヒロインの手を握りながら「大丈夫 心配すんな」と答える主人公。

柱書「一人で辛いのなら、二人で。絶対、この手は離さない!!」


ヒロイン、嘘ついてました。
そらそうでしょう。先生がそんな暇なはずはない。

でもな、入社一年目の会社員が休日出勤を強いられるって、どんなブラックな会社なんすか?主人公の方ですが。
そんな来週のことなんて、出勤日になんとかせぇっての。
というか、私がいたところなんて、下っ端には鍵を開ける権限がなかったよ。
| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

14年 週刊少年マガジン1号「君のいる町」第254話「決断時期」

柱書「今見られたら言い訳できない状況‥‥!!」
本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先は高知!東京の彼女・柚希が毎週東京から来てくれています!遊びに来ていた柚希が帰った後、何故か突然上司の実咲がやってきて‥‥!?」

遠距離をしていた先輩が別れました。4年も縛りつけていただけだったと言いました。
自分たちのことに置き換えてこの先のことを考える主人公。
そんなとき、高知にやってきたヒロインが主人公の目の前で倒れました。

柱書「「大丈夫」‥きっとその言葉に甘えてた。」



| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン52号「君のいる町」第253話「秘訣!」

あおり「枝葉先生って、彼氏いるのかな‥?」
本誌あらすじ本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先はなんと高知県!東京で教師をしている彼女・柚希とは遠距離恋愛になってしまった‥!」

ヒロインといちゃついてヒロインが帰ったあと、主人公の部屋に遠距離恋愛についてうんちくをたれていた先輩(女)が突然登場。
主人公に抱きつき、「人助けだと思って抱いて」ときたもんだ。

柱書「青大‥‥まさか人助けしちゃう!?」


| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

13年 週刊少年マガジン51号「君のいる町」第252話「遠距離恋愛中」

あおり「柚希いきなりご機嫌ななめ!?」
本誌あらすじ「飲料メーカーに入社した青大の赴任先はなんと高知県!東京の彼女・柚希とは遠距離恋愛になってしまった―――」
あおり「たまにしか会えない恋だから「かわいい」と言ってもらえるカッコで会いたいっ」

主人公、休日出勤のため、東京へ会いに行けず。
ヒロイン、学校は土日完全に休みだからと高知に来る。
疲れて主人公の部屋で眠り込んでしまったヒロインの寝言を聞き、ヒロインを抱きしめる主人公。

柱書「大希(こども)もいる幸せな未来‥‥きっと正夢っ!!」


学校の先生がそんな暇なもんか、そして、新人一年目の会社員がそんなに忙しいもんか…と読んだときは思いました。

| 丈・獅子丸 | 「君のいる町」 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)