丈・獅子丸の咆哮 (新館)

日常について、ゆるゆると語る。
アイカツについても、ゆるゆると語る。
そんなブログ。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
 
 
CLANNAD関連記事一覧
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • アイカツCOMPLETE CD-BOXのDisc-4が殺しにかかってきている件
    ししまる (07/03)
  • アイカツCOMPLETE CD-BOXのDisc-4が殺しにかかってきている件
    尽 (07/03)
  • あー容赦ねぇー
    ししまる (11/06)
  • あー容赦ねぇー
    尽 (11/03)
  • 今日のしまるのアイカツ 秋フェス2曲目(10月26日)
    ししまる (10/27)
  • 今日のしまるのアイカツ 秋フェス2曲目(10月26日)
    尽 (10/27)
  • 今日のしまるのアイカツ 第三弾シーズンオータム開幕!(9月15日)
    ししまる (09/19)
  • 今日のしまるのアイカツ 第三弾シーズンオータム開幕!(9月15日)
    尽 (09/17)
  • 明石の天文科学館かぁ。。。
    ししまる (07/28)
  • 明石の天文科学館かぁ。。。
    てりぃ (07/28)
RECENT TRACKBACK
STARLIGHT mini
MOBILE
qrcode
OTHERS
web拍手

「Constitution Girls 日本国憲法」って…

なんて、本だ。。。。




Constitution Girls 日本国憲法 Constitution Girls 日本国憲法



最初見たとき、病気やろ…と思い、見るなり、そのまま購入してしまいました。。。。



ええっと……恐ろしいことに、この本だけで、月曜日火曜日の2日間で、現在までのところ、30条まで憲法の条文が出て来るようになっている私がいるのですが。。。。。

大変だ、どーしよう。。。。




| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

『人生の法則「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』という本を読んだ

少し前になりますが、『人生の法則「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人』という本を読みました。

著者、岡田斗司夫。

こんな本



人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人 人生の法則 「欲求の4タイプ」で分かるあなたと他人




岡田斗司夫ってひとは、私はあんまりその書いたものを好んで読まなかったのですよね。正直。
少々、価値観が違うような感じがしておりましたもので。


そうは思っても、書店で見かけたこの本、なんだか面白そうなことを書いているような気がしましたもので、読んでみました。


なんだろう、性格、個性の下位に位置しており、本能のすぐ上位に位置するような4タイプの分類があるということを述べた本でございました。

「負けたくない」という言葉で象徴される「司令型」
「嫌われたくない」という言葉で象徴される「注目型」
「ワカラナイのがイヤ」という言葉で象徴される「法則型」
「できないのがイヤ」という言葉で象徴される「理想型」

の4つに分類されるというものでした。
で、絶対に分かりあえないタイプの人間がいるということをこの本では述べていました。

ほんまかいな?という話もありますが‥‥‥でも、
続きを読む >>
| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

おお、これからの奥付の下の注意書きはこんなことになるんだ。

今日買ってきた「AKB49」の2巻をさばいて、スキャンしてたら奥付の下の注意書きがこんなことになっていることに気が付いた。



「本書のコピー、スキャン、デジタル化等の無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。本書を代行業者等の第三者に依頼してスキャンやデジタル化することはたとえ個人や家庭内の利用でも著作権法違反です。」だって。

先月発売の君のいる町を見てみましたが、こんなのはなかったので、今月発売の分から講談社は表記を変えたみたいですね。。。。

あれっ?著作権法違反になるの???ここ2年ほど著作権法は勉強してないので忘れたっす。

| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

「ロウきゅーぶ!」7巻が猛烈に素晴らしかった件

ロウきゅーぶ!7巻が猛烈に素晴らし過ぎたので。。。

ライトノベルという範疇の作品では、

このロウきゅーぶ!7巻は、私にとって、最も面白かったもののひとつと言って良いのではないでしょうか。


思いつく範囲で言いますと、そうですね、私にとっては、「フルメタル・パニック」の『つどうメイク・マイ・デイ』に匹敵するくら面白かったと言っておきましょうか。
最高級の賛辞を送らせていただきます。


いやぁ、素晴らしい。


今回、無駄が無くなりましたね。
唯一の無駄な萌えポイントだと思われたのがプロローグだけじゃないでしょうか。

最後に向かってすべてのものが絡んでいくこの感じ。
智花の不調とその原因、昴の不調とその原因、そしてその気付き、そしてその克服。

すべてラストの勝利へ向かって、一つづつ積み上げていく感覚が素晴らしい。



2回目でも、ボロボロ泣けましたね。
いや、すごいすごい。
電車の中であるにも関わらず、笑い、そして、泣かせるという。









こんな表紙だけどな…………
















こんな表紙の文庫を見ながら、笑いそして泣いているおっさんって、どうよ。。。。。


……iPad にスキャンして入れろよという話もありますが……現在、スキャン作業中のものが猛烈に溜まっておりまして……まだ順番が回ってこないという話もあり……




で、あまりに素晴らし過ぎて、逆に、今度の夏以降に放送されるアニメに対しての期待がしぼんで行きました。
いや、無理。もちろん7巻までいくとは絶対に思いませんが、アニメでこの感動を表現するのは絶対に無理。
バスケのシーンをですね、完璧に表現しきらないといけないんですよ。「true tears」だとか「CLANNAD」クラスのバスケの描写が必須。
どこが制作するのかまだ発表になっていないんですが……電撃文庫だから、多分JCじゃないのかと思うんですが……自分の中では、原作とアニメはきっと別なんだ…という諦めモードにはいっちゃってます。。。。



いや、素晴らしかった、いやホント。
スポコンがお嫌いじゃなく、この表紙に抵抗がなければ、ぜひ。


| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「ロウきゅーぶ!」という作品を読んでおります。

先週あたり、「ロウきゅーぶ!」という作品がアニメ化されるという発表があり、興味を持ったので、現在、シリーズを読んでおります。

もうね、なんと言いますか。
私の泣きのツボにはいってですね、読んでて、ズルズルに泣くんですよ。
電車の中でもね。

ふとした事情で高校入学すぐにバスケ部が、一年間の活動停止となり、バスケに対する情熱を失った主人公がですね、小学生のバスケチームのコーチを嫌々、引き受けてですね、そのコーチとしての活動を行う中で、少しずつ、バスケに対する情熱を取り戻していく。。。。
そんな話で。




そりゃもう、私の泣きのツボに十分、はまる作品なわけで。







ただ……








こんな表紙でさえなければ……と思わないでもない。。。。









最新刊のキャッチコピーが…「少女はスポコン コーチはロリコン」って。。。。

………私が読んでいる巻までは、まだ主人公はロリコンじゃないんですが。これからなるのか???


まぁですねぇ……こんな表紙の文庫本を電車の中で読みながら、涙を流しているおっさんって。。。。。危ないよなぁ。。。。。



果たして、この作品。どんなアニメになるんでしょうか?多分、今年の夏以降の作品。
原作の感動をアニメにできるのでしょうか。バスケシーンをよほどきっちりと描かないと無理でしょうけれど。
どこがつくるのでしょうかねぇ。。。。
楽しみは楽しみなんですが。。。。

どーなりますことやら。。


| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「傾物語」を読んだ

物語シリーズの新刊「傾物語」を読みました。


「何者も何物も、変わらないものなどないというのなら。運命にも変わってもらうとしよう。」

……ふむ。確かにな。


迷子の小学生・八九寺真宵。
阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは―――!?
<物語>史上最強の二人組が“運命”という名の戦場に挑む!

……うむ。「<物語>史上最強の二人組」ってか。。。


あとがきにもあったように「まよいキョンシー」じゃなくって、ホントに「まよいゾンビ」………。


ということで、感想などを。
感想ですので、あらすじはありません。でも、ネタバレは満載。
続きを読む >>
| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」7巻を読んだ

読みました。



いや、別に私は「黒猫可愛いよ、黒猫」派ですので、無問題なのですが。
でも、やっぱり何か重大なことが今回省かれている気がする。


ということで、早く次の巻を出せやあああああああああ。



| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「猫物語(白)」を読んで

「猫物語(白)」を読みましたので、感想などを。。。





続きを読む >>
| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

「猫物語(黒)」を読んで

猫物語(黒)を読みましたので、感想などを。




面白かったっすねぇ!



私ゃ、あまりの面白さに、朝の通勤電車を降り損ねるところでしたよ。朝、本を読んでて降り損ねそうになった経験っていままでないですよ。ちょうど「死んじゃえ」x564の直後ぐらいのところで、あやうく乗り換え駅で乗り越してしまいそうになりましたよ。あまりに引き込まれてしまいまして。


ということで、以下、どこをどう面白く感じたのかを。。。あらすじは、なし、ネタバレは少なめ……のつもり。

続きを読む >>
| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(1) | trackbacks(2)

多分、初めて表紙買いしたと思われる本

私、本を読む方ですが……多分、生まれて初めてなんじゃないでしょうか…表紙買いというか、イラストを中心に本を買ったのは。

土橋真二郎というひとの本なんですが…
イラストを描いている「白身魚」というひとの絵に魅かれて。。。
ライトノベルの表紙としては、非常に珍しいタイプの塗りをされておられます。


いや、正確にはイラストに魅かれてというよりも……
そのスジでは、この絵師の「白身魚」さんの正体については有名だったみたいなんですが。。。。
私は、ぜんぜんっ、知りませんでした。
で、正体を知ったら……見てみたくなるじゃないですか!


ちなみに絵師のひとは、このサイトの管理人と同じひとという風に言われております。
名前は違ってますが……。

というか、見たらわかるっつー話もありますが。。。。。
以下、表紙絵などを。。。。
続きを読む >>
| 丈・獅子丸 | 本と雑誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)